« アジア選手権で男子ハンドボール、韓国に大敗 | トップページ | 何が目的なのか? »

2008年2月19日 (火)

キューバのカストロ議長 議長退任表明

キューバのカストロ議長が
議長職と最高司令官職を辞すことを発表した。
ことの良し悪しは別として
社会主義の勇として
キューバ危機や
ソ連崩壊などの
国家危機を何度も乗り越えてきたカリスマ。
あの革命の獅子であるチェ・ゲバラと共に歩んできた
生きた伝説的なキューバの英雄でもある。
さて今後どうなっていくのだろうか?

アメリカという超巨大国家に飲み込まれることなく
楯を突いてでも自分の国を貫き通そうとした姿勢は
ある意味、日本も学ばねばならないところが
あるような気がする。
日本も隣国に超巨大国家に
なりかねない国があるからだ。

さて、ここで、キューバという国の質が問われてくると思う。
カリスマが居なくなったときに崩壊する国なのか
それとも穏健にそのまま継続するのか
それとも別の方向に進んでいくのか?
じっくり見つめていたい。

しばらく、南米のカリブ海に浮かぶ小さな国
キューバ
注目してみよう。

ニュースは以下のアドレスで

Asahi.com
http://www.asahi.com/international/update/0219/TKY200802190300.html

Yomiuri online
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080219-OYT1T00539.htm?from=main2

Nikkei Net
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080219AT2M1902C19022008.html

|

« アジア選手権で男子ハンドボール、韓国に大敗 | トップページ | 何が目的なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/40187093

この記事へのトラックバック一覧です: キューバのカストロ議長 議長退任表明:

« アジア選手権で男子ハンドボール、韓国に大敗 | トップページ | 何が目的なのか? »