« 砂町銀座商店街 | トップページ | 「知ったものが責任を取る」久司道夫氏の講演と誕生パーティ »

2006年5月16日 (火)

ひとりさんギャラリー

日比谷線に乗って出かけた。実はいきなり電車を乗り過ごしてしまった。本に夢中になっていたために、入谷に着いた。入谷は鬼子母神や福禄寿があることで有名。ひょっとすると、これはラッキーが始まった証拠かもと、希望を持った。秋葉原に戻り、JRで錦糸町に。そしてバスに乗り換え15分。北砂2丁目で下車。砂町銀座商店街。このエリア3というところに「ひとりさんギャラリー」がある。

日本の高額納税者でいつも話題になる斉藤一人さん。この人の本は数冊買って読んでいた。只者ではない。カミさんも好んで読んだ。そしてカミさんが本で読み、ネットで見つけ出したのが「ひとりさんギャラリー」。ここへカミさんと行った。なぜ行ったのか?カミさんが「ついている」人の関係を体験したいと言い始めたからだ。また始まった。彼女が感覚的に行くといったところには必ず何かがある。期待したわけではなかったが希望に胸を膨らませた。

ギャラリーと言っても、ここには絵が飾ってあるわけではない。芸術作品があるわけでもない。あるのは誉め言葉、前向き言葉が列挙された紙。一人さんの名文句。ギャラリーというよりは、ひとりさんのファンが集まるミーティング場所。あえて言えば、そこに集まる人々が芸術作品。

ジョークで作られた神棚もある。神棚では考えられない北向き。そして書いてある言葉も・・・まさにジョーク。まずその前で、お遊び気分で、礼拝二回、拍手二回、礼拝一回。お賽銭箱はない。拝む言葉は「ツイテイル」10回。お賽銭不要!でもご利益は・・・?ここが面白い。(カミさんとうちも賽銭箱を外そうかと、笑いながらでもちょっと真剣に考える)

御神籤もあった。私は40番。4と9を大切にする一人さんだから、思いっきりラッキー・・・かも!

この神棚、「ついている神社」というそうだ。遊びだけれども結構大きな意味。私は神棚にあった神鏡を見つめた。私の顔がそこにあった。なるほど、ここにも意味があるのか・・・と感心。きれいに磨かれた鏡だから、腰を下ろしてぜひ見つめて欲しいものだ。私はこの鏡を覗くことができた。超ラッキー!ついている!

このギャラリーに着いたのが11:50くらい。12:00・14:00:16:00から始まる「斉藤ひとりハッピーリーダー塾」がある。これに参加することにした。電車に乗り遅れたことにより、面白いパフォーマンスに出会うことができた。やっぱりラッキー。ついている!このパフォーマンスにはビックリした。着ていた人が皆で大声を上げる。表情豊かに、全身を利用して、お腹の底から人を誉め、自分を誉める。これが凄い。頭で考えるのではなく、心で感じること。心の奥底から感じ、心の奥底からの雄たけび。これは今まであった自分の壁を稲妻で破りさる効果があることを感じる。参加した人は、5分もしないうちに仲間意識が生まれる。そればかりでなく、どんどん身体の中からエネルギーが湧き上がる。ここでは頭で考えて何もしないことのほうが恥ずかしい。面白い場所だった。経験する価値はある。ここでいろいろなヒントをいただけた。まさに素晴らしいとしか言いようがない場。人の心の壁を破る方法をまさに実践。ある意味、仏教の修行である礼拝行や滝行に似ている。頭で考えることをぶっ飛ばし、心で感じること。この実践の場だと感じた。「これは他にも使える!」そう感じたのは私だけではあるまい。

外的には、あれだけの大声を出すと周りの商店に迷惑をかけるが、その商店も協力的。しかもギャラリーでは、その商店で買い物をするように勧められるわけだから、まさに敵を作らず協力する方法。おおおおお、と唸らされた。

(こうしたファンがいる斉藤一人さん。彼は神秘体験をしている。そう感じる。)

ここに時間良く行けたことに感謝。人に出会い、感じさせていただいたことに、心より感謝。

今、彼のCDを聞き終えた。やはり只者ではない。明日は銀座まるかんに行く予定。

今宵はこれまで。

|

« 砂町銀座商店街 | トップページ | 「知ったものが責任を取る」久司道夫氏の講演と誕生パーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/10104719

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりさんギャラリー:

« 砂町銀座商店街 | トップページ | 「知ったものが責任を取る」久司道夫氏の講演と誕生パーティ »