« 吉良町で講演会 | トップページ | ヤクザの世界を教えられている »

2007年3月 5日 (月)

この道より 吾を生かす道なし この道を行く (武者小路實篤)

ここ数年、自分が本当に何をしたいのかを観ずにいた。観ずにいたというよりも観ないようにしていたというのが正確かもしれない。昨年は勧学会の三年目に参加させていただいた。本当に運が良かった。そして年末に後事を託すに値する弟子ができた。写瓶(しゃびょう)という言葉を当てはめても良い弟子だ。そして、今年には三回の葬儀。そこで自分は感じた。自分が本当に何をしたいのかを目を瞑っている自分がそこに居た。

今はかなり明確になっている。数日前に私は一大決心をした。そしてそこからは驚く速さで、さまざまな膿が出ていった。私はやはり観ずに居た道を歩むべき人間であることを実覚した。

今日も親友のKさんが心配をして来てくれた。もう一人の親友のWさんにも電話した。二人はやはり兄たちである。本当にありがたい。深く感謝している。

この道より 吾を生かす道なし この道を行く (武者小路實篤)

|

« 吉良町で講演会 | トップページ | ヤクザの世界を教えられている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/14146777

この記事へのトラックバック一覧です: この道より 吾を生かす道なし この道を行く (武者小路實篤):

« 吉良町で講演会 | トップページ | ヤクザの世界を教えられている »