« 映画『象の背中』 | トップページ | 喘息発作 »

2007年11月 6日 (火)

小沢代表の慮りはいかほどに

小沢民主党代表の狙いは、公明党と自民党の分離だったのではないか?そして、民主党内の引き締めも同時に行う。

今回の首相からの民主党への連立打診によって、公明党は自民党に対する不信感を一気に高めたに違いない。次回総選挙で、果たして真剣に自民党を応援することfができるだろうか?みしろ自分たちを死守すべく、全く異なる動きになる可能性も出てきたと思う。囲碁の上手な小沢代表の布石は、民主党に対するダメージよりも、公明党の自民党に対する不信感ということがもっとも大きな狙いだったように思えるのは私だけだろうか?実はこの一手により最大のダメージを受けたのは、公明党ひいては創価学会により応援を受けてきた自民党員なのではないだろうか。これで創価学会や公明党の方々は気付いたと思う。必要なくなったら、自民党に切って捨てられるのは、公明党や創価学会であるということを。

そして民主党内も、基本的に小沢代表続投を望む声が圧倒的。「役員による不信任」と述べることにより、当選回数別に全議員から信任を党内から得ることになる。小沢体制はまさに磐石になっていく。

彼の一手は厳しい。多くの国民が彼の行動を読めずに居る。国会議員のほとんども同じだろう。彼の慮りは、私たちの思惟を遥かに超えている。囲碁が彼を鍛えたのか?

表面だけの物事にとらわれてはならない。もっと本質的に、将来に何を引き起こすのか、もっとしっかり見つめる必要がある。それを彼から知らされた思いだ。

|

« 映画『象の背中』 | トップページ | 喘息発作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/16996072

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表の慮りはいかほどに:

« 映画『象の背中』 | トップページ | 喘息発作 »