« 黄砂飛来・・・今年はひどすぎる | トップページ | 魅せる・・・プロレスの堕落より学ぶ »

2006年5月 2日 (火)

八十八夜

今日は八十八夜。夏も近づく八十八夜・・・という歌があるように、今日は茶摘みの日。ところで八十八夜ってどうして?正月から数えると120日を越えているのに・・・。逆に調べてみるとは、その起点となるのが節分立春であることが分かった。立春から始まった春から、夏に移る節目。縁起のよい日らしい。霜もなくなり気候が安定し米をはじめとする農作物など種撒きに最良の時期。一方では、遅霜が発生しやすい時期で、逆に気をつけなければならないという説もある。

そういえば、「米」という文字は「八十八」という字を組み合わせたもののように見える。字の系譜からすると、この説は間違っている。穀物の実がなっている甲骨文字からの変化のようだ。いずれにしても、八十八夜は農業者にとって特別重要な日なのだろう。

立夏も間もなく。いよいよ夏到来か。そういえば、昨日は既に猛暑のごとき30度を越える日だった。ただし部屋は涼しかった。夏ももう目の前に来ている。夏よいらっしゃい。春よありがとう。

|

« 黄砂飛来・・・今年はひどすぎる | トップページ | 魅せる・・・プロレスの堕落より学ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/9868200

この記事へのトラックバック一覧です: 八十八夜:

« 黄砂飛来・・・今年はひどすぎる | トップページ | 魅せる・・・プロレスの堕落より学ぶ »