« 写真撮影のひと時 | トップページ | 「頑張れる」から「顔晴れる」 »

2006年5月12日 (金)

弟子との対話

弟子のKさんが来られた。本堂で彼は読経をした。その間、私は溜まっていた仕事をこなし、後に久しぶりにゆったりとしたお話をした。師匠の松長先生や修行の師の故内海前官様から伝えていただいたお話など、大河がゆっくり流れるようなリズムで、緩やかに緩やかにお話した。普段の私はどちらかというとテンポ良くお話をする。だからこそ、こうした緩やかなお話もたまには良いもものだなぁと感じた。私もまた、師たちより、世間話をしながら、ゆったりとじっくりといろいろなものを染み渡らせていただいた。本当に深く感謝している。

反省がなかったわけでもない。今の仏教界や宗教界の問題点をいろいろ指摘してしまったことだ。私もやはり例外ではないと途中で反省。そこからは大切なのは自分自身であることを強調した。

「密教」というブログを立ち上げている。http://mantra.way-nifty.com/esoteric/ これはKさんのために作ったものだ。そしてこれをきっかけに私自身に身についたものを表現しようと感じている。

|

« 写真撮影のひと時 | トップページ | 「頑張れる」から「顔晴れる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/10030464

この記事へのトラックバック一覧です: 弟子との対話:

« 写真撮影のひと時 | トップページ | 「頑張れる」から「顔晴れる」 »