« オリジナルに敬意を持つ | トップページ | 檀家の翁が亡くなる 齢かぞえで100歳 »

2007年2月17日 (土)

相手の都合と自分の都合

サイトからPCのソフトをダウンロードインストールし、ようやく機能としてはまともにPCが動くようになった。今朝、ハードディスク修理をする会社に連絡。とりあえず復活できそうな気配があるので、そこにハードを送った。大事なデータだけでも復活してくれればと願うばかりである。PCの内容はこまめに別付けHDに移す必要があると改めて実感。

さて、お寺に来たいという人から一昨日と昨日に連絡があった。PC破壊と高野山にいたために、私は関知していなかった。しかし、何度も何度も連絡があった。明確な目的があったわけではないらしい。電話にせよメールにせよ、何度も催促されることは気持ちの良いものではない。人にはそれぞれの都合があるからだ。今回はカミさんも私も都合があったので、カミさんが断った。後味の悪いものであった。ここはお寺だからお参りを拒否したわけではない。来たければお祈りにこればいいし、そのようなことを断るわけではない。ただ予約がいっぱい入っており、対応ができない、ただそれだけのことであったのだ。山から帰ってきて、カミさんから一連の出来事を知らされた。正直言って、少し悲しい気持ちになった。そして今日、お参りには来るだろうなと思っていたのだが、本堂へお祈りに来たあとはなかった。結果的には、私たち夫婦はメールやら電話の対応で振り回されただけであった。

そして、同じようなことが二人の弟子にも起きていた。お寺に来たいという意思表示が合ったらしい。私はPCが壊れていたためにメールの確認ができなかった。しかも高野山に行っていた。カミさんがこちらも対応した。その弟子たちも本堂で祈りにこればよかったのにと思うが、住んでいる場所が遠いので、今日は来なかったみたいだ。昨夜遅く帰宅後にメールを入れておいたが、返事もなかった。あまり気持ちの良いことではなかった。弟子たちには伝えておこうと思っている。けじめが必要なのだろう。

同じようなことが平行で起きたことに私は大きな意思を感じた。私自身も、他者の都合を省みずにいろいろなことをやってはいないだろうかと反省もした。昨年末から年頭にかけて、その弟子を含めたくさんの人たちを振り回した。弟子でないものにはなかなか伝えられないが、せめて弟子だけにはいろいろ考えて欲しいと感じている。今回は良いきっかけになったのではないかと思う。けじめの問題、私自身もしっかりと胸に刻み込みたい。

|

« オリジナルに敬意を持つ | トップページ | 檀家の翁が亡くなる 齢かぞえで100歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/13947110

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の都合と自分の都合:

« オリジナルに敬意を持つ | トップページ | 檀家の翁が亡くなる 齢かぞえで100歳 »