« 喘息発作 | トップページ | 今こそ必要な書籍、『プロフェッショナル原論』 波頭 亮 著 »

2007年11月10日 (土)

点滴がうまくいかず

昨晩は寺子屋があったのだが、生徒たちには自習にしてもらい、喘息の発作で病院へ行く。久しぶりに点滴。一発で入る。採血も行う。血液は若干濃い目。そのまま点滴へ移行。ところが血管が収縮してしまって点滴が止まってしまう。腕になんと五箇所も針を刺した。最初はしっかり血管に入るのだが止まってしまう。ついにはドクター自らが乗り出したが、やはり数分で止まってしまう。首から入れるか?と脅されるが、さすがにそれは拒否。結局足から入れることに。足の血管はかなり太いので全く問題なし。自分でもこの始末にびっくりした。点滴直後は、なかなか戻らないが徐々に楽になっていく。車の往復をしてくれて、快方をしてくれたカミサンに深く感謝。

|

« 喘息発作 | トップページ | 今こそ必要な書籍、『プロフェッショナル原論』 波頭 亮 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/17032057

この記事へのトラックバック一覧です: 点滴がうまくいかず:

« 喘息発作 | トップページ | 今こそ必要な書籍、『プロフェッショナル原論』 波頭 亮 著 »