« 天体の話からふと昔を思い出す | トップページ | 「ウザイ」と戦う »

2008年3月26日 (水)

春の只中

桜が咲き始めた。
各務原では那加の新境川沿いに桜並木がある。
その一本の木が既に七部咲きしていた。
他の木は、まだ蕾なのだが
確実に春の香りがする。

お寺の境内では梅が既に満開。
他の樹木も花を咲かせている。

そういえば、今日、ツバメが戻ってきた。

春の只中に既に居ることを実感。

|

« 天体の話からふと昔を思い出す | トップページ | 「ウザイ」と戦う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/40639899

この記事へのトラックバック一覧です: 春の只中:

« 天体の話からふと昔を思い出す | トップページ | 「ウザイ」と戦う »