« 師匠の『大日経講伝』 | トップページ | 不都合な真実:再び灯火が点る »

2007年2月 9日 (金)

石井裕:NHKプロフェッショナル仕事の流儀

http://www.nhk.or.jp/professional/

昨夜、NHK プロフェッショナル仕事の流儀 を観た。アル・ゴアの『不都合な真実』という映画を観た後だった。お風呂を入れていた。その間、たまたまテレビを見たら、放映され始めたところだった。MIT教授石井裕。MITは9年前に訪れた場所。ボストン郊外のケンブリッジ市にある名門大学。私はここの学校ツアーに参加し、そしてその後もウロウロと見学して歩いた。今もこの生協で購入したセーターを好んで着ているミーハーである。

さてこの石井先生。実に面白いことを言う人だった。コンピューターの研究者。NTTからMITに移り、そこでいろいろな体験をされたようだ。そして今では最先端の研究所で活躍するスーパージャパニーズパースン。「出すぎた杭は打たれない」。かつて高山のSIさんにも私はアドヴァイスを受けた言葉。最近の私はこの言葉を失っていた。ありがたい内容だった。そして釘付けになってしまった。お風呂に入るのを伸ばしてでも、観続けたかった。一瞬、カミサンが文句を言いかけたが、テレビの内容を観て、彼女も釘付けになった。オリジナルこそ命・WHY・自分は凡人だからこそ人の倍働き三倍の成果を出すなど、いろいろな面で考えさせられた。そしてそこで描かれていた絵。マインドマップに共通するものであったのも一側面として面白かった。

今日は講伝二日目。すこし眠いが、心して受講するつもりだ。

|

« 師匠の『大日経講伝』 | トップページ | 不都合な真実:再び灯火が点る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/13849791

この記事へのトラックバック一覧です: 石井裕:NHKプロフェッショナル仕事の流儀:

» 途中から見た「プロフェッショナル」 [50代オヤジの独言]
帰宅時間が10時半だったので、もう番組も終盤近く。MITの石井裕さんなので、楽しみにしていたのに全部見ることができなくて残念。でもジェイミーという学生とのやり取りがかなりシビアだし、こんなとこまで取材すんだなあ。というところまで突っ込んで取材していたし、「コアに... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 23時13分

« 師匠の『大日経講伝』 | トップページ | 不都合な真実:再び灯火が点る »