« 怪我を無駄にすまい | トップページ | 寝坊 »

2008年5月 9日 (金)

入院手続きで4時間???ほんとうに「これだけ必要なのか?

大叔母が肺炎を患う。
入院加療が必要ということで
今朝未明、朝の祈りを済ませた後に桑名市に飛んだ。

かかりつけの町医者から紹介状をいただき
その足で大きな病院へ行く。
入院させて欲しいという内容tらしい。

大病院の駐車場は一つしか空きがなく
運よく駐車が出来た。
ありがたい!

そして、受付へ。
受付の方はとても丁寧に対応してくださった。
なかなか良い。

内科へ移動。
かなり混雑している。
連休があけ、しかも明日は土曜ということもあり
今日はとても混雑していた。

そして検査検査検査。
なんだこれは・・・・。
医師も、データだけ見るだけで
患者の大叔母の様子を見ない。
患者はコンピュータなのかと勘違いしてしまうほどだ。

結局、到着してから三時間が過ぎてようやく病室を。
ところが昼食が出ないので
外食をせざるを得ないという。
なんなんだこれは・・・・・。

一時半、到着してから四時間が過ぎようやく病室へ。
ところが個室にトイレがない。
そこで看護婦に頼んで、トイレつきの個室へ。

そして部屋に着くなり
記名書類の山。

ふぅ・・・。

どうも患者をみつめているというより
自分たちの防御に走っている気がしてならない。
これは明らかにシステムの問題。
一人ひとりはよい印象を与えてくれているのに・・・。

入院するだけでこれだけの労力。
もし大叔母がここに一人出来たとなると
どんなことになっていただろうか?

医療現場の問題を痛切に感じる。

|

« 怪我を無駄にすまい | トップページ | 寝坊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41149078

この記事へのトラックバック一覧です: 入院手続きで4時間???ほんとうに「これだけ必要なのか?:

« 怪我を無駄にすまい | トップページ | 寝坊 »