« 十字架に架かったマドンナの熱き思い | トップページ | n高野山国際密教学術大会のレセプション »

2006年9月 6日 (水)

高野山国際密教学術会議にて発表

高野山国際密教学術会議に参加させていただいている。今日、私も発表した。
その草稿は http://www.kokeji.com/study0001a.html
そのスライドは http://www.kokeji.com/study0001.html に掲載した。

20人ほどの方に聴いていただいたが、満足できるものではなかった。やはり対象者をもっと研究すべきだったように思う。私の独りよがりの部分が強かったのかもしれない。

ただし、この発表のおかげで私の持つ密教観がかなり明確になってきた。
弘法大師の教えのどういったものを自分のものにしてきたのか。
何が欠けているのか。
またどういう点で超えようとしているのか(超えられるかどうかは別問題)。

声をかけてくださった生井学長に深く感謝する。

|

« 十字架に架かったマドンナの熱き思い | トップページ | n高野山国際密教学術大会のレセプション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/11793241

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山国際密教学術会議にて発表:

« 十字架に架かったマドンナの熱き思い | トップページ | n高野山国際密教学術大会のレセプション »