« 3・・・共時性 | トップページ | 三つのお話 »

2006年3月 3日 (金)

本屋・ビデオ店で

夜10時ごろにカミさんと本屋に行った。カミさんがどうしても借りたいビデオがあるというので、送っていったのだ。私も欲しい本があったので手に入れたかった。

そこでビックリした。夜の十時に数多くの中学生がウロウロしていたのだ。不良っぽくないごく普通の学生たち。学校のジャージを着たまま。しかも大人がついているのではなく、子どもたちだけで。最近の親はどうなっているのだろうか。学校の方針は?

私は子どもたちだけで動くことは推奨している。大いに考え大いに動くことは構わない。しかし、そこには一定のルールがあると思う。夜の十時を過ぎてまでウロウロするのは異常なのではないか。こんなことがまかり通ることじたいが、狂っているとなぜ気づかないのか。あまりにも普段は学校で窮屈なことばかり言うのでその反動のような気がする。もっと子どもたちに考えさせ、自分たちでルール作りをさせられないものか。より感じさせられた。教育をもっともっと真剣に考え実行していく必要性を強く思う。

|

« 3・・・共時性 | トップページ | 三つのお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/8929475

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋・ビデオ店で:

« 3・・・共時性 | トップページ | 三つのお話 »