« 教え子の舞台 | トップページ | 横浜でゆっくり »

2006年1月14日 (土)

マドンナのプライベートシェフ

nishimura 昨年の12月中ごろからカミさんが急に「マドンナ・・マドンナ」と言いはじめた。世界のトップスターマドンナ。久しぶりのアルバムが出たからだ。その後、アメリカのファンクラブにカミさんが入る。半分冗談で、「来年2006年は私たちはマドンナの年です。感謝します。」と二人でわたって宣言していた。

今月の上旬、めったに見ることのない友人からのメルマガをカミさんが開いた。するとマドンナのプライベートシェフの講演があるとのこと。ところが名古屋で行われるその日は、忙しくてとてもいける日ではなかった・・・でも「もしかして」と思い調べたら、東京でもその講演会が。すぐに電話。そして席をGET!

今日はそのマドンナのプライベートシェフの講演に出かけた。彼女の名前は西邨まゆみ。愛知県出身・・・実は私たち夫婦ともに愛知県出身。しかも彼女は、あのマクロビオティックの巨匠久司道夫さんのお弟子さん。久司先生のお話は昨年6月に聞いたばかりで、そのときは先生と結構ゆっくりお話させていただいた。これもすばらしい縁。

講演の質問の時には私たち夫婦共に質問させていただき、結構ゆっくりとそれに対して答えていただいた。その後ミニコンサート。たまたま私の隣の席の人が先に帰ったのだが、そこに西邨さんが座った。・・・・おおおおおおお超ラッキー!

帰り際にカミさんが彼女を捕まえていろいろ話していた。

帰りの食事はもちろん表参道のBROWN RICEでマクロビオティック。

今年は私たち夫婦にはマクロビオティック年。ボストンにも縁があるようだし、もちろんマドンナにも。面白い年だ。感謝感謝。

|

« 教え子の舞台 | トップページ | 横浜でゆっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/8410892

この記事へのトラックバック一覧です: マドンナのプライベートシェフ:

« 教え子の舞台 | トップページ | 横浜でゆっくり »