« 情熱 | トップページ | 最近の選手への感想 »

2008年4月29日 (火)

長森へ練習を見に行く

夕方より、長森中学へハンドボールの練習を見に行く。

女子は、場所を借りての練習だった。
エースの貫禄がますます際立ってきている。
そして、今日行ったオフェンスのシステム、これは使える。
顧問の先生のこの作戦は的中すると実感。
このチームはますます強くなりそうだ。
楽しみが増えて行っている感触。

男子、こういう練習をさせたい。
そう思わせるものだった。
やはり人数は大切なのだろう。

長森のHコーチと練習後に
ハンドの話を十五分ほどさせていただいた。
この方の理論は凄い。
指導者として、勝つことを考えている以上に
高校に行ってからも大きく成長することを望む
練習をされていることを知る。
今日、教わったのは三つのことだが
これをぜひ桜丘の生徒たちにも伝えたい。

その中で、ひとつは練習時間は一時間半を基本とすること。
休憩や三十分のアップを入れれば二時間半。

短い時間に短期集中でヘトヘトになる練習が必要。
中学ハンドの試合は25分・25分。
この試合を二試合分となると、100分となる。
そこを走りまくる練習こそが
最大に求められるもの。
練習直後に足がつるほどの練習をしてこそ
大きく成長していく。
試合直前の練習はともかく
普段の練習はそうあっていてしかるべし。

Hコーチの熱き思いを肌で感じさえていただいた。
こうした方の元で学ばせてあげたい。
こうした方の元で鍛え上げてもらいたい。
今は強くそれを感じる。

空いた時間に、自主練習として
Hコーチの元で志望者に練習してもらえれば幸甚である。
私もこのコーチの元で学びたいことがたくさんある。

こうした練習を組んでくださった顧問の先生や親御さんたちに
そして受けてくださったHコーチをはじめ
長森の関係者の方々に深く感謝したい。

|

« 情熱 | トップページ | 最近の選手への感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41036987

この記事へのトラックバック一覧です: 長森へ練習を見に行く:

« 情熱 | トップページ | 最近の選手への感想 »