« 中国問題からアメリカという国を考える | トップページ | 一つの灯火・・・・中三生のために護摩を焚く »

2008年1月12日 (土)

和尚のハンドボール教室 その1

桜丘中学校の男子ハンドボール部員のレギュラーが
私の書斎に集まりミーティングをした。
時間の制約があり、
核心部分を伝えられたかどうかは分からないが、
少なくともミーティングの大切さは把握してくれたと思う。

自分の理想を語り、
ビデオを観て反省点や良い部分を確認とり、
意識のすり合わせをし、
練習メニューの大切さを伝え、
最後にはディフェンスの簡単なフォーメーションを伝えた。
おそらく今のミーティングだけで、
練習内容もディフェンスも強化されていくだろう。
今後はこれをどう活かして行ってくれるか、そこだけだ。

キャプテンのW君もなかなかリードが上手な学生だし、
このチームは必ず強くなると改めて確信をする。
また自分たちでミーティングを何度もしていくだろう。

私も彼らに夢と希望を見出した。

今回のミーティングで伝え切れなかった部分がいくつもあるが
それも今後、いろいろな形で伝えていければと思う。

女子もこんな形でミーティングができればいいのだけれども・・・・。

明日も練習に出かける予定。
ただ残念なことに、連絡をいただいた役員の方に返信ができないこと。
メールが戻ってきてしまう。
その役員のMさんへ
もしこのブログを見られたら安心してください。
明日は9時ごろまでには中学校へ行きますから。

|

« 中国問題からアメリカという国を考える | トップページ | 一つの灯火・・・・中三生のために護摩を焚く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17664736

この記事へのトラックバック一覧です: 和尚のハンドボール教室 その1:

« 中国問題からアメリカという国を考える | トップページ | 一つの灯火・・・・中三生のために護摩を焚く »