« 聖観音 | トップページ | 春の只中 »

2008年3月25日 (火)

天体の話からふと昔を思い出す

寺子屋で、天体の話をする。
ふと思い出したのが小学校の頃。

あの頃は星が好きだった。
プラネタリウムにはよく行ったし
夜になれば空を眺めていた。
星座にロマンを求めていた
恒星については今よりもよく知っていた。

動物も大好きで
百科事典を眺めることがほぼ日課だった。
動物や昆虫の名前は
今思えば
とてつもなく沢山知っていたように思う。

また小学生なのに量子物理学にも興味があり
原子や原子核の構成なども学んでいた。

星や動物など理科だけではない。歴史も好きで
偉人伝をむさぼるように読んでいた。
特に宗教家の話は心動かされていた。

自分たちで野球のチームを作った。
名づけてジュニアゴリラーズ。
結構強いチームで
市内の小学校クラブチームにも負けたことは無かった。
私はキャプテンで、1番セカンド。
この野球チームは野球だけではなく
いろいろなことに挑戦した。
親を動かし、キャンプに行ったり
一晩中掛けて和紙作りに挑戦したり
海外の短波ラジオを拾ったり
面白いグループだった。

何かありとあらゆることに手を出したおかげで
世の中はいっぱい楽しいことに満ちていることを知った。
それが今の私を支えている。

一方、高校に入るまで完全に理系だった私。
もちろん高校でも理系だったのだが
父の出張先のバンコクに行って人生観が変わった。
あまりにも貧しい人々が居た。
こんな人たちが居るとは・・・・。
その上に、豊かな人が胡坐をかいている。
これでよいのか。
ここが私の人生の最大の転機の一つだった。
その後、小学校時代の交通事故の後遺症が出て
高二で部活を断念。
部活はコーチ役に徹した。
これも重なり、人生の楽しさでない部分も知らされた。

星は人の人生を語るという。
私も星占いが好きで
時折、自分の誕生チャートを眺めている。
そこに記されたメッセージは
今まで生きてきた自分の人生と深く重なっている。
人生は面白い。

|

« 聖観音 | トップページ | 春の只中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/40635414

この記事へのトラックバック一覧です: 天体の話からふと昔を思い出す:

» 関西のオートキャンプ場 [関西のオートキャンプ場]
関西奈良吉野郡天川村のアットホームなキャンプ場を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2008年3月26日 (水) 16時57分

» 心と生き方を磨く名言 [心と生き方を磨く名言 ]
心と生き方を磨く名言 [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 08時11分

« 聖観音 | トップページ | 春の只中 »