« 高家寺のオフィシャルブログで結婚式で伝えた誡を掲載 | トップページ | 2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 »

2008年4月12日 (土)

若き友人の結婚式をお寺で行う

今日はお寺で結婚式を行う。
昨夜から、新郎新婦の友人たちが集まり式の準備。
二人の家が主催する結婚式ではなく
友人たちが主催した結婚式。
本当に友人たちはよくやったと思う。

私はといえば、昨夜にリハーサルを行い
未明まで掛けて準備の再確認と自分自身のリハーサル。

明るくなり始めてから床に入り仮眠。
目が覚めて沐浴をする。
お風呂の中で眼が覚め始め気合が入る。

まずケーキを取りに行く。
洋菓子のボワールさん。
ここが今回のケーキを作ってくれたのだが
その内容に思わず感激。
社長に深く熱く感謝したい。

帰宅後、本堂の最終チェック。
10時より、お祝いの息災護摩を焚く。
とても良い火が上がった。
幸先良し。
天気も寒すぎず熱すぎず、心地よい。

護摩終了後、一旦私は退堂。
新郎新婦が入堂し、その直後に私と家内が入堂。

そこから式開始。
内容は後日ビデオとホームページでアップする予定。
結構感動をしていただいた。

そして友人主催で披露宴。
ここでも、サプライズがあった。
・ご両親による手料理を一品出していただいたこと。
・ケーキにある仕掛けをケーキ屋さんにしていただいたこと。
・新郎新婦がけんちん汁を振舞ったこと。新婦は割烹着を着る。
・精進寿司をメインディッシュにしたこと
・友人の手作りで風船による飾り付けがおもしろかったこと
など、手作りならではの良さがあった。
会場で行う結婚式は手間が省けるし
その会場の方の思いも入ってきてプロとしての良さはあるが
こうした素人が、それぞれの特徴を活かして
式を設けていくというのは、本当に気持ちの良いものだ。
新郎新婦は誰よりも友人という宝を持ち
大きな意味で豊かに生きていると思う。

私としても大いに学ばされた結婚式であった。

詳細は後日。

|

« 高家寺のオフィシャルブログで結婚式で伝えた誡を掲載 | トップページ | 2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/40861245

この記事へのトラックバック一覧です: 若き友人の結婚式をお寺で行う:

« 高家寺のオフィシャルブログで結婚式で伝えた誡を掲載 | トップページ | 2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 »