« 横浜から帰宅 | トップページ | 守護尊カードでありえないことが起きた »

2006年6月20日 (火)

真田との縁

一昨年末から池波正太郎の『真田』関連の書物を読み始めていた。DVDでも真田太平記を購入。有名な幸村よりも、幕末まで続いた真田藩の祖真田信之に興味があったことがことの始まり。

そうすると、真田という苗字の方お二人と知り合った。また、このお寺自身が長野松本と縁があったので、その松本を追っているうちに、信者さんから真田の別所温泉を紹介され、名古屋では滅多に出向かない場所で真田の観光案内に出会い、さらに先週末には長野関連の国会議員の方々と次々と縁を得ていった。そして、この18日、たまたま出かけた講演会の後援者が旧真田町の教育委員長。真田・真田・真田・真田・真田・・・ここに何かのメッセージがあるのだろうか?

ここのところ国外ではカリフォルニアに、国内では長野県、特に真田地域に縁があるようだ。しばらくこの縁を楽しんでみようと思う。

|

« 横浜から帰宅 | トップページ | 守護尊カードでありえないことが起きた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/10601836

この記事へのトラックバック一覧です: 真田との縁:

« 横浜から帰宅 | トップページ | 守護尊カードでありえないことが起きた »