« 西宮へ半日帰り | トップページ | 情熱 »

2008年4月27日 (日)

春の県大会中学ハンドボール 二回戦

岐阜県春の県大会(中学ハンドボール)。
それを朝から見学。

まず女子の試合。
よく走っていた。
その中でも、エースのNさんとサイドのTさんが実に良く走った。
特にNさんは、本来は走るポジションではない。
本人には伝えていなかったが
彼女の最近の走りには目を細めていた。
誰よりも瞬間速度を上げていたからだ。
四角パスひとつをとっても
走りこむスピードが他を圧倒。
まさにエースとしての貫禄を
走りにまで見せ始めた。
これは相手にとっては脅威。
最近、彼女にはあまり声を掛けないでいた。
その成長が著しく、私自身が
正確に把握できていない可能性もあったからだ。
体のひねり方、腕の振り方、走りこむスピード
どれもが大きく変化してきている。
誰かに補助されて伸びたのではなく
彼女自身の力で伸びてきている。
これはあまりにも大きい。
これは間違いないことを今日確認。
スーパーエースとして、ますます伸びていくだろう。
岐阜では一番はもちろん、
東海でも一番のスーパーエースになれる逸材。
ここ数ヶ月の成長の仕方は驚くばかりだ。
今日のディフェンスは高かったので
ロングが打ちにくかったようだが
次回はロングもずばり、
おそらく皆の期待にこたえてくれるだろう。
まさに攻守の要。
温かく、かつ厳しく見守って行きたい。

ほかの選手もよくがんばった。
レギュラーキーパーは無失点。
控えキーパーもきれいな守備をした。
サイド・ポストともによく走っていた。
センター45度は切込みが上手に行っていたし
欲を言えばきりがないが
きょうはある意味、速攻練習にはなったと思う。

しっかり褒めてあげたい。
次回は高山の日枝戦。
楽しみだ。

男子、境川との戦い。
試合前に厳しいことを言った。
というよりも感情を爆発させてしまった。
ところがその後の対応が今までと異なっている。
大人の行動をとり始めた。
これは嬉しかった。
そして試合、最初こそエンジンがかかっていなかったが
キーパーがことごとくファインセーブ。
彼が失点を止めたからこそ勝ちを得たような気がする。
誰もがあきらめず最後まで踏ん張った。
今までならば崩れる状態が何度もあったが
そこを防ぎきった。
こうなるとこのチームは強い。
皆がよく撃ったと思う。

次回は東山戦。
対策をしっかりと練って行きたい。

男女ともに準々決勝進出決定。
次は高山市との戦い。
3日が楽しみだ。

|

« 西宮へ半日帰り | トップページ | 情熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41011078

この記事へのトラックバック一覧です: 春の県大会中学ハンドボール 二回戦:

« 西宮へ半日帰り | トップページ | 情熱 »