« 原子力発電から明治維新までの話 | トップページ | 高山へ »

2006年3月20日 (月)

21日の準備で・・・

21日の準備が間に合わず、今の時間までかかってしまった。これでようやく眠ることができる。

新しいパンフも完成した。ただ、まだまだ文字が多すぎて男性的。もう少しやわらかいものにしていきたいと思う。

また久しぶりに、高家寺ブログに新たなメッセージを入れた。http://mantra.way-nifty.com/kokeji/ テーマは「良い人は辞めよう」。実はこれ、ある政治家へのメッセージなのだが・・・。21日にそれを伝えるつもりなのだが、その前に予行演習をしてみた。そして、そのためには先ず文字化が必要だということで、ブログに記してみた。高家寺ブログを書くことも21日の準備をしていたことなのだ。

今月の守護尊は、アシュク如来。日光菩薩。金剛鉤菩薩。持国天。歓喜天。摩利支天。瞑想しながら得たメッセージはなかなか面白い。各仏からのメッセージ。一つ一つを祈りながら作っているのだが、どれも自分自身に当てはまるものだ。この守護尊曼荼羅、信者さんにはもちろんとても役立つものだが、実は作っている自分が一番ご利益をいただいていることに今更ながらに気がついた。人に物事を伝えるとき、大きく大宇宙と繋がっているときは、他者にも自分にもご利益がある。仏教ではそれは自利利他というが、まさにそれを実体感。食事もそう。人に食事を提供するときも、実は提供する自分もご利益をいただいている。人のお手伝いをするときも、お手伝いをしているほうもご利益をいただいている。サービスや奉仕・ボランティアなどの精神を実行に移すというのは実はそれをしている人も、それっを受ける人も大きな実益を得るもの。それに気づける人はまたそれで幸せが増す。ありがたいことだ。感謝感謝。

|

« 原子力発電から明治維新までの話 | トップページ | 高山へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/9169764

この記事へのトラックバック一覧です: 21日の準備で・・・:

« 原子力発電から明治維新までの話 | トップページ | 高山へ »