« ハンドボール2007/12/23観戦ビデオ その7 | トップページ | クリスマスでは坊主が語るキリスト教を »

2007年12月24日 (月)

クリスマスイブ

Feliler ある知人がいる。この方ご夫婦とはあることにより知り合ったのだが、たった一日で、というよりも数時間で旧来の同士かの如く仲良くなった方々。その知人よりFELIERのハンドタオルをいただく。ハンドタオルはとてもよく使うのでとてもありがたい。肌触りもとても手に馴染むものだった。FIELER独特の感覚だ。シェニール織だったと思い、検索を掛けるとFEILERが出てこない。あれれ?? でもシェニール織は別にある??? じゃぁ、と FIELERで検索を掛けてみた。するとオンラインショップ検索で出てきた。 http://www.montrive.co.jp/feiler/ そうそう、これだ。まさにこれ。でもシェニール織じゃないの?と疑問に思い、あちこちを探してみると、FIELERについてというページ http://www.montrive.co.jp/feiler/feiler/index.html でシュニール織という言葉でしっかりと解説されていた。シュニール織については、このFIELERの説明を見ていただいたほうが、わたしが下手に解説するよりは良いだろう。

この知人のセンスはとても大好きだ。いわゆる、グッチとかヴィトンとかいうようなブランド物ではなく、製品そのものがしっかりしておりセンスもあって、いわゆる玄人好みに近いものを選ばれる傾向がある。ご主人の洋服もブルックスであったり、器もマイセンのものからとても上品なセンスのものばかりを集められている。今回いただいたFILERなどは、まさにその思いが込められたプレゼントだった。素晴らしい。深く感謝している。

Christmas そこに同封されていたクリスマスカード。キリスト・キリストしているのではなく、三人の賢者が砂漠で星に導かれていく、新約聖書のあの情景を描いた絵。これも心が行き届いた絵。わたしもこうしたモチーフが大好きであり、いただいた瞬間に思わず微笑んでしまった。

そっかぁ、今夜は世間ではクリスマスイヴなんだぁ・・・・。仏教者であるわたしだが、実は毎年クリスマスイヴになると読んでいる本がある。スクルージーのような頑固者ではないと自分では思っているので『クリスマスキャロル』ではない。『聖書』でもない。
トマス・ア・ケンピス『キリストにならいて』この本をクリスマスイブには必ず読むようにしている。実はわたしはクリスマスは基本的に冬至の祭りであり、大騒ぎして街に繰り出すよりも、キリストを思い、家の中でキリストを思うことの方が大切だと考える仏教者である。よきキリスト者は仏教者であるというのがわたしの持論。逆もまた真かどうかは分からないが、よきキリスト者の手本とすべき書物である『キリストにならいて』を読むことで、キリスト教の本来のあり方に接しられるように感じているからである。今夜も今から読書タイムだ。

ちなみに食事はカミさんが作った焼き飯のようだ。クリスマスイヴ。今年はまた思い出深い一夜になりそうだ。

|

« ハンドボール2007/12/23観戦ビデオ その7 | トップページ | クリスマスでは坊主が語るキリスト教を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17466524

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブ:

« ハンドボール2007/12/23観戦ビデオ その7 | トップページ | クリスマスでは坊主が語るキリスト教を »