« 2008年 今年の目標 | トップページ | NHKプロフェッショナル仕事の流儀イチロースペシャルを見る »

2008年1月 2日 (水)

ケニアの内紛から思う

英語版Google Newsを見る。
ウォールストリートジャーナルのケニアの暴力のニュースがトップだった。
少なくとも260人の人が殺されているという。
貧困と無秩序が作り出している悲しい世界。
日本の中日新聞、国際ニュースのトップも同じものであった。

先ほど姪っ子たちを連れて、イオン各務原店に行く。
駐車場は埋め尽くされ、何千という人出。
買い物に明け暮れる人々。
そこには暴力という文字は見出されないと思った。
ところが、駐車場では自分が一番と先を争う人の荒い念の渦。
ここにも、暴力に繋がるものが見出される。
ところが妹婿と話をしていると
「十数年前だともっと争いごとが多かったように思うけど
 ずいぶんと洗練されてきたのでしょうかねぇ」
という意見。
なるほど、歴史的に見ればずいぶんと改善されているには違いない。
もちろん理想的な状態とはいえないが
列をきっちり並ぶようになったのは事実だ。
かなりの前進といえるかもしれない。
やはりここは平和だ。

途中、少々疲れたのでコーヒーブレイク。
するとそこにお茶のO先生の一番弟子のHさんご家族がいらっしゃった。
これだけ広く、これだけ多いひとでごったがえすなか
Hさんと出会うとは、何かものすごくラッキーなものを感じる。
ケニアもこうして他者を支配せず
他者の行動を尊重すれば、争いごとは減るだろうに。

空海は朝廷内の内紛を納めるために尽力した。
その教えを受け、朝廷内の跡目争いは一時期的にせよ消滅。
そのおかげで人民に政治の眼が向けられた時期であった。
世界の争いを目にするたびに
高祖弘法大師ならばどうするのだろうかと
常に自問している。
政治世界とは一線は引いているが
自分自身が何ができていくのかは常に考え
できることを実践していきたい。
何もせずに後悔するよりも
今できることをしっかりやれればと思う。

ケニアの内紛は遠い世界のことではなく
自分自身のことと置き換えられるように
こうした着想は常に大切にしていきたい。

|

« 2008年 今年の目標 | トップページ | NHKプロフェッショナル仕事の流儀イチロースペシャルを見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17556222

この記事へのトラックバック一覧です: ケニアの内紛から思う:

« 2008年 今年の目標 | トップページ | NHKプロフェッショナル仕事の流儀イチロースペシャルを見る »