« 法話で般若心経のサンスクリット音を聞いていただく | トップページ | 地元の代議士と共に地域密着型総合施設 COM. DO2(コムドゥードゥー)を訪ねた »

2007年12月21日 (金)

寺子屋の生徒の絵

寺子屋の生徒が絵を描いた。20071121 これをどう表現して良いのか・・・・他の生徒には大うけだった。どうも皆にはこれが誰なのか分かったようだ。
二人の生徒が「私じゃないからね!」と念を押しているところを見ると、その二人は自分に心当たりがあるようだ。私には二人の生徒の合体のようにも感じる。

この絵を描いた生徒には確実にある表現力を感じる。しかも細かいところを見るとCO2の問題など、面白い着想をしている。日本の漫画の影響を多大に受けているが、日本の漫画もまた今は世界的な文化。こうした力を引き出し伸ばしていくのも寺子屋の使命と感じている。この絵を描いた生徒には、時折こうした絵を描かせ、その隠れた表現力を最大限に引き伸ばせていければと思う。

|

« 法話で般若心経のサンスクリット音を聞いていただく | トップページ | 地元の代議士と共に地域密着型総合施設 COM. DO2(コムドゥードゥー)を訪ねた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17437714

この記事へのトラックバック一覧です: 寺子屋の生徒の絵:

« 法話で般若心経のサンスクリット音を聞いていただく | トップページ | 地元の代議士と共に地域密着型総合施設 COM. DO2(コムドゥードゥー)を訪ねた »