« 苛め問題は遠からず | トップページ | 高野山で第4回素典輪読会 »

2006年10月18日 (水)

静岡で講演をした

静岡で講演をした。テーマは環境と教育。これらに共通した内容を、苛め問題・オゾン層破壊・フロン・教育・発想・成功などなど多角的に様々な方向から見つめてみた。一見内容はバラバラのように感じる講演であったと思うが、実はここにこそ仕掛けがしてあった。バラバラだからこそ、自分が感じるテーマが一つや二つはあったと思う。そこを感じ取っていただければそれで良い。そしてそこに流れる源流は全て一つ。全て「衆生の秘密」。実はこれをテーマにいろいろお話をした。最近の私のスタンスは、感動してその場で終わってしまうような講演はしたくないと思っている。支離滅裂のように感じても、そこから感じる熱き想いに触れていただき、何か小さなことでも実行していただけるような、そんな講演にしたいと思っている。今回はそれを特に強く意識した。そしてそれができたように思う。

上手に話をする講演よりも、感動をする講演よりも、何か実行に移せるもの、今はそれをテーマにお話をしている。

|

« 苛め問題は遠からず | トップページ | 高野山で第4回素典輪読会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/12334837

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡で講演をした:

« 苛め問題は遠からず | トップページ | 高野山で第4回素典輪読会 »