« お盆 | トップページ | 師匠が管長に推戴 »

2006年7月17日 (月)

海の日

所用があって買い物に。すると子供たちが何人も。
あれ、今日は学校が休みなのかなぁ?
その後に郵便局に出かけた。すると隣の銀行が閉まっており、郵便局も・・・。
カミサンが気付いた。
今日は海の日だ。

少し調べてみた。明治九年(1876年)、明治天皇が東北を巡幸された。
それまでは軍艦を使用されていたが、その時には灯台巡視の汽船「明治丸」を使用。
そして7月20日に横浜港に帰港された。
それをちなんで、昭和十六年(1941年)に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定されたのが
海の記念日だそうだ。
祝日法によれば「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを
趣旨としている。

本来は七月二十日になるが、平成15年(2003年)から第三月曜日になった。
だから今日は海の日なのだそうだ。

ちょっと考えた。最近の祝日は、曜日で制定されるようになってきた。
ということは本来の意味を離れてしまうことになる。
こうした安易な考えが今の日本人の軽薄さと繋がっているのではないかと感じた。

祝日にしても行事にしても、
本来の意味をしっかり持ってこそ意味ある祝日であり行事となる。
安易に日にちを動かすことに、この海の日のことで疑問を感じた。

|

« お盆 | トップページ | 師匠が管長に推戴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/10988061

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日 :

« お盆 | トップページ | 師匠が管長に推戴 »