« 大叔父佐々木敏郎と陶芸家鈴木八郎氏 | トップページ | オゾン層と紫外線の現状 »

2006年4月30日 (日)

名古屋弁・・・あまり使わなくなった

名古屋弁の話をしていた。やっとかめとか、だだくさという言葉を最近あまり使わなくなったねという話から方言で盛り上がった。

やっとかめ・・・八十日目・・・久しぶり   だだくさ・・・駄沢山・・・無駄に・いいかげんに   そのほかにも、机をつる、まわしする、あんばよう、えらい(疲れる)、じべた、ほかる、もうやーこ、ぬくとい、なぶる、とろくしゃあ、きんのう、おそがい、ごぶれいします・・・などなど分かる人にしか分からない言葉が一杯ある。そういえば、学生時代も東京でも通じなかったことが何度もあった。

私も、まぁいっぺん名古屋弁について見直してみようと思うけど、まんだまわしできとらんで、今度の機会に書こうと思うけど、どう思やぁす?

また、このブログにいりゃーせ、今宵はこれでごぶれいを・・・微笑

|

« 大叔父佐々木敏郎と陶芸家鈴木八郎氏 | トップページ | オゾン層と紫外線の現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/9835879

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋弁・・・あまり使わなくなった:

« 大叔父佐々木敏郎と陶芸家鈴木八郎氏 | トップページ | オゾン層と紫外線の現状 »