« 急遽 桑名へ | トップページ | 大叔母について病院へ »

2008年5月28日 (水)

バック・ギアからたち直り 『メンタル・タフネス』本の紹介

さすがに今日のハンドに対してはバックギア。

先ほど中学校へ行ったら無人。
????
二年生の一人に電話をしたら
学校の用でで急遽練習がなくなったという。
明日からは雨模様。
これで今週の練習は皆無に。
このことの重要性を学校の幹部の方々は
理解しているのかなぁ?
顧問の先生の苦しい想いを思うと
悲しくなってしまう。
運動系の部活動は
人格形成に欠かせないものなのに・・・・

来月の予定表はもらう機会を失ってしまった。
日曜日はお寺の行事もあって行けそうにもない。
しばらくハンドから遠ざかれということなのかと
ふと思ってしまった。
思いっきりバックギアが入った瞬間だった。

三年生が居れば、情報も入ってくるし
気を利かせてくれる生徒が何人も居る。
しかし三年は修学旅行中。
今の一二年生には
そこまで気を利かす生徒も居ない。
所詮、そこまでの感覚なのかと
ここもバックギア。

独り相撲をとってしまった自分にもバックギア。
ハハハハハと今はそんな自分を笑い飛ばしている。

ふと書棚に目をやった。
おお、とても良い一冊がある。
今の私にはぴったりの本。

『メンタル・タフネス 勝ち抜く精神力を手に入れる』ジム・レーヤー著
ワニ文庫

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584391777/prpmenade-22

ジミー・コナーズやナブラチロワ
セレス、クーリエ、松岡修造など
世界のテニス一流選手のメンタルトレーナーの本。

思い出した、
この本は非常に面白い。
ピンチこそ最大のチャンスであることを
思い知らせてくれる本。

こんなことくらいでバックギアでは
これからやっていけない。
ここで気持ちを切り替えなおす。

バックギアをニュートラルにし
ローに入れなおして
再び前進しよう。

|

« 急遽 桑名へ | トップページ | 大叔母について病院へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41352749

この記事へのトラックバック一覧です: バック・ギアからたち直り 『メンタル・タフネス』本の紹介:

« 急遽 桑名へ | トップページ | 大叔母について病院へ »