« ダボス会議で福田首相が温暖化対策の一兆円規模の支援構想を打ち上げるらしい | トップページ | お節介な自分が居る 子供たちが成長してくれるのならばそれもまた良し »

2008年1月11日 (金)

暖かい冬

暖かい冬が続く。
朝晩の冷えはあるが例年に比べるとやはり暖かい。

カミさんから最近聞いたのだが
珊瑚が絶滅しかけているので
珊瑚再生プロジェクトがいくつも立ち上がったようだ。
しかし本当に今あるようなプロジェクトで大丈夫なのか?

カミさんの元のボスである佐藤謙一郎元衆議院議員より
聞いたことがある。
動物は足や羽があり移動することが可能。
そのために温暖化と共に北上したりして
移動していくことが可能である。
しかし、植物や珊瑚などは、自らの足で動いていくものではなく
そういったものたちがもっとも温暖化の被害に遭うと。

この視点で見ると
珊瑚再生プロジェクトの多くは
全体像を見渡したものではないような気がする。
それは植林にも同じことが言えるだろう。
今後ますます気温上昇をしていく地球。
そこで人間は自然とどのように関わっていくのか
特に移動できない動植物たちと
どのように関わっていくのか
真剣に取り組まねばならないだろ。

ふと気付くと、面白いことが起きた。
インド産の菩提樹をかつていただいた。
その菩提樹が木製のPOTに入れてあった。
この夏秋と玄関先に置いておいた。
するとそのPOTを突き破り、
庭の土の中にまで根を張ってしまっていた。
今までは玄関の中で冬をすごしてきた菩提樹。
今年は外で過ごすことになる。
どうなっていくのか、じっくりと見つめて生きたい。
温暖化のせいで、菩提樹も
日本で生息可能になるのだろうか???

|

« ダボス会議で福田首相が温暖化対策の一兆円規模の支援構想を打ち上げるらしい | トップページ | お節介な自分が居る 子供たちが成長してくれるのならばそれもまた良し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17646632

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かい冬:

« ダボス会議で福田首相が温暖化対策の一兆円規模の支援構想を打ち上げるらしい | トップページ | お節介な自分が居る 子供たちが成長してくれるのならばそれもまた良し »