« 熱き思い | トップページ | 文殊を調べる »

2007年5月 8日 (火)

ブッダをめぐる人びと

里中満智子の『ブッダをめぐる人びと』を手に入れた。釈尊の周りに居た人たちを生き生きと描く傑作マンガだ。このマンガ、ぜひ読んでもらいたい逸品である。

できれば、出版社をもっと考えていただければより広まりやすくよかったのだが、まぁしかたがないかもしれない。

|

« 熱き思い | トップページ | 文殊を調べる »

コメント

こんにちわ、インド音楽の伊藤です。
さきほどメールをお送りしました。
またおじゃまします。

投稿: misaton | 2007年5月17日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/15011173

この記事へのトラックバック一覧です: ブッダをめぐる人びと:

» やるせない社会 [ガイアのうた]
「母殺した」少年が切断した頭部を持ち警察に自首 母親の右腕も切断 こんなやるせない社会がフツーに生息している国を わたしは他に知らない。 わたしには二人の息子がいる・・ もう今は社会人になったが、5年前と7年前には 少年と同じ年齢だった・・・ 母親を殺しても淡々としている少年。 別に激情にかられて、我を失しなって殺人をしたわけでもない。 17年間のあいだに感情というものはなくなってしまったのか? 喜び・怒り・哀しみ・楽しみはどこへ消えてしまったのだろうか? 子供のころの、両親や家族の暖かい... [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 12時48分

« 熱き思い | トップページ | 文殊を調べる »