« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

ハンドボーズ日誌20080531 作戦板を手作りする

雨で中学ハンドボール部の練習は中止。
三年生にとっては修学旅行明けの疲れをとるには
良い休暇になったと思う。

ただ一方では、一二年に関しては、残念な感じもする。
東海大会や全国大会に行こうとする気持ちがあるのなら
ミーティングをすることもできるし
筋力トレーニングだってできる。
市総体などのように雨天用のランニングコースだってある。
こうしたことをしようとしないのは
東海大会や全国大会に行くことよりも
怠けたい、楽して結果だけ取りたい
という安易な気持ちのほうが強いからだと思う。
ここが中学生たちのまだまだ未熟なところかもしれない。

もう一ヵ月半後には、夏の大会が始まる。
もっと気合が入ってよい時期に来ていると思うのだが。

で、この雨模様の中、私自身は何をしたのか?
各務原高校女子用の
タクティクスボードとホワイトボードとプリント入れを兼ね備えた
A4サイズのファイルを作った。
また私個人が、誰かとハンドボールの話をする際に使えるように
A4サイズのホワイトボードにコート反面を書いて
丸磁石に背番号も印した
ハンドボーズのタクティクスボード(作戦板)を作った。

どこのチームもそうだが、試合や練習を見ていると
メーカーの作った大きなタクティクスボードを使用している。
特にうちの中学男子のものはボロボロだし
高校の女子にいたっては、それさえない。
そこで、お金をできる限りかけずに
私が使いやすいようにしたタクティクスボードを手作りした。

かつて私たちが用いていたフォーメーションや
現在の書籍で記されているフォーメーションや
練習の動きをこれで私自身も勉強させてもらうつもりだ。

誰かに何かをしてもらうのではなく
自分から行動を起こしていく
そんな人間へと子供たちも成長していって欲しい。
私はただただその背中を見せるだけ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDの紹介『JAG 3』

DVDの紹介『JAG 3』
日本語版のタイトルは「犯罪捜査官ネイビー・ファイル3」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0015U3N4E/prpmenade-22

アメリカ海軍の法務官の話。
主人公は元F14トムキャットのエースパイロット(トップガン)。
目の病の問題で法務官となり
時には検事を、時には弁護士となり
海軍内部の犯罪を捜査して解決をしていく話。

このドラマは現実に存在するJAG(JUDGE ADVOCATE GENERAL)を
舞台にした物語。

個人的な話も、政治にまつわる話も
そして時には人情が厚い話もさまざまな物語がある。
バックグランドで流れる音楽にも
時には意味が込められており
アメリカ文化を学ぶ上で、とても役立つドラマだと思う。

軍隊に対するアメリカ人の視点も学べて面白い。

今回は第三シーズンのもの。
第一シーズンはまだCASTが固定されておらず
ぎこちないものも多かったが
第二シーズンからは実に練られた内容だ。

アメリカ人のドラマの作り方の凄さを実感する。
日本ではこれほどのものはなかなか見ることができない。

ちなみにアメリカ海軍や海兵隊の全面協力により
出来上がったドラマで
当時のクリントン大統領まで登場するほど。

私が大好きな作品のひとつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

本の紹介『裏千家 お茶の道しるべ』

最近、「おもてなし」ということばをよく聴く。
日本のおもてなしの精髄は
お茶の世界に現れている。

毎月21日 月例弘法大師の法要の後に
お寺で月例お茶会を開いている。

裏千家の大平宗夢教授門下で行われている。

私は門外漢だが、少しずつお手前を教えていただいた。
そこで簡単な教本として手に入れたのが

『裏千家 お茶の道しるべ』
十五世家元 千宗室 著   主婦の友社

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4079314604/prpmenade-22

この本は奥は書かれていない表面的なものだが
非常に簡単に分かりやすく丁寧に書かれていて
一通り習った方には復習として役に立つ。

逆に言えばいちども習ったことがない人には
若干とっつきにくいのも事実だが・・・。

ちなみに
門外漢であるにもかかわらず
私はお茶に関しては、今まとまった書物を書きかけている。
密教もまたおもてなしの教え。
何年かかるか分からないが
密教の視点でお茶を改めて哲学付けてみたいと思っている。
まぁお寺にお茶室があるから、それも縁かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドボーズ日誌20080530 走れ走れ走れ

今日の中学ハンド部の練習。
いつもより二周多く走らせた。
明日は雨模様のため、
その分を体に負荷をかけておきたかったからだ。

三年生が居ない間に、レヴェルを少しでも上げて欲しい。

その思いから、まずは走りに重点を置いた。
まったくコンビネーションをここのところ練習をしていないので
今日は速攻とコンビを組み合わせた練習を入れる。
ポストありの4:4の練習。ただしパス回しは二回程度にし
そこからシュートを行い、入っても入らなくても速攻。
男子のエースは一人になったので
私と教生の女性の先生の三人で行った。

男女ともに二年のエースには厳しく見つめていこうと思っている。
この二人が成長して皆を引っ張っていって欲しいものだ。
それと嬉しかったのは、昨日男子の一人に
ポストプレーをしてみてはどうだと声を掛けたのだが
今日はそれを実践していた。
こうしてすぐに実践できるものは
ハンドボールに限らず人生の中で大きく成長していくだろう。

今日のテーマは走れ走れ走れ!

さてこれをクリアしたものは何人居ただろうか?

今日の夜、三年生が帰ってくる。
いよいよ夏に向けての本番が始まろうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

ハンドボーズ日誌20080529 雨から逃れた

今日も桑名へ。

夕方に帰宅し、すぐにハンドボールの練習に。
ようやく雨から救われての一二年の練習。
コートは男女ともに半面しか使えない。
速攻は無理だ。
そこで主に足を使うことを中心に練習をさせた。
女子に関しては個人能力アップを目指し
ジャンプの仕方を注意し
チームプレーは行わなかった。

男子でディフェンスのステップの練習をさせたが
これがなかなか良かった。
昔々私たちが練習で用いたもの。
バックプレーヤー三人にも良い練習になるし
もちろん0:6のディフェンス陣にもよい。
古典的な練習なのだが有効のようだ。
次はポストを入れた形にして
また何かの機会で用いてみたい。

三年が居ない間に
少しでも三年との実力差をつめておきたい。
残り数日、基本に忠実に
一人ひとりに声を掛けて
個人能力のアップをいっそう試みてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月28日 (水)

中学ハンド部男子二年のある生徒に感謝

中学ハンド部男子二年が気を利かせて予定表をFAXしてくれた。
これには驚いた。
彼は先週の土曜日の試合でディフェンスとして活躍した。
それを上級生たちも高く評価していた。

彼の活躍こそが男子チームのレヴェルを引きあげる。
自分に打ち克ちより高みを目指し
下級生たちの見本となって欲しい。
こころより応援をしている。

FAXに深く感謝している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部活は誰のもの

部活動は誰のものなのか?
最近、このことを強く疑念に思い始めている。

部活動は子供たちが心身を鍛える場。
まさに子供たちの世界。

それを大人が自分たちの都合で振り回してよいのだろうか?

モンスターペアレントと呼ばれる一部の親が怖くて
学校側も部活動縮小に動いている。
そのために職員会議を突然開いて
部活動そのものを休止するといった行動もある。
これは暴挙ではないのだろうか?

誰による暴挙なのか?

先生?親?

私は私自身を含めた地域住民全員と
そして親と先生の
いわゆる大人全員の責任であると感じる。

モンスターペアレントを放置する地域住民。
それを過大に扱うマスコミと学校や教育委員会。
先生が学校の上司に逆らうことができないシステム。
顧問は板ばさみで、意見を挟めないシステム。
どれも大人が決めたことであり
子供たちには何の罪もない。

部活は子供たちのもの。

そのことを忘れてはならない気がする。

もっともっと、学校と地域のつながりを広げていかなくては
と強く感じた今日の急な部活休止であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大叔母について病院へ

大叔母が突然左腕が利かなくなったという。
急遽、桑名へ飛ぶ。
そして弥富の海南病院へ。

結果は脳梗塞手前で
血流が一時的に流れなくなったとのっこと。
ただこれを繰り返すと本物の脳梗塞になってしまうので
注意が必要ということであった。

ホッとするも、安易ではいられない。

いろいろ考えさせられた半日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バック・ギアからたち直り 『メンタル・タフネス』本の紹介

さすがに今日のハンドに対してはバックギア。

先ほど中学校へ行ったら無人。
????
二年生の一人に電話をしたら
学校の用でで急遽練習がなくなったという。
明日からは雨模様。
これで今週の練習は皆無に。
このことの重要性を学校の幹部の方々は
理解しているのかなぁ?
顧問の先生の苦しい想いを思うと
悲しくなってしまう。
運動系の部活動は
人格形成に欠かせないものなのに・・・・

来月の予定表はもらう機会を失ってしまった。
日曜日はお寺の行事もあって行けそうにもない。
しばらくハンドから遠ざかれということなのかと
ふと思ってしまった。
思いっきりバックギアが入った瞬間だった。

三年生が居れば、情報も入ってくるし
気を利かせてくれる生徒が何人も居る。
しかし三年は修学旅行中。
今の一二年生には
そこまで気を利かす生徒も居ない。
所詮、そこまでの感覚なのかと
ここもバックギア。

独り相撲をとってしまった自分にもバックギア。
ハハハハハと今はそんな自分を笑い飛ばしている。

ふと書棚に目をやった。
おお、とても良い一冊がある。
今の私にはぴったりの本。

『メンタル・タフネス 勝ち抜く精神力を手に入れる』ジム・レーヤー著
ワニ文庫

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584391777/prpmenade-22

ジミー・コナーズやナブラチロワ
セレス、クーリエ、松岡修造など
世界のテニス一流選手のメンタルトレーナーの本。

思い出した、
この本は非常に面白い。
ピンチこそ最大のチャンスであることを
思い知らせてくれる本。

こんなことくらいでバックギアでは
これからやっていけない。
ここで気持ちを切り替えなおす。

バックギアをニュートラルにし
ローに入れなおして
再び前進しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急遽 桑名へ

大叔母が桑名に居る。
私の第二の母とも言うべき存在。
彼女が緊急に病院に行かねばならないとのこと。
私が連れて行くしかない。

今日は月例不動護摩の日だが、
信者さんには申し訳ないが、
大叔母の元に行こうと思う。

大叔母には私しか居ないし
今行かねば成らない。
不動護摩には別の日が設けられる。
大いに悩んだが
決断を下した。

中途半端な気持ちで護摩を焚くと
結局は中途半端な護摩の結果になる。
それくらいなら日付を変更して
気持ちを思い切り傾けて祈りたい。

今日の代わりを六月一日に設定した。
この日は旧暦の四月の二十八日でもあり
もっとも不動護摩の適した日。
大いなる命の意図を感じる。

今から桑名へ出かける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

ハンドボーズ日誌20080524 怪我を乗り越えて

土曜日に行われた各務原市の中学ハンドボール大会。
少し報告が遅れたので詳細は記さないが
大会全体を通じて感じたことを徒然なるままに記す。

午後からの大雨のため、途中で中止になったが
夏の中体連のシード校はこれで決まったようだ。

結果を言えば
男子の上位にチームは
中央中学と桜丘中学
女子の上位チームは
蘇原中学と桜丘中学。

わが桜丘中学は男女ともに残った。
これだけ怪我人が出ているにもかかわらず
ともに良い試合をしたと思う。

男子は、センターは元より腰を痛めており
試合途中で空中から叩きつけられるアクシデント。
左手首まで故障し、緊急状態。
代わりに二年生がディフェンスのみで出場。
これが非常に良かった。
彼の成長は今後のチームの成長の鍵。
次の公式戦では、少なくともディフェンスでの出場が見込まれる。
いつのまにかキーパーを中心に
ディフェンスが硬いチームになってきた。
男子は各中学の差が少なくなってきている。
最後の最後まで気を抜かなければ
夏は良い結果を期待できる。
今回も予想以上に良い試合をしたと思う。

女子に関しては練習中にアクシデント。
期待をしていた二年生が怪我。
結局、トラブル用に練習をしていたポジションでの試合。
公式戦初のパーフェクト試合。
結果オーライ。
ただ夏はこのポジショニングでは
地区大会が限界のように思う。
やはり新たなポジショニングを完成させなければなるまい。
そのためのキーパーソンはやはり二年生。
まずは精神面の強化が必要。
何度も何度も怪我のためにベストメンバーがそろわない状態が
今年に入って続いている。
しかしよく見つめてみると
このチームは緊急アクシデントに対しても
強くなっているのかもしれない。

男女ともに怪我をし
チーム全体が瀕死の状態であるにもかかわらず
それを乗り越える力強さが増している。
どこまで進んでいくのか
これからも楽しみにしている。

そしてハンドボールを通じて
人格を磨き、人間性を深め
人生を謳歌していけるようになっていくと信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の紹介『ホワイトハウスの超仕事術―デキるアシスタントになる! 』

ある本を求め書棚を探していた。
すると目に入ったのがこの本。

『ホワイトハウスの超仕事術―デキるアシスタントになる! 』
ヘザ・ーベッケル著 バベル・プレス

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894490404/prpmenade-22

テレビドラマ The West Wing(邦題『ザ・ホワイトハウス』)が
大好きな私は、それに関連する本を数冊手に入れていた。
その中の一冊。
秘書とアシスタントを明確に区別している点も面白い。
現役の上司にも、部下にも
これから仕事を始めようとしたり
部下を持つことになる人にも
仕事とはどんな工夫は必要なのかを
改めて考えさせてくれる良著。

章題は以下のとおり

序文    「君のコーヒーは最高だね!」
第一章  さあ出動!始めよければすべてよし
第二章  電話は仕事の基本中のキホン
第三章  部屋のクローゼットはきちんとしている?整理術の極意
第四章  書類整理の達人となる
第五章  手紙・荷物・Eメール
第六章  「ボス失格」に当たっても コミュニケーションは不可欠
第七章  「できません」では済みません スケジュール管理術
第八章  ボスを情報通にしておくには
第九章  念には念を入れて 贈り物選び
第十章  「それは私用でしょ」は禁句
第十一章 マネージャーを目指す
第十二章 思慮深くそして控えめに、壁の花に徹する
第十三章 キャリアアップを目指して
第十四章 キャリアに関する究極の真実
グローバルスタンダードとしてのアシスタントタイトル CPS/CAP

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月26日 (月)

IEEE1394は便利

パソコン用のDVDが故障をし
長い間、DVD録画ができないままにしてあった。
そこで何とかならないかと思い
DVDを手に入れた。

BUFFAROのDVSM-XL20IU2

メーカーの公式ホームページは
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/dvsm-xl20iu2/

なぜこの機種を選んだのかというと
USB2.0も使えるし
IEEE1394の接続も使えるから。
特にIEEE1394は特別な接続方法が不要で非常に便利。

しかもDVDの書き込み速度もかなり速く
対能力のコストパフォーマンスも高いと判断したから。

アマゾンで購入すると13,600円のメーカー小売希望価格が10,752円
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000YDS1BI/prpmenade-22

実際に使用してみると実に便利だった。

IEEE1394はMACには標準搭載で
最近のwindowsには標準搭載されていないが
このIEEE1394に接続するカードなどは
是非手に入れて欲しい一品だ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008B44O/prpmenade-22
上記ではBUFFAROのノートパソコン用のIEEE1394インターフェイスカードが
販売されている。

というのも初期導入がUSBより簡単でPCのCPUへの負担が少なく済む。
最近WINDOWSが重くなって来たというかた
是非お試しいただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の紹介『ビジネス脳を磨く』

世の中HOW TO本が氾濫している。
どうやったら儲かるか
どうやったら幸せになるか
それらを過去の事例を基にしての
HOW TOを世間に知らしめ
それによって儲けようという意図が
非常に強い本を散見する。

一方で、HOW TOではなく
物事の核になる部分を綴った本も少なくない。
私がこのブログで紹介している本は
ほとんどが、HOW TOではなく
その核を扱った本である。

今回紹介するのは
ビジネスの核を扱った書籍だ。

『ビジネス脳を磨く』小阪裕司 著
日本経済出版社 日経プレミアシリーズ

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453226006X/prpmenade-22

彼のメルマガも好きで継続して読み続けている。
視点が面白い。
今回の本も、POPを手書きするという類の
脳を磨くということにこだわったものだ。

本を読み続けているうちに
これはビジネス書にとどまらず
ありとある揺るところに適用される内容であると感じた。
そのためにここで紹介することにした。

第一章 ナスの細胞には確かに水はあるけれど
     「フレーム」を知る

第二章 こぶとりじいさんのこぶはもらなわい
     プロセスに目を向ける

第三章 価格ではない。付加価値でもない。
     感性情報をデザインする

第四章 花見はなぜ飽きないのか
     人の感性は進化する

第五章 誰の目の前にもリンゴは落ちている
     現象・データから何を読み取るか

第六章 パリにも、江戸にも、きっとあった
     自分を伸ばしてくれる場

章題だけでもいろいろ感じさせられる部分がある。
ビジネスで行き詰っている人
仕事で手詰まりになっている人
そうした人の発想の根幹を問うた良書。
お勧めの一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月25日 (日)

本の紹介『原文対照 古典のことば』岩波文庫編集部編

今日のお勧めの一冊は

岩波文庫
原文対照 古典のことば

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003500105/prpmenade-22

ギリシア語、漢文、フランス語、英語、ドイツ語など
さまざまな名文が原語で載っている貴重な本。
今日、高校生男子生徒二人にこの本をプレゼントした。

この本を頼りに、原典に当たってもらえればまた嬉しいことだ。
人生を豊かにする人文教育。
その道具の一冊になりうる本だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月24日 (土)

本の紹介『私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる 』

ここのところ本の紹介を書いていないので
しばらくの間、連続して本の紹介をしようと思う。

今日のお勧めの一冊は

『私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる 』
ちくま新書 (723)  齋藤孝 梅田望夫 著

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480064257/prpmenade-22

第一章 志向性の共同体
第二章 「あこがれ」と「習熟」
第三章 「ノー」と言われたくない日本人
第四章 幸福の条件

私自身、現在私塾を開いている。
また高野山では師匠が主催する私塾で今も学んでいる。
私淑えきる人が居るだけで全く世界が変わってくる。

最近は、そうした私淑できる人のことをメンターと呼ぶようだが
この本では、あえてその言葉を外し
「私淑する人」という言葉を用いている。

今の時代、書生は居なくなってしまった。
私は運がよく高野山で書生のようなことをさせていただいた。
そのときの学びが今も生きている。

この本の書評は後日記したい。
なかなか面白い内容であったからだ。
今も再読している。

時代をしっかりと歩みたい人には
是非この本を読み
自分のスケールをしっかりと作っていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

高校の女子ハンドボール部に見に行く

各務原ハンドボール部女子の見学に行く。
要請があったためだ。

見に行ってびっくりした。
彼女たちの先輩が
ここまで堕落していたのかと知り悲しくなってきた。
口を出すつもりではなかったが
我慢できなくなり
途中で全員を集め話をする。

彼女たちの身体的能力は
決して低くはない。
これならば一回戦負けはありえない。
チーム力をあげていかねばならないことも知る。

彼女たちのために何とかしてあげたい
そう強く感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大叔母の退院

桑名に住む大叔母が退院する。
二つの紙袋で入院したのが
二週間で大荷物になっていた。

この大叔母。
私の第二の母という存在。
この大叔母には本当に世話になったし
今もなっている。
またわが一族の精神的な支柱の一人。

大正15年生まれで、
独身で
会社の役員を勤める。
なかなかの人物。

その大叔母が無事に急性肺炎を完治し
自宅に戻った。

心からホッとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

高校数学を学び始める

寺子屋の生徒が高校生になっても通うことになった。
私自身高校の勉強は、ずっと行っていない。
そこで、自分自身が高校生になった気分で
数学を勉強することにした。
手に入れたのは青チャートの数1Aと数2B。
まずは数2B、一日一ページを最低にと
ノートに問題を解き始めた。
やはり忘れていることがいくつもある。
特に細かいところがよく忘れている。
しかし一度経験してきたこともあり
現役のころよりは案外手馴れたものだ。
赤チャートまでは進めないかもしれないが
せめて青チャートを完全にマスターしておきたい
今はそう思っている。

これがなんの役に立つのか?
と問われれば「何も役立たない」と答えるだろう。
しかし、眠っている頭を動かすには大いに役立つように思う。
最近、頭の回転が鈍くなってきたことを実感することがある。
それを回復するためにも、青チャートは役に立っている。
特に数Bのベクトルに関しては
ハンドボールにも応用ができるので
なかなか楽しいものがある。

数ヶ月でギブアップするかもしれないが
とにかくやれるところまでやってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

ハンドボーズ日誌20080521 二年と顧問が居ず、レギュラーも三人居ない中

午前中は月例弘法大師。

午後四時半 中学校へ行く
顧問のお二人と二年生は宿泊研修で
今日から金曜までいない。
土曜日は大会というのに・・・。

三年生と一年生だけの練習。

男子はいつものようにメニューをこなしていた。
練習最初にグランド五周。
ただ気になるのが遠投が少ないこと。
今日、スポーツテストがあったそうだが
飛距離が伸びていない生徒は
やはり遠投不足のような気がする。

女子もグランド五周。
ただし参加者が少ない。
左45度とポストが修学旅行関係で今日の練習は不参加。
キーパーは体調を崩して早退という。
たった四人でどんな練習ができるのか・・・
不安の元、練習開始。
柔軟体操。たてパス練習。
あこのパス練習は足を良く使っていて
なかなか良かったように思う。
一年生のお手本になっていた。
そしてシュート練習。
キーパーは私。
そして、速攻をやって7mで終了。
ただ人が少なかった分だけ
シュート数は多かったように思う。
もひとつ工夫が必要だったことも否めない。
ここは私の反省点。
明日は四対四を練習してみたいと思っている。

明日は、どうなるだろうか?

終了後、K高校へ見学に行くも
既に終了していた。
中学校と々時間帯の練習だという。
さてここも時間の工夫が必要になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

大きく躍動し始めた若い友人たち

若い友人たちが
いろいろな決断をし始めた。
あまりのこの動きに私はビックリしている。

まず最初に、K君が某大学の事務に就職。
途中採用なので、これは彼にとっては大決断であった。

次に私がハンドボールに熱を上げ始めた。

そしてEさんとY君が結婚を決意。

Eさんは結婚を機に仕事さえやめ、自分の道を歩み始めた。

N君も政治家への道を歩み始めた。
いまの仕事のきりがつけられないようだが
その仕事を以下に短期間にきりがつけられるかも
彼の腕の見せ所。
すっぱりと切り落とすのではなく
自らきっちりしたけじめをいち早くして欲しい。
しかしかれは良い政治家になると思う。

Nさんも今までの生活からはなれ
まず第一に自分の芸を磨く生き方に道を変更。
これも楽しみだ。

そしてついにTさんも海外へ目を向け始めた。
一瞬驚いたが
いかにも彼女らしい選択かもしれない。

全く異なる分野への挑戦。
皆が一斉に動き始めた。
嬉しい限りだ。

そういえば別の分野でも
動きが活発になってきている。
生きているということは変化しているということ。
変化しているということは
生きていることに他ならない。

この躍動感、それぞれがお互いの道で表現し
緩やかなネットワークをつないでいたいものだ。

ここにもまた、友人たちの和で作る命を見出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の第一救出チームの撤退が決定 四川省大地震

四川省大地震。
日本の救援チームの撤退が決まった。
あまりにも中国側の対応が遅く
そのために一人も助けられなかったという。
レスキュー隊の皆には頭が下がる。
私たち日本人の代表としてよく働いてくれたようだし
困難きわまる地域で自分を危険に晒しながらも
日本人として、また民族を超え独りの人間として
そこには大悲の思いを強く感じる。

ところが中国政府は、
日本のチームが得意とする都市部での
活動をさせなかった。
日本は不慣れな田舎の地域での救出作業。
しかし遺体を運び出すことが限界で
独りも助けられなかった。

結果だが、中国は日本に手柄を与えようとしないという
政治的な意向が働いたように思える。
命令系統の混乱もあるかもしれないが
国家主席が視察に入り救出作業が二時間も中断するという
異常な状況での現場。
そこには人の命よりも権威や権利が横行する社会。
本当に悲しくなってしまった。

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20080520ddm041030064000c.html

さすがにこの作業を放ったままでの聖火リレーは中止したようだが
それでも三日後には再開するという。
いったい中国首脳は何を考えているのか?
そこにあるのは大きな欲の塊以外何も見えてこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ハンドボーズ日誌20080519 自分たちで練習を良くこコントロールしていた

午前中はゆっくり寝ようと思っていたが
心臓が波打ち安眠できず。
仕方なく、手元にあった本を二冊読み終える。
本については後日に記す予定。

午後からは高校数学の勉強。
高校に進学した寺子屋の生徒を教えるため
数1と数2Bを青チャートで勉強し始めた。
忘れている内容が多すぎる。
さてどこまで続けることができるか
ここも試されていると思っている。

夕方からはハンド部の練習。
顧問の先生と話がしたくて早めに出かける。
そこでしばし話をさせていただいた。

先生は実に大変だ。
土曜に大会の審判長をしなくてはならず
実質的な大会の仕切り役。
にもかかわらず学校行事で
この水曜日から三日間宿泊研修。
そして今日も明日も会議。
休みなしで続けざまに大役ばかり。
肉体的なことより精神的に大変だ。

今夜の練習は、皆熱が篭って行った。

一人ひとりがシュートを結構大切にしていた。
それは男子も女子も。
注意深く一人ひとりをチェックする。

女子のポストの左上のシュートがきれいに決まった瞬間
思わず唸ってしまった。
今日の彼女は積極的に相手方のOF役も買い
良い感じだ。
女子の6:6では新たにレギュラーになるであろう二年生たちに
三年生がこぞってアドヴァイス。
実はこの現象すごい変化が起きている証拠。
同じ学年だと教えあうことを躊躇うことが少なくない。
ところがひとつ学年が下だと
遠慮することなく動きを教えていく。
この教えるという行為が
実は一番自分が身につけて行っている瞬間であることを
選手たちは気付いているだろうか?
下級生が入ったことで、責任感を持って教えるという
自発的な行動が生まれた。
これは強烈に強くなる前兆であると予感。
女子部は友人の怪我を無駄に終わらせないために
自分たちを思い切り奮い立たせているようだ。
練習も最初は少しだらだらモードであったが
途中から急激に良い雰囲気へと変化していった。
このチーム、もっともっと強くなる。
いろいろに変幻自在になっていくことも確認。

男子もまた、工夫に工夫を凝らし
いろいろなポジショニングを試していた。
声が出ている。
ここもまた大きく成長している。
男子は一言二言で自分で工夫するようになった。
また普段から接する機会も多いので
練習中は基本的には時折注意するのみ。
それでも大きく大きく成長している。
本音で言えば、もう半年早くして欲しかったが
それが彼らなのだから
今はそれを受け入れ
彼らが成長していることを嬉しく思う。
この半年でずいぶんと大人になった。

体調不良で、申し訳ない部分もあったが
その思いよりも
彼ら彼女が毎日毎日大きく
成長して行ってくれていることを
誇りに思うし
嬉しく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

ハンドボーズ日誌20080518 自主練習

女子ハンド部の自主練習。
朝8:00から コーチ指導の下に。

私はカミさんを駅に送っていく。
熱も平熱に戻ったので
見学だけするために中学校へ。
ちょうどグランド10周を終えたところだった。

良い練習をしていた。
とにかく最初の1時間半は走ることとフットワークばかり。
しかし、充実した練習をしていた。

途中、男子も自主練ということで
6人が練習に来ていた。
私は体調もあったので
男子のほうには顔を出さず
女子のベンチで座っていた。

パス練習の後も
再びボールは使うものの
足を使ったフットワーク基本のメニュー。
これは足腰が強くなるはずだ。
男子でも取り入れて欲しいメニューばかり。

女子の練習今日目立ったのは
まずキーパー。
コーチの特訓が昨日に続いて行われた。
パスだしもかなりの指導を受けており
今日は良いパスだしもしていた。
このチームが守備で安定しているのも
このキーパーのおかげ。

左サイドは怪我をしていることもあり
いつもよりスピードはなかった。
ただ時折見せるシュートは
おそらく県下一であろう。

左45度。
シュート練習の最後に
一本、ものすごいシュートを見せてくれた。
あれは誰にも止められないだろう。
ますますパワーアップしている。
細かい作業よりもズドーンが似合う。
大きく育ってくれている。
それと二年生にいろいろアドヴァイスをして
チェックをしっかりしていた。
これは嬉しいシーンだった。

センター。チームの要。扇の要。
よく選手全体をまとめていると思う。
努力家でもある。
欲を言えば、もっと自分で撃っても良いと思っていた。
ところが二年生が加入したことで
自分でも撃つ様になって来た。
これは二年が入ったことで良い効果が出た。

右45度。先輩たちの怪我でチャンスが巡ってきた。
ディフェンスではその大きさが役立っている。
コーチいわく、ディフェンスは練習すればするほど上手くなる。
オフェンスでは遠慮しがちなことと
ポジションにこだわりすぎている気がする。
左45が右にやってきたら自分は左に行くくらいの
積極性を身につけて欲しい。

右サイド。むらっけはあるが
今日は良いシュートを数本見られた。
あのシュートが出れば
両サイドに広がり、得点力が格段にアップする。
もっともっと走りこんで体力をつけて欲しい。

ポスト。今日はよく走っていた。
サイドよりも早く速攻に出ていた。
シュートもいつもよりは
ボールが散らばっていたように思う。
ほんの三ヶ月前には
ポストに自信がなかったにもかかわらず
今ではすっかりポストの顔になった。
そして今日良かったのはディフェンス時の
前への詰め方。
急にディフェンスも進化したようだ。

控え左サイド。
もっともっと欲を出してプレーをして欲しい。
彼女が大きく育てば
このチームの層は厚くなる。
この層が厚くなれば、
選手チェンジを行うことが出来て
一人ひとりの負担が減る。
良いシュートも今日は見せていたので
貪欲になって欲しい。

控えセンター。
シュート力が最大の課題か。
パス回しももっと積極的で良いと思う。
センスは光っている。
磨けば磨くだけ光ってくる。

ここにきて、選手たちは怪我をした選手のためにも
一人ひとりが大きく成長をし始めた。
チームとしても大きく変化しつつある。
今までと全く異なるチームへと変わってきた。
あの新人戦準決勝で、優勝したチームに
延長戦の末、負けたときとは
まったく異なる大型チームになった。
県内優勝ではなく
東海優勝、全国で暴れまわるチームへと
変貌してきてくれたのではないかと思う。

精神的な面でも
今日のような練習が心の支えとなる。
いつか以下を伝えたい。

インカレで日本一を制したキャプテンに教えられ
全国へ中学生を率いている顧問を擁している
そのことさえ忘れなければ
怖いチームなどない。
敵は外にあるのではなく
心の中にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

発熱

帰宅してから後
妙に身体が熱かった。
ハンドの試合に興奮したのか
それとも・・・。

下痢はあいも変わらず続く。

カミさんが、私の頭に手を当てた。
異常な熱さだという。

えっ???

自分の手で触ると
ぜんぜん熱くない。

???

実は私の手が熱かったので
額の熱さも気にならなかっただけだった。

体温計で図ると38.5度

おおおお結構高熱。

ハンドの試合に興奮して
熱かったのではなかった。

そういえば、この二・三日
異様に身体の筋肉が痛かった。
ハンドの練習で普段動かさない筋肉を使ったために
筋肉痛かと思っていたのだが
実際は、発熱による筋肉の痛みであった。

ハハハハハ。

今日はおとなしく床に着こうと思っていたが
目が冴えてしまっている。
さて、明日はどうなっていることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドボーズ日誌20080517 変身

朝から安八総合体育館で中学ハンドの練習。

今日は女子のコーチと顧問の先生がよく話し合いをされていた。
二人がそろえば怖いものなしのチームとなる。

その結果か、女子チームの
ディフェンスシステムもオフェンスシステムも
変更がなされ
さまざまな形で対応できるように練習をしていた。
これでこのチームは全く違う形となる。
怪我をして出場できない選手のためにも
選手たちの熱き思いを練習にもぶつけて欲しい。
これはまた大きく伸びる要素を見出した。

何よりも良かったのは
上級生が下級生に指示を出していたこと。
ここでまたいっそう高い境地になっていくだろう。
強いものが出場する
この当たり前のことが今までなされていなかったことが不思議だ。
これでチームの和が整ってこれば安心だ。

男子もいろいろ試していた。
今まででは絶対に考えられないポジションをためしたり
変幻自在へと生まれ変わりつつある。
一人ひとりを見つめても
日々成長しているのが分かる。

明日は女子のみの練習。

練習後、高校のインターハイの予選を見に行く。
これは面白かった。
意外な展開を見せてくれて
楽しませていただいた。

ただし、私がおなかを壊してしまい
今も少し痛みがある。
今夜は早く寝よう・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

準備不足

朝から桑名へ。
大叔母のお見舞い。
ところがところが、あちこち大渋滞。
高速道路の工事のために
一般道路までトラックが流れ込んできて
大変な目にあった。
今日はいつもより遅く出たせいでもある。
これは準備不足のせいかもしれない。

桑名で叔母の用事を済ませ
楽しく懇談。

その後、帰宅し中学ハンドの練習に顔を出す。
顧問の先生と話し合い
明日の練習をどうするかをたずねる。

男子のキーパーが居なかったので
私が代わりをする。

ここでも、しかし!
ストレッチ不足と運動不足で
下のコースが全く取れない。
特に右利きの引っ掛けのボールに
対応できない自分が居た。

キャプテンのキーパーが生徒会から帰ってきて
無事にキーパーから解放。

やはり歳には勝てないのか・・・
というより完全な準備不足。

少々、足の付け根を痛めたようだ。

準備をしてないとこんな目にあう。

どんなことでも準備をしっかりしなくては
そんなメッセージを今日は受け取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

ハンドボーズ日誌20080515

今日の中学ハンドボールの練習。
なかなか女子チームの人が集まらない。
聞けば生徒会ということ。
主力メンバーが根こそぎ居なかった。
顧問の先生も、出張。
女子部の顧問の先生は顔を出してくださったが・・・。
これでは来週の市大会の対策は全く出来ない状況。

練習メニューは、走ることを中心に女子部は設定した。
男子はキーパーが居なかったので
私がその代わりをしつつ
男女ともにいくつか指示を出させていただいた。

ただ私としてはあまり気持ちの良い練習ではない。
気が散漫になる。
特に女子部は一年生を混ぜた形でしか練習を出来なかったし
全く細かい指示を出せなかったことに
悔しい思いをした。

こうした状況が分かっているのならば
前もって練習メニューを設定しておいて
練習をしたかった。

これで本当に全国を目指すチームなのか?

終了後、男子にはもっと己に厳しい練習をするように
全国に向けての練習をするように指示。

女子部にも同様のことを伝え
特に二年生女子には、
今後は厳しく声を掛けることを宣言させていただいた。
今度の市大会で
自分たちが出ても大勝できるくらいの心構えで居るようにと。

こんなことにめげたくはない。
この状況を糧に、一つでも二つでも
前進できるように
顧問の先生と話し合って
工夫を凝らしていきたい。

学校行事のために
明日もあまり練習が出来そうもないようだ。

土曜日に顧問の先生といくつか話し合いたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四川省大地震で、中国政府がようやく日本の人的援助を受け入れる

中国四川省の大地震が発生して丸三日を過ぎた。
ここに来てようやく中国政府は
日本の救助隊を受け入れることを表明。
死者は五万人を超えるという。

日本は阪神大震災を経験しており
また地震国家でもあるために
他の国に比べて地震対策の技術は進んでいるという。
発生直後に受け入れておれば
もっと多くの命が助かったに違いない。
既に二次災害名でも出ており
人的な災害も少なくないようだ。

中国政府はもっと謙虚にこの事態を受け止め
各国政府に援助を求めればよいと思う。
国家プロジェクトも中止して
この救出作戦に力を注いでこそ
各国から恩恵を受けることが出来るのではないだろうか?

しかしあの中国を治めるものたちは
権謀術策をもちいて今の地位にあるものが多いはず。
その者たちに今の自分の立場を超えて
人々を救おうという意欲はあまりないようにも思う。

この地震は中国だけの出来事ではない。
私たち日本人も、この出来事を鏡として見つめる必要がある。
中国政府と同じようなことをしていないだろうか?
自分自身が中国政府要人と同じではないだろうか?
その中国政府におもねる日本の政治家たちは
自分たちの代表であることを忘れてはいないだろうか?

この大地震はあまりにも多くのことを語っているように思えてならない。

中国はこれでも北京オリンピックを開催するのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

信者さんのお通夜にて

先日、町内のお通夜に立ち会った。
故人はうちのお寺の信者でもあった。

導師入場。
そこで、着物姿があまり似合わない
髪を伸ばした方が入堂。

読経が始まる。
そのか細い声に
逆にショックを覚える。

終了し法話。
額面どおりの文章だけで
故人のことを一言も述べない。
故人との交流は皆無に等しかったのか???

導師は浄土真宗大谷派で
市内では大きなお寺の住職。
本当は住職をしたかったわけではないのだろう。
もっと法話を勉強して欲しいし
お経の読み方ももっと学んで欲しい。
そのありかたに悲しみを覚えた。

お通夜が終わり、帰宅し
個人的に本堂で故人に対し祈りを捧げた。

その直後に感じたことは
故人に教えていただいたこと。

お子様を数人続けて亡くされ、
町内の方々に苛めにあったこと。

雷のなった年や、雪が多く降った年の
お米や野菜はおいしいということ。

ご長男お気質に対する危惧と思いやり。

笑顔を絶やされなかったその姿。

今も焼きついている。

今、改めて故人に合掌したい。

ご冥福をお祈りする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドボーズ日誌20080514 相手の立場になって考える

昨日の夜から
怪我で欠員を抱えた中学ハンド部の
ポジションパターンをいくつも考えていた。
というよりも顧問の先生と一緒に考えてみたいという思いで
いろいろ試してみた。
パワーポイントを使用。
どうもしっくりこない。

ふと気づいた。
私はキーパーだった。
そのために、
いつもフィールドプレーヤーと逆の視点を持っていた。
そこに気づいた。
それで、敵となるチームの視点で
ポジショニングを考え直した。
どんなチームを嫌がるのか?
どんなチームが怖いのか?

パワーポイントの図を
相手方の視点に切り替えて作成してみると
やはりいろいろなものが見え始めた。

仲良しチームにするという妥協案は
相手にとって付け入るチャンスを与えるだけのもの。
やはり思い切った方法が必要。
しかもこのチームの最大の売りとは何なのか?
そこを考えると答えは明瞭だった。

明日、この図を持って練習に行こうと思う。
そこで先生と改めて話し合ってみたい。

戦いの場合、
戦う相手が嫌がるポジショニング
これこそがもっとも肝要。

今回のことで改めて感じる。
さまざまなものを提供するときに
提供する側の都合ばかりで提供すると
そこは満足できない。
提供される立場になること
ここが重要なポイント。

提供される側は
与えられるだけでは一時期の満足しかえられない。
誰かに与えてこそ
大いなる満足を得られる。
そこももっと考えてみたい。
ハンドボールのおかげで
よき気付きを与えてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人よりも物・お金 中国四川省の大地震

中国四川省の地震。
これはいったい何を意味するものだろうか?

中国政府は、世界各国の政府に対して

人的な援助は不要
義援金と救援物資のみ受け付ける

という声明を発表したようだ。

人よりもお金。
そんな気がしてならない。

チベット問題が起き
そのチベット族が少なくない四川省での地震。
オリンピックでわけの分からない
聖火リレーを行った中国政府。
その聖火リレーが世界で終了した直後のこの時期に
史上最大の大地震に見舞われるとは・・・。

中国政府の要人たちは
真剣にこのことを受け止めないと
よりいっそう困難な道を歩むことになる気がする。

亡くなった方々、これから亡くなってしまう方々の
ご冥福を心よりお祈りしたい。
そして、これによって被害を受けた方々の心が
一日も早く癒されますことを深く祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

ハンドボーズ日誌20080513 今こそ改革のとき

中学の選手のある保護者の方と連絡を取り合い
ふと気づかされたことがあった。

ここぞというときは、思い切ったことをせねばならない。

私もいつの間にか、目先のことにとらわれて
大きな目標を見失いかけていた。

女子チームは全国にいける実力がある。
ここでけが人が続出。
チームのピンチが訪れている。
しかし、考えようによってはこのピンチは最大のチャンスとなる。
今の状況だからこそ、大鉈を振るうことが出来る。
まさに大改革のチャンス。

そう、今のエースがエースポジションになったときと同じだ。

ただの仲良しチームで終わらせるのか?
全国をかき回すほどのチームとなるのか?

今日、連絡を取り合った内容は
かなりの賭けになる。
しかし、中途半端なことをするよりは
思い切って切り替えたほうが結果は良くなる。

試合残り一分。
一点ビハインド。
このときにこそ、マンツーマンに近い荒業が大切。
今、このチームはそういう状況なのかもしれない。

あさって、顧問の先生に提言しようと思う。
熱く熱く、この思いを語ってみよう。

中途半端に仲良し部活にして一生を後悔するのではなく
純粋に競争意識の中で
全国をかき回すためのチーム作りのために
思い切った提案をしてみたい。

こうした熱き思いにさせていただいたことに
深く感謝。

これはハンドボールに限らず
なんにでもいえることであると改めて感じる。

中途半端な安全策は
実は保身であり後退そのもの。
前に向いて思い切った改革を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

今日は旧暦のお釈迦様の誕生日

今日は旧暦の四月八日。
お釈迦様の誕生日。
家内と内々で、甘茶を誕生仏にかける儀式を行った。
今回は第ゼロ回。
本番とは程遠い内容だったが
一度おこなったことで
来年から行うイメージが出来上がった。

実は面白いことが起きた。
昨日、ある信者さんが仏像を預かって欲しいと
仏像と御厨を持ち込まれた。
その御厨の大きさが
ちょうどうちの浪切不動尊にぴったりのサイズ。
おおおおお。
そこで、不動尊の館をはずして
その御厨に不動尊を移し
館を誕生仏の館とすることが出来た。
この儀式の一日前に届いたかたちになった。

誕生仏については
明日にでも内容を記そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜中ハンドボーズ日記20080512

昨日、一人のハンド部の生徒が怪我をした。
足首を捻挫。
腿が疲れていることを私は知っていた。
そのときに練習を休ませることを進言しなかった。
その結果がこれ。
私の完全な不注意によるもの。
深く反省している。
疲れたとき、
どうすべきなのか
もう一度、注意深く見つめる必要性を感じる。

今日の練習は
私は所要があり15分遅れで参加。
アップしている途中であった。
顧問の先生は会議。
体育館内では一年生をどのようにしていくのかが
結構大きなテーマ。

男女ともに怪我をしている生徒に
簡単な指導に当たらせた。

3:3 今日の練習を見る限り
男子の練習は活気が出ていた。
一人ひとりが充実感を得ているようだ。

女子はけが人の連続のため
それに対する応急措置のための
ポジショニングをキャプテンが施した3:3であった。
ただ、DFで抜かれてもヘラヘラ笑っている生徒には雷を落とした。
一本のシュート、一点にもっとこだわりを持って欲しい。

余談だが、私は男子のシュート練習の際にキーパーをしたが
最初の十分で息切れ。
途中、めがねにボールが当たり曲がってしまう。
そこから急速に動けなくなってしまった。
うーん、あまりの体力のなさに情けなくなる。
これでは彼らの練習にならない。

夏までに私も、高校時代は無理としても
中学生時代くらいには戻りたい。

今日の男子を見ていて、ひとつ。
ある一人の生徒の成長が著しく
もう私のアドヴァイスが出来る範囲を超えていることを知った。
次の段階へ彼を進ませたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応援団かメンタルアドヴァイザーか

中学ハンドの試合のビデオを少し整理しながら
一部を再確認してみた。
そこで感じたこと。

「あ、このときに選手に声を掛けたい!」

そうした思いばかりだった。

私は僧侶である。
僧侶は一般人と異なる生活をしている。
朝起きる時間も違うし、昼間の生活も全く違う。
経済活動を特別に行っているわけではないし
世間的な常識で動いているわけでもない。
いわゆる世の中で無駄な存在。
自動車のハンドルに遊びがあるように
また人生の中でも遊びがるように
その遊びで、一見無駄な存在が
私たち僧侶であると思っている。
また普段は無駄な存在だが
ピンチのときこそ必要な存在。

そのためか、私の視点は
どうも一般の方々と異なっているらしい。
十数年前の学習塾時代の生徒たちが
何人も関西方面からこの各務原まで訪ねてくるのも
そうした視点のためだと思う。

この視点で見つめていると
試合中に一人ひとりの生徒の動きで
気になることがあまりにも多い。

それは場外から見ているからかもしれないが
最大の原因はこの視点であろう。
特に精神的に不安定な中学生。
その彼ら彼女らのプレーを見ながら
いつもは応援席から大声を出すしかないが
大声ではなんともならないことがある。
そんなとき、

 ベンチに居て、あの生徒に声を掛けたい

という思いに駆られることは少なくない。
今回の春の大会もそうであったし
タクシンカップも市の大会もそうであった。

ただ私は近所のハンド好きなおじさんに過ぎないし
技術的な面や練習方法は
顧問の先生やコーチにお任せしているので
それ以外の精神的な面でのアドヴァイザーと
先生方が居ないときや目の届かないときの
アシスタントを
普段の練習の中で
させていただいている。

また自分の居心地として楽しいのは
応援団席だし
そこで親御さんたちと一緒になって騒いでいたい。
この地域の子供たちが
大活躍する姿がただただ嬉しい。

しかし、子供たちの試合の状況を見ていると
居ても立っても居られなくなる。
おそらく普段の練習の中で、
こまめに生徒たちに声をかけ
話をしているので
子供たちの感情の動きが
手に取るように分かるからであろう。
そんなときに、ベンチに行って、
生徒たちに精神的なアドヴァイスをしたいと強く感じてしまう。

時には、先生の思いが生徒たちに巧く伝わっていない時
逆に生徒たちの思いが先生に巧く伝わっていないときがある。
そうしたときも、普段から先生や生徒と話しをしているので
そのパイプ役をさせて欲しいと強く強く感じる。

単純に外野から応援団をしたいとう熱い思いと
内部に入って精神的なアドヴァイスを施したいという思いが
日替わりに私の中を駆け巡っている。

勝っている試合では私は不要な存在。
そうしたときは単純に応援団で良い。
しかし負けているときこそ
先生にも子供たちにも声を掛け
時局を好転させる特効薬であると
おこがましいが自分では感じている。

一度、時間を作って顧問の先生と話し合ってみたい。
試合のとき私はどうすればよいのかを。
私に何が出来るのかを。

この地域の桜丘中学の生徒のために
私に出来ることを最大限にさせていただきたい。

取り留めない話だが
ビデオを観ながら
改めて強く感じさせられた。

今夜の練習は所用があり早退になりそうだが
昨日の練習からどれほど進歩したかを確かめてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月11日 (日)

走り続けた一日

朝、中学ハンドボールの練習に行く。
父母会があり、アドヴァイザーとして紹介を受ける。
まぁ応援団長兼先生のアシスタントみたいなもの。
もっと格好良く言えばメンタルアドヴァイザー。
そして練習。
ところがどうも気合が入っていない。
男女混合ということが問題なのか???
正直言って、今日の練習はあまり気持ちの良いものではなかった。
練習メニューが悪いのではなく
子供たちの気持ちの入れ具合か?
レギュラーと非レギュラーの温度の違いか?
何度も声を張り上げたが
今日は肩透かしばかりであった。

午後、帰宅。
しばらく休憩。
その後、寺子屋の元生徒の相談。
仏像の預かり。
明日の法要の飾りつけと
行きつく暇もなく動き続ける。

気づくと夕方になり再びハンドの練習。
ここでは生徒たちは実に元気よく練習をしていた。
男子も今までになく、6:6の休憩時には
みなで話し合い。
彼らの作戦は稚拙な部分もあるが
自分たちで考え、自分たちで作り上げていく
その姿勢と過程がとても重要であり
嬉しくて仕方がなかった。
これは彼らが大きく伸びるチャンス。

女子は3:3を繰り返し繰り返し練習をしていた。
その姿に充実感を感じる。
やはりレギュラー陣の気持ちを
途切れさせない練習が必要のようだ。
そのためには非レギュラーの
気持ちの高揚が大切であることを
改めて感じる。
一度、非レギュラー人を集めて
話をしてみようと思う。
彼女たちが、今のチームを上昇させる鍵。
改めてそれを確認。

上記を見ると充実した一日だったのだが
Wブッキングが二つあり
しかも明日はかなり忙しくってしまって
さてどうなるだろうか?

明日は練習を早退せねばならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大垣西中学 ダークホース出現

女子ハンドボール部のキーパーに頼まれて
先日の岐阜県中学の春の大会の準決勝
大垣西対ヴァルト岐阜
の試合をVHSにダビングしてみた。
ここで驚いた。
大垣西が巧い攻撃を見せている。
男子でも参考になる動きがいくつもあった。
よく鍛えられている。

そういえば、その一週間前に
バレーボールのVリーグに所属する教え子が
岐阜に来てくれて
彼にその試合前の練習を見せたら
この大垣西がピカイチと褒めていた。
トップアスリートの彼から観て
たとえ競技は違っても
巧いチームは分かったのだろう。

シュート一つにしても
非常に基本に忠実なシュートを打っている。
ジャンプもバレーボールにつながる
基本的な足使い。
体のひねりも自然にできるように
オープンに開き
そのまましなるように腕を振る。

さらにチームプレーでも
かなり約束事を決めているみたいだ。
ダークホースが出てきた。
この大垣西は夏の県大会で
大暴れする可能性を感じる。
ひょっとすると高山のチームにも
十分勝つチームかもしれない。

私たち桜丘も大垣西を侮れない。

どんな相手に対しても万全の体制を持って
思いっきりぶつかっていく
このことの大切さを
彼女たちは学ばされたはずだ。
この大垣西と戦っても
全力で粉砕して欲しい。

今日の午前の練習で、
このビデオをキーパーに渡す予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年5月10日 (土)

寝坊

ここのところ極端な睡眠不足。
昨日も、未明に睡眠して、二時間で目を覚まし
朝のお祈りを一時間ほどして、すぐに桑名へ。
夕方に帰宅して寺子屋。
そのあと事務作業。
フラフラになりながら
喘息の軽い発作が起きていたので服薬。
いつもはシングレアという薬を飲むのだが
真っ暗なところでいつものように薬を触って
薬を飲んだらどうもいつもと違う。
電気をつけてみると、
カミさんがその薬の場所を片付けていて
私が飲んだのはレンドルミンという導眠剤だった。
床に着く。
今朝、思いっきり寝坊。
久しぶりに深い眠りに入ったようだった。
おかげで朝のうちは喘息の発作も全くなく
元気を回復。
午後から中学ハンドボールの練習に行く。

眠りの大切さを改めて感じさせられた。
仏教では眠ることを嫌う。
常に目覚めていなければならないといって
惰眠をしないことを説く。

一生はそんなに長いものではない。
眠る時間を制限して
眠りを深くし
そして目覚めている時間を多くせねばならない。
しかもその目覚めは寝ぼけるのではなく
はっきりとした覚醒だ。

今朝、目覚めたときに
寝坊をした自分に反省しつつ
この眠りの長さについて思いをはせることが出来たことに
感謝した。

夕方からは遠出。
帰宅後、ある議員さんと懇談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

入院手続きで4時間???ほんとうに「これだけ必要なのか?

大叔母が肺炎を患う。
入院加療が必要ということで
今朝未明、朝の祈りを済ませた後に桑名市に飛んだ。

かかりつけの町医者から紹介状をいただき
その足で大きな病院へ行く。
入院させて欲しいという内容tらしい。

大病院の駐車場は一つしか空きがなく
運よく駐車が出来た。
ありがたい!

そして、受付へ。
受付の方はとても丁寧に対応してくださった。
なかなか良い。

内科へ移動。
かなり混雑している。
連休があけ、しかも明日は土曜ということもあり
今日はとても混雑していた。

そして検査検査検査。
なんだこれは・・・・。
医師も、データだけ見るだけで
患者の大叔母の様子を見ない。
患者はコンピュータなのかと勘違いしてしまうほどだ。

結局、到着してから三時間が過ぎてようやく病室を。
ところが昼食が出ないので
外食をせざるを得ないという。
なんなんだこれは・・・・・。

一時半、到着してから四時間が過ぎようやく病室へ。
ところが個室にトイレがない。
そこで看護婦に頼んで、トイレつきの個室へ。

そして部屋に着くなり
記名書類の山。

ふぅ・・・。

どうも患者をみつめているというより
自分たちの防御に走っている気がしてならない。
これは明らかにシステムの問題。
一人ひとりはよい印象を与えてくれているのに・・・。

入院するだけでこれだけの労力。
もし大叔母がここに一人出来たとなると
どんなことになっていただろうか?

医療現場の問題を痛切に感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

怪我を無駄にすまい

ある学生が大会で怪我をした。
その怪我が重症であり
最後の大会までに間に合わないことを
今日、知らされた。

あまりの衝撃だった。

練習後に他の学生たちに告げた。
「彼女を全国に連れて行こう!」

彼女の怪我を無駄にしたくない。
いやもう無駄にはすまいと私自身が心に決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wブッキング

昨日はドジをしてしまった。
Wブッキング!

月例の般若心経講座の時間に
中学ハンド部の練習が重なってしまったのだ。

ここのところ、家庭訪問があり
顧問の先生が部活に居られない。
しかも一年生が入ってきたばかりで
放っておくことも出来ず
練習に行くと決めた。

一方で、講座があることをすっかり忘れていた。
出かける直前に信者さんが・・・・

あああああ
申し訳ないです。

たまたまビデオが用意してあったので
そちらを観ていただいた。

が・・・・やはり申し訳ないことをしたので
別の日にランチにでもお誘いしましょう。

ちなみに中学のハンドボールの練習は
一年生をとことん鍛えさせていただいた。
おそらく今日には
腹筋と足腰に疲労がたまっていると思う。
無理をさせずに
また今日も鍛えさせていただく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

どこに視点を置くのか? 後期医療制度問題

後期高齢者医療制度で、また不公平感が噴出した。

http://www.asahi.com/life/update/0506/TKY200805050205.html

肉体的・精神的な障害者の方々の負担が増大するというのだ。

社会的に活動できない人たちの負担を増やすということ。

確かにその立場になると涙も出まい。

どんな制度もそうだが、財政問題が必ず絡む。

何が本当に国民のためなのか

どこまで真剣に考えているのだろうか?

国土交通省の役人が

「国民のために厚生労働のほうにこの予算を回して欲しい」

財務省役人に、こういった話をするであろうか?

自分が所属する部門の権益ではなく

国家のため、国民のために何をすべきなのか

それを省庁レヴェルではなく

国家レヴェルと、庶民レヴェルで実行してもらいたいものだ。

これは役人だけではなく

私たち宗教人にも、また会社で働く方々にも

みなに言えるように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 6日 (火)

日本政府の腰砕け  パンダ二頭

ついにやってしまった日本政府。

中国首脳との対談で

パンダ二頭・・・。

http://www.asahi.com/politics/update/0506/TKY200805060153.html

これが今の日本のあり方なのか?

「チベット問題が解決したら
 パンダを平和のシンボルとして借り受けます。」

これくらいのことを言って欲しかった。

真の友情とはへつらうことではない。

言いにくいことをずばりということこそ

真の友情につながる。

政治家には真剣に考えてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人・人・人の連続

昨日は昼から次から次へと人と会い
気づくと既に夜の11時半。
まったく息つく暇もないほどであった。
ただその話し合いは非常に濃いものであり
無駄なく心地よいものであったので
疲れはまったくといっていいほど出なかった。

欲しければ与えなさいという言葉がある。
他者にもてるものを与えると
別の形で自分に帰ってくるというもの。
私もずいぶんとたくさんと受け取った。

この成果を形にせねばなるまい。
今夜から昨日の言動を
形に出来るように行動してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

思わぬ敗戦も、より高みに上る試金石

昨日のハンドボールの試合。
思わぬ落とし穴に選手が落ちてしまった。

攻撃の鍵である左サイドの足に怪我。
試合をメイクするセンターが試合途中で脳震盪。
それが、その間に挟まれるエースに影響しミスを多発。
右45度も独り相撲をし始め、最後には大怪我。
キーパーも入れられるわけないシュートを入れられる。

選手一人ひとりが、まったく力を出せない状態だった。

後半は、あの状態を良い循環に切り替えることが出来た。
キーパーの神業が光ったし
エースもいつものシュートが復活開始。
センターも切れ味ある切り込み
光り輝き始めた。
しかしとき遅し。
前半があまりにもひどく、一度は追いつくも
最後に一点を取られてしまった。
この最後の一点。
またしても、準決勝で涙を呑んだ。
これは選手だけの問題ではなさそうだ。

しかし、本番は夏の大会。
男女ともに私も出来る限りのことをしたいと思う。
この悔しさがばねになり
より高みに上ってもらいたい。

チームは強い!
もうひとつのところで勝てない部分は見えてきた。
今からならば十分に間に合う。

考えようによっては
これで満足しないための
天からのプレゼントであると考えられる。
さぁ、もう数段高みへ上っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わぬ敗戦も、より高みに上る試金石

昨日のハンドボールの試合。
思わぬ落とし穴に選手が落ちてしまった。

攻撃の鍵である左サイドの足に怪我。
試合をメイクするセンターが試合途中で脳震盪。
それが、その間に挟まれるエースに影響しミスを多発。
右45度も独り相撲をし始め、最後には大怪我。
キーパーも入れられるわけないシュートを入れられる。

選手一人ひとりが、まったく力を出せない状態だった。

後半は、あの状態を良い循環に切り替えることが出来た。
キーパーの神業が光ったし
エースもいつものシュートが復活開始。
センターも切れ味ある切り込み
光り輝き始めた。
しかしとき遅し。
前半があまりにもひどく、一度は追いつくも
最後に一点を取られてしまった。
この最後の一点。
またしても、準決勝で涙を呑んだ。
これは選手だけの問題ではなさそうだ。

しかし、本番は夏の大会。
男女ともに私も出来る限りのことをしたいと思う。
この悔しさがばねになり
より高みに上ってもらいたい。

チームは強い!
もうひとつのところで勝てない部分は見えてきた。
今からならば十分に間に合う。

考えようによっては
これで満足しないための
天からのプレゼントであると考えられる。
さぁ、もう数段高みへ上っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

今日は準決勝と決勝 岐阜県の春の中学生 ハンドボール 大会 

岐阜県の春の中学生 ハンドボール 大会
今日は準決勝と決勝。

桜丘は男子は惜しくも敗れたが
女子は圧倒的な力で今日活躍するだろう。

私たち応援団も最大限に力を発揮しよう!

最大の防御は
すきあらば常に攻め抜くという強気の姿勢。
その姿勢に相手は戦慄する。

さぁ、自分のもてる力を最大限に発揮せよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ハンドボール中学 岐阜県の春の大会。 準々決勝

ハンドボール中学 岐阜県の春の大会。
今日は準々決勝。

男子
長森(岐阜) 対 松倉(高山)
桜丘(各務原) 対 東山(高山)
鵜沼(各務原) 対 中山(高山)
那加(各務原) 対 HC岐阜(岐阜)
すべて後者が勝ちベスト4決定。
どの試合も手に汗握る良い試合だった。

女子
蘇原(各務原) 対 HC岐阜(岐阜)
大垣西(大垣) 対 中山(高山)
東山(高山) 対 羽島(羽島)
日枝(高山) 対 桜丘(各務原)
すべて後者が勝ち。
最後の試合以外は緊張した試合だった。
最後の試合は桜丘のダブルスコアで圧勝。

男子については私個人としては悔しかった。
桜丘が勝てる試合を落としたからだ。
応援席から怒号のように声が飛んだ。
的確なアドヴァイスだった。
しかし選手にはそれが聞こえなかった。
残念でならない。
しかし良いこともあった。
選手が初めて涙した。
悔しいということを知った瞬間だった。
これから強くなる。
それを実感。
さぁあちこちに練習に行って
己を強く鍛えて来い。
これからは私も怒号を飛ばす。
しかしそれは愛情表現。
君たちが強くなるためなら私は鬼でもなんでもなる。
とことん応援するぞ!

女子については、安堵した。
桜丘は本当に強くなっている。
実はレギュラーがそろうのは
試合では久しぶり。
それもあってか強烈な勝ち方をしてくれた。
決して相手は弱くはない。
そこを相手によく戦った。
エースの存在感は桁が違った。
このチーム、本当に強くなっている。
さぁ、明日は準決勝と決勝!
今度こそ必ず優勝を勝ち取るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日明日と岐阜県の中学ハンドボールの春の大会

さぁ、今日明日は中学ハンドボールの
岐阜県春の大会の日。
我が桜丘は男女ともに
準々決勝に進出している。
今日勝てば、明日は準決勝と決勝。

彼ら彼女たちが最高の自分を出せると信じる。

今、朝のお祈りを終えたところ。
これからその試合会場に出かけようと思う。
応援団として私も気合を入れよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

明日は岐阜県の春の大会の準々決勝

明日、男子も女子も中学のハンドボールの
岐阜県の春の大会の準々決勝。

今日は午後からずっと練習だった。
新一年生も入ってきていたので
私が少々戸惑ってしまった。
というのも、家庭訪問で顧問の先生は居ない。
もちろんコーチも居ない。
二年三年は明日のための最終チェック。
しかし生徒会などレギュラーがそろわず
なかなか厳しい体制であった。

一年生は男女ともにそろえての練習。
二三年が速攻のときはコートの周りで声を出す練習。
そのほかは、シュートと走ることを中心に練習をさせた。
ほんとうはずっとついていて
ディフェンス練習をさせたかったのだが
明日のこともあり三年を中心に私は動いたためだ。
男子はレギュラー全員そろっていたのだが
女子はそうでなかったので、近くで見守らざるをえなかった。

男女ともに今までよりも子供たち自身が成長し
自分たちで工夫をするようになってきた。
その成果が練習にも表れたと思う。
結果は明日わかる。

ハンドボールを通じて
子供たちがどんどん成長し
明日を担う人間へと育って行ってくれることを切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菩薩様がいっぱいのハンドボールの練習

昨日、女子の三年生のNさんが
最近練習を休みがちだったので
他の人よりも多く走りたいと申し出てきた。
これは嬉しい話。
なにか熱いものを感じさせられた。
目頭に涙が出るほど嬉しかった。

中学のハンドボール部の応援に行くようになって半年。
この間にいろいろな出会いがあった。
そこで知ったこと。
ここに集まる人はみな純心で利害がない。
そのためにみな心優しく、気持ちが良いばかり。
もちろん生徒たちの失策には怒号が飛ぶが
それも生徒たちのことを思ってのこと。

一方、宗教界はどうなのか?
宗教を商売にする宗教屋があまりにも多い。
先祖を人質に取られていたり
旧習を逆手に取られたり
あまりにも悲しい出来事が多すぎる。
もちろん、立派に宗教活動をされている人も少なくない。
師匠のお宅で勉強会をしているメンバーは
まさにしっかりと宗教を学ぶ宗教者の集まり。
また宗教政治の中枢部に居ながら
その泥に染まらず蓮の華を咲かせている人も居る。
そういう方は宗教屋ではなく宗教家に徹している。

そういう自分はどうなのか?
ふと振り返る。

ハンドボールに行きかけた理由は・・・
そこには宗教など無縁に見える。
しかし人が人としてありのままに生きていくことこそ
仏教の本来のありかたであると見ている者には
宗教という枠がない場所にこそ仏教があるように見える。
ハンドボールにかかわっている方々の
多くはまさに純心な方が多い。
そこには慈悲と布施いう仏教の真髄が見出される。
自分の持てるものを子供たちに伝える
まさに慈悲に裏打ちされた布施である。
そこには宗教家は居ないが
仏教を実践する宗教者がたくさん居る。
そこに居るのはまさに菩薩さまたち。

もちろん菩薩様たちだけではない。
子供たちのあり方を無視して
自分の考えを押し付ける指導者も少なくない。
だがそうした指導者は確実に子供たちが離反していく。
その原因は、その指導者の我執のためであろう。

幸い、私が出入りしている桜丘中学は
指導者の方々に我執がない。
本当に子供たちの成長を望まれている。
長森のHコーチも同じ。
目先にとらわれず、
子供たちが大きく育つことを望まれて指導に当たっておられる。
子供たちのハンドボールを上手になることに精進していく姿は
まさに六波羅蜜の実践者に他ならない。
私にとってハンドボールの練習に応援団としていくことは
まさに菩薩の教えを請い、学ぶ場所。
魑魅魍魎たちの居る場所より心地が良いのは当然だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

義理とは何か

少しややこしいたとえ話。

AさんがBさんの所に出入りをしていた。
Bさんには友人が多数居り
そこでAさんはCさんとDさんと知り合う。
CさんとDさんは、Bさんの知り合いということで
Aさんにも優しく接し、接待を施している。

ところがAさんは、自分が中心という勘違いをして
CさんやDさんに直接、いろいろなことを持ちかける。
CさんもDさんもBさんが知っているものと思い
Aさんの要望にこたえている。
しかしBさんはそんなことを露も知らずにいる。

ある日、CさんからAさんのことをBさんは聞かされる。
BさんはCさんに迷惑を掛けたことをその場で謝る。
そして数日後、今度はDさんからも
Bさんの耳に同じ状況のことが耳に入る。
そしてBさんはDさんに再び謝る。
このことが数件続くとBさんはAさんに不信感を抱くようになる。
ところが逆にAさんはBさんへの不信感を
Bさんの周りに伝えるようになる。

こんな出来事は日常茶飯事に起きている。
この場合、Bさんはあまり怒ることはないが
Bさんの身近に居る人たちがAさんに不信感をますます募らせ
Aさんを拒否するようになってしまう。

私たちは大丈夫だろうか?
こんなことをしていないだろうか?

具体的な例を出そう。
うちのお寺の信者のHさんが、土地の売却を望んで相談をしてきた。
そこで知り合いのK不動産に話を通した。
ただし、このK不動産は、親友のKさんからの紹介であり
KさんとK不動産は不可分の間柄。
そのために私はHさんの物件についてKさんにも報告をしている。
ところがこれが出来ない人が時々居る。
これは事前であっても事後であってもやはり常識ではないだろうか?

紹介をしてくれた人を無視して勝手に行動を起こすのは
その仲介をしている人を軽視しすぎているからだと思う。
これこそが義理人情の世界。
欠いてはならない義理がある。

少しやたこしかったかもしれないが
最近、この手の相談が増えてきている。
逆にこうした筋目を通して
しっかりと進んでいる政治家志望の若者も居る。

ひととしてのあり方をもう一度見つめてみたいものだ。
こうした相談があるたびに、自分を見つめるチャンスを得ている。
こうしたチャンスにも感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈りもおもてなしが基本に

毎日、諸尊に祈りを捧げているが
真言の祈りとは諸尊に対して
おもてなしをすることを基本としている。
インドのおもてなしの仕方を基本に
諸尊を強くイメージして現出させ
そこに受用身にお越しいただき
そしてお接待をする。
そして真言の会話をし
お帰りいただくというもの。

この行為はさまざまなところに通じる。
古典芸術部門ではお茶の世界。
あれこそは利休居士をはじめ
多くの方々が練りに練ったおもてなしの世界。
基本は禅にあるようだが
私の目から見ると
お茶は禅というよりも密教の世界観に近い。
詳しくは後日に書こうと思っている。

また普通にお客様に来ていただくときも
檀家や信者さんが来訪されるときも
友人たちが遊びに来てくれるときも
さまざまな場面でおもてなしが行われている。
そこにも密教のそれとあい通じるものがあり
訪れていただく方々こそ諸尊の変化身と
とらえることも可能である。

『おもてなしの経営学』は私のお勧めの本だが
これはITだけではなく
さまざまな分野に通じること。
これは一生を通じての人間のテーマかもしれない。

『おもてなしの経営学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756151345/prpmenade-22
からあ入手可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »