« いのち輝かせ  寺子屋のモットー | トップページ | 建設的な夜! カミさんの元の同僚と夕食を共に »

2007年12月15日 (土)

海南病院(愛知県弥富) 桑名の大叔母の検査に同行

昨日、朝の四時半に起き、五時半に出発。ガソリンがワンメーター分しかなく、セルフスタンドで給油。そんなに寒くなかったので助かった。これも温暖化の影響?ガソリン代はレギュラーリッター150円。そして各務原インターから高速へ。途中、名古屋高速一宮線が延長されていることを知る。どこまで続いているのかは分からない。私は東名阪へ。そして桑名東で下り、桑名の大叔母の元へ。私の第二の母ともいうべき人。

この夏に大叔母は頭痛のためにMRIで精密検査をした。半年後に検査が必要と言うことで、昨日向かった。大叔母は子供が居ないので、本屋の長女である我が母の長男、つまり本屋の初孫の私が就いていく。向かった病院は、海南病院。この病院は脳神経外科は東海地区では指折りであると聞いている。MRIも3D(立体)的に見ることが可能。到着時刻は7時15分。大叔母を玄関に下ろし、私は南の駐車場へ車を置きにいく。受付後、診察室前に。やたらと暖房が効いており、ひとっこ一人居ないのに、かなり厚い。血圧測定の機械が置いてあり、そこで測定。どうも上の値が20ほど高いようだ。ためしに私もしたら上が125もあった。ビックリ。8時半になり、受付で呼ばれ、MRIの検査室に向かう。こちらは外来棟とは異なり、入院病棟。かなりきれいな建物だ。受付を済ませ、MRI室へ。前回も行ったので、慣れたもの。ところが今回は人数が多い。前回は検査技師と話をすることができたが、今回は全くその余裕なし。約二十分間の検査。私はその間、読書時間。検査が終わり、トイレに。この入院病棟のトイレは非常にきれいだった。そして入院病棟のホールでしばらく休憩。ここはとても心地よい温度。少し寒めなところがよく、心身ともにリフレッシュ。時間になり、外来棟へ向かう。途中で、待ち合わせをしていた母の妹(叔母)に会う。三人で診察所へ。かなり込んでいたが座ることは可能であった。一時間近く待つ。私はもちろん読書。そして診察室へ。

結果は、前回と変わりなく、今後は一年に一回の検査でよいとのこと。ホッとする。

その後、三人でイオンショッピングモール弥富に行き、次に食事へ。叔母を下ろした後は市役所へ。ややこしい保険制度に対して、病院でも確認できない文書があった。そこで市役所に直接問い合わせにいく。そして訂正するように求めておいた。

海南病院のURLは http://www.jaaikosei.or.jp/kainan/
評判の一部は http://www.qlife.jp/hospital_detail_7755 に掲載されている。

|

« いのち輝かせ  寺子屋のモットー | トップページ | 建設的な夜! カミさんの元の同僚と夕食を共に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17369904

この記事へのトラックバック一覧です: 海南病院(愛知県弥富) 桑名の大叔母の検査に同行:

« いのち輝かせ  寺子屋のモットー | トップページ | 建設的な夜! カミさんの元の同僚と夕食を共に »