« 観音菩薩:七七日 | トップページ | 二つの拳銃の事件 »

2007年4月16日 (月)

忙殺を弟子に助けられる

昨日は、妙に忙しかった。一宮の自宅のお隣が亡くなったために、母はそちらに出かけた。そのために、母の店の店番もせねばならなかった。かみさんは所要で名古屋に出かけ、夕方からはお寺のほうの相談も入っていた。午前中は法事。

弟子の一人がそれを陰になって助けてくれた。深く感謝している。この弟子、実に心優しい。このお寺に出入りするまでは、人をあまり信じられなかったようだが、全く別人の顔になり、本当に良く動いている。世間的には恵まれない部分もあるが、彼が今積んでいる陰徳は必ず報いられると感じている。いや、すでにこうして私たちと共に歩んでいるのは、仏の大慈悲なのかもしれない。

|

« 観音菩薩:七七日 | トップページ | 二つの拳銃の事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/14716028

この記事へのトラックバック一覧です: 忙殺を弟子に助けられる:

« 観音菩薩:七七日 | トップページ | 二つの拳銃の事件 »