« ボール投げから気付かされた | トップページ | 舌足らずで、申しわけリありませんでした。お侘び申し上げます。 »

2008年3月 5日 (水)

リーダーシップ

中学と接する機会が多いので
いろいろな生徒たちと出会う。
その中で、損をしがちな生徒と
そうでない生徒が居ることが分かる。

上手に生きている生徒は
大人に対して自分から声をよく掛ける。
学ぶという姿勢を謙虚に持っている。

一方、大人とは距離を保つ生徒も居る。
意外とリーダー的な生徒に少なくない。

ところが、自分で突っ張るために
適切なアドヴァイスを得ることさえも拒否し
自分の思いを押し通そうとしがちになる。
そうなると、徐々に大人は離れていき
結果的には良きアドヴァイスを得ることができなくなる。
それで損をしてきた人たちを何人か見てきた。

特に中学生時代
クラス長をしたり、部活でキャプテンをしていた人が
高校になると伸び悩んでしまう例が少なくない。
自分の持つ悩みを自分だけで解決しようとし
仲間からのアドヴァイスや
年長者からのアドヴァイスを得ようとしないためだ。
ある意味プライドが邪魔するのだろう。

こうした学生たちを見るたびに
悲しくなってしまう。
アドヴァイスをしたくても
一種独特の壁を作っているために
アドヴァイスさえできないのだ。

ところが同じリーダーでも
しっかり伸びていく学生もいる。
彼ら彼女たちは、自分の悩みを
同じ道を歩んできた人に解決策を求める。
それを我が物とし
より高い自分を作り上げていく。

学生のリーダーたちに
何かを伝えていく工夫が必要であることを
最近実感し始めている。
私に何が出来るのだろうか?

こうしたリーダーの心構えのようなものを
何か伝えていく方法を研究したいと今は思っている。
国会議員や県会議員、市会議員とも話し合い
リーダー養成もしていかねばならないと
強く実感しはじめている。

リーダーはエリートではない。
リーダーは独裁者でもない。
リーダーはマネージャーではない。

彼らが作り上げた壁を崩し
新たな力の芽を伸ばしてあげたい
そう強く感じている。

そういえば、幸田シャーミンだったと思うが
面白い本を翻訳していた。
『リーダーシップとは何か』Ronald A. Heifetz著

また
『リーダーシップ論』John.P.Kotter著
も面白い本だった。

これを読み直し、
子供たちに分かりやすいようにまとめてみたい。
情熱を傾けられる新たな仕事がまた出来上がった。

そのためには何か一つを削らねばならない。
最近深く関わってきたことだが
仕方がないと感じている。
私も最も効率の良い部分に自分の情熱を傾けたい。

さきほど、それを決断させてもらった。

|

« ボール投げから気付かされた | トップページ | 舌足らずで、申しわけリありませんでした。お侘び申し上げます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/40385443

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップ:

« ボール投げから気付かされた | トップページ | 舌足らずで、申しわけリありませんでした。お侘び申し上げます。 »