« 春の県大会中学ハンドボール 二回戦 | トップページ | 長森へ練習を見に行く »

2008年4月28日 (月)

情熱

今日は二十八日。月例不動護摩の日。
このお寺に来て三百回以上は護摩を焚いているが
毎回同じ火はない。
火は毎回異なった形を見せる。

今日の火は、剣のようにまっすぐ伸びた火であった。
高く上がった火。
そういえば、土曜日に背の高い教え子に会った。
法話で、その話題を持ち出し
七人の教え子の話をした。
 全員、有名な高校へ進んで行った。
 京大や阪大など
 有名な国公立や次第に進んだ生徒も少なくない。
 そして一人ひとりが生き生きとしていた。
 今落ち込んでいる生徒もいたが
 あの場に居たということは、必ず上昇していくはずだ。
 いやすでに上昇し始めていると思う。
そして岐阜まで着てくれた彼には
熱き思いの大切さを改めて教えられた。

信者に私の熱き思いを伝えたい。
寺子屋の生徒たちにその思いを伝えたい。
桜丘ハンドボール部の生徒にもこの情熱を伝えたい。

理屈は頭では理解するが
心で理解するものではない。
一方情熱は、心の奥底で納得するもの。
改めて、情熱の意味を感じさせられた。

不動尊と、生徒たちに深く感謝したい。

|

« 春の県大会中学ハンドボール 二回戦 | トップページ | 長森へ練習を見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/41026029

この記事へのトラックバック一覧です: 情熱:

« 春の県大会中学ハンドボール 二回戦 | トップページ | 長森へ練習を見に行く »