2019年9月 7日 (土)

他者と何が違うのか? ある田舎真言坊主の独白

他者と何が違うのか?


少し、自問した。


すると、高校時代に大きな転機があったことが分かった。

父が単身赴任海外出張していたバンコクを訪ね、貧民街を伯父と二人で歩いてから人生観が変わった。

それまでは全くの理系で、人を相手にすることが苦手だった。ところが、その貧民街を歩いて、自分の持つ視野の狭さに躓いた。心の奥底に眠っていた自分が目覚めてしまった。

そんな時、本を読む機会が増えた。和訳だがギリシア古典を読むようになり、ついには哲学書に手を出してしまう。ハイデガーだった。さっぱり分からなかったが、読破して喜びを感じる。

そこから、キェルケゴールや、ショーペンハウエルなどの実存系の哲学書にはまっていく。しかし、読めば読むほど、奥底の声が違うと叫んだ。

聖書を読み始めた。旧約から新約を読み始めふた回り読破した時、ヨブ記の特異性に惹かれていった。

そんなある日、本屋でカール・ヒルティを知る。嵌ってしまった。法律学者であり政治家であった彼の根幹は聖書であった。『キリストにならいて』を彼を通して知り、愛読書とした。今思うと恥ずかしながら、パン屋で種無しのパンを焼いてもらい、ワインを買ってきて、一人でイエスを想い、食をしたことも数度ある。

それから、本だけではなく、宗教関連施設を訪ね、僧侶や神父、牧師を訪ねていくようになった。

その途中で、京都国立博物館で初めて曼荼羅(伝真言院曼荼羅と高雄曼荼羅)を見て、時間を失った。一時間、経っていたが私には1分も感じていない状況だった。

弘法大師への思いが募り、高野山に登ってしまう。


私の基本は、この頃にあった。乱読とは言え、多くの西洋古典や西洋哲学書を読んだ。ヒルティの影響が強く、カントやギリシア古典を多読した。聖書を何度も読んだ(通読はニ回)。その時の読書が、その後の密教理解にとても役立った。むしろ、密教を理解するための訓練を、カントやギリシア古典・聖書を通しておこなっていた。これも今思えば、私という自我を形成するために必要な過程であったと思う。

咀嚼する牙は西洋哲学やギリシア古典・聖書によって磨かれていた。


ヒルティを久しぶりに手に取った。岩波の『幸福論』は五冊は買っている。それくらいボロボロになるまで読んだ。書き込みもした。彼の全集も手に入れ、『幸福論』はドイツまで行ってドイツ語まで手に入れ、気になる単語の元の単語を調べるようにもなっていた。そして、いつのまにか、密教という牙でヒルティを読むようになっていた。


このところ、お寺の住職として、流れに流されている感が少なからずあった。

久しぶりのヒルティはそれを元に戻してくれた。


あの時の、心の奥底からの情熱を改めて見つめると、恥ずかしいが、やはり相当な熱量であったと思う。方向も間違ってはいなかった。もう一度、その流れの基本を見直す機会を得たように思う。


明日から変わるわけではない。


しかし、大きな大きな流れの中で生きている自分の個性を見つめ直せたことは大きい。

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

知らざる者・遅刻する者・祈らざる者は、あまりにも大きなものを知らないでいる

知らざる者は
たとえ見ていても
知る者が
何が見えているのかを
知らない

遅刻する者は
早く来る者たちが
交流で
何を得ているのかを
知らない

祈らざる者は
大いなる意志と
祈る者との
深き繋がりを知らない

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

どんな宗旨宗派にも密教あり

弘法大師の深い教えは、

あらゆるところに密教が有るというもの。

 

どんな宗旨宗派にも密教があり、

そこに触れたものは表面的な密教徒よりも

深い密教者だと私は感じている。

 

密教徒として密教者と手と手を取り合いたい^_^

 

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

形式的な宗旨よりも信仰心

広く深い信仰心を持つ人は匂いでわかる。
宗旨宗派を超え手と手を取り合える。

それは人知を超えた感覚。
互いに補完しあえる、
いわゆるオーラや使命があるのかもしれない。

宗派が同じであることよりも、
信仰心の広さと深さを
分かり合える人の方が
心地良い。

| | コメント (0)

業界人にはなりたくないなぁ

その世界に居続けると、
外から見ておかしいと思えることでも、
何も感じなくなり易い。

それを感じる感性は、
その世界からは異端視されがち。

業界人にはなりたくないなぁ。

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

若き日の思い:世俗的な欲望に背を向け、天上の深奥の流れに乗って出家し、いまもまた歩み続けています

若き日の写真を見つけました。若き日のメモを見つけました。若き日の写念仏を見つけました。

高野山に登ると決意したとき、出家を決意したとき、高野山を降りて塾に就職したとき、その塾をやめるとき、止むに止まれぬ思いが身体を駆け巡りました(その思いは一種の狂気なのかもしれません)。

そこには世間的な出世心や金銭的な欲望や単純な知的欲求はなく、遙かなる天上から、深奥なる内なる世界から、その両者から溢れ出てくるエネルギーが私を突き動かしました。そして今もそのエネルギーに乗って生きています。

そのために、ときには世間的な常識から外れることもあります。また世俗的な楽しみが、あまり好きではありません。飲む打つ買い、他者を支配するという世俗的な欲望を理解できません(理解したくもありませんが)。

真言密教の法で祈り、その教えを受け納得し、気付き、目覚め、感じ、体得することほど面白いことは私にはありません。そしてその一端を周りに伝え、共に歩む人と手を携えて歩み、一人でもほんの少しでも共鳴していただくことが至高の喜び。今はただそのために動いています。

寺子屋も、
環境省登録環境カウンセラーも、
中日文化センターの講師も、
ロータリー活動も、
徳川宗春卿のことも、
異宗教間対話も、
すべてが私にとって真言密教という大きな道の中のこと。

こうした道は誰にでも開かれたものではありません。ですから理解してもらえないことが多くあります(残念ながら表面的なお坊さんほどわかってもらえません)。

それでも私は今の道を歩んでいきます。
共に歩もうとする人がいる限り。
私から何かを感じ取っていく人がいる限り。

来月の半ばには、得度して丸34年を迎え、35年目を歩むことになります。あのときの深き強き思いを見つめ直し、その大きな流れに改めて感謝したくなり、こうした投稿をしました。

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

78:22, 22:78 この比の秘密 雑感

東京オリンピックでミニチュアガンダムが打ち上げられるとのこと。なかなか面白ニュース。一見無駄なようだが、こうしたことで技術が磨かれていくので、悪い話でありません。このガンダムのナンバーはRX-78。この78を見て、ふと思い出したことがあります。

22対78 (前後±1)をご存知でしょうか?

日本に周知させたのは、日本マクドナルドの創業者藤田田。そしてらこの藤田の理論を気に入り、藤田の下まで走ったのが孫正義。

ここで22と78に纏わる話をすると。

正方形を描き、その正方形に内接する円を描きます。すると、その円と正方形の間の余白と、円の面積比はおよそ21.5対78.5になります。およそ22対78です。

空気の成分は、窒素以外の気体 対 窒素 は22対78 です。

新生児の身体の水分75〜80%。ここでも 水以外 対 水分で22対78はおよそのところで成立しています。

78は12番目の三角数です。1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12=78

78も22も楔数(相異なる素数の積〈掛け算〉)でできています。
2×6×13=78 2×11=22

原子番号22はチタン 78は白金

タロットカードの総数は78

タロットカードの大アルカナは22

ヘブライ語のアルファベット数は22

ウルトラ兄弟の故郷はM78星雲

懐かしのレコードのSP盤は78回転

まぁ、偶然にしてはなんとなく傾向のある数字の様です。もちろんこの数字にとらわれると色々問題も生じます。ここが、この78とら22の面白いところ。

この適用も、まぁまぁというか、78%、敢えて八割弱くらいの気持ちで利用すると、とても良いのではないでしょうか?

一例を挙げると、「隣の三尺」。お隣同士もお互い気を遣おうという意味ですが、この22 78を利用できるのではないでしょうか。つまり、親しき仲にも礼儀あり。2割強の意識。手と手を繋ぐ程度。一方、親子や夫婦でも78程度が限度。その枠を超えず相手を尊重することができれば良い距離感になると思います。

商売でも、500円で110円のお釣りがあったり、1000円で220円のお釣りがあったり、また7800円というのは、売れ筋になりやすいそうです。

ただし、なんでもこれが適用できるかというとそれは否です。 こうしたものがあると万能だと思いやすいのですが、残念ながらそういう発想がこの22 78 が分かっていない証拠だと思います。

私個人のことで言えば、伝えたいことの核になる二割より少し多く表現して、その八割弱%を理解していただければ、時には逆に八割弱表現して二割強理解していただければ嬉しいと思いながら、講演や講義をするようにしています。

人との付き合いも、檀信徒や所属している会員とは二割強を超えないようにしています。寺子屋の生徒に対しても二割以上教えこまない、八割弱は自分で解けるように意識しています。これは自立しているからこそお互いに助け合える、二割強程度は手と手を取り合うためには、八割弱は自立していることが大切だと思っているからです。
このように自分なりに応用をしています。

繰り返しますが、なんでもこれを適用することは危険です。自分の気持ちの中で、この78 22を上手に使い、それぞれの工夫の中で利用することも可能かとおもいます。

他の数字も同じで、その数字の持つチカラに目覚めると、自分を深め広げることができるように思います。他に 21 28 3 5 7 は私がよく利用する数字です。

さて、どんな数字を利用されていますか?

 

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

元号 令の漢字の使い方を知らない人の批判は、悲しくなってきます。もっと事例を勉強すべし!令和は、「佳き和」で、良い名です!

元号のこと雑感

令の文字は下に付けば命令の意味が付与されます

例を示すと、司令・号令・政令・辞令などなど。

一方、上に付けば、良い・麗しいという意味に。例を示すと、令月(よい月)・令日・令士(りっぱな男子)・令嬢・令夫人・令節(よい節日)・令慈(他の母の尊称)・令色(優しく美しい顔・姿)・令人(りっぱな人)・令顔(美しい顔)令聞(名誉・よき評判)・令望(よい人望)等。

もちろん、令格などの例外もありますが、基本的には上記は成り立っていると思います。

それを調べもせずに批判する輩は、無知としか言いようがありません。令和・・・よき名だと思います。

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

気比神宮 再訪

福井県敦賀市の氣比神宮を訪れた後にある会合に参加しました。同じテーブルに偶然にも氣比神宮の総代さんお二人。
昨日まで生活と密着した神様と単純に理解していましたが、七柱おられることを教えていただきました。八幡神も含まれています。
真言宗の根本道場東寺の一つは鎮守は八幡さまです。一方で高野山は四社明神を祀り第三柱を氣比明神としますが、この中に八幡神抱えているのはなかなか面白いなぁと感じさせられました。
今日は氣比明神に導かれた、そんな感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

踏切で老婆が立ち往生 その時

各務原市のとある踏切。
ある老女が歩行補助車に野菜を載せて渡っていた。

私は踏切手前二番目の車。

老女の歩行補助車の車輪が踏切線路の間に挟まり、立ち往生された。

私は渋滞の非難を覚悟に、車を降りて助けようとした。

すると、前から来た小学生たちがその様子を見てその老女を助け出した。四年生くらい。

困った人を見逃さずに助けた子供達の行為が嬉しかった。

その様子を見て、私は子供達に「ありがとう」と伝えて、車のドアを閉めた。

ただ寂しかったのは、バックミラーを見ると、その老婆は小学生に挨拶するもなく、立ち去ってしまった。

一方、小学生は私の車に手を振ってくれた。私は何もできなかったのに。

子供達に多くのことを教えられた数十秒であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

心からの叫びが時に病を癒す

最近、末期癌から復帰した方々の声を数回聞いたことがあります。

ふたつのパターンがある流ように感じます。それを紹介。

一つは、今の現状を嘆かずに、数々の日常の出来事に心の底より喜びを表現した場合。偶然の一致が起きた時に、神の奇跡、神仏のお導きと、目に見えないものに深く感謝した場合。

もう一つは、絶望のあまり、心の奥底から、絶叫し、目に見えない神仏に助けを求めた場合。

いずれにしても目に見えない神仏に繋がりを得たり求めた時に、奇跡的なことが起きるようである。

こうした時に絶対的に大丈夫とは言えませんし、他にも要因があるのでしょうが、それなりに考慮すべきものかと思います。

不思議を呼び起こし体験することができる人と、できない人との差は、日常や緊急時の心のあり方に秘密があるように思えてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

本堂で本尊様にお供えする

読経や声明(しょうみょう)と、
コンサートホールで
本尊様に背を向け
観客に聴かせるそれらと
同じだろうか?
それを理解していれば
ホールもまた入り口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

「他山の石」  あれ?なにか変。よくよく見ると・・・

「他山の石」

ある真言のお坊さんが、画師に仏画を描いてもらったそうです。その仏画をネットで拝見。説明では胎蔵大日如来と公言されれていました。

しかし・・・あれ?なにか変。よくよく見ると・・・

・身体の色が白色
・月輪の中に蓮華が描かれる
これは金剛界大日如来のもの

胎蔵大日は
・身体は肌色・・・または黄金色
・蓮華の上に月の輪が載っている

もししこの絵のとおりならば、それは胎蔵大日ではなく、仏眼(胎蔵大日が金剛界の三昧に入る)とするのが正確です。

また細部ですが
・八葉白蓮華ではなく五色の多弁の蓮華
・宝冠が単純すぎる
これは如法に描かれていない

素人がこうした物を作るのは仕方がないと思うのですが、プロが喜んでいるのを見ると悲しくなります。

だからといって。知己ではない方の物ですから直接にお伝えすることはできません。

またそれを描いた方も、描いていただいた方も喜んでおられるので、一概に間違いだと糾弾することもできません。

なんとなく過去の一字金輪や仏眼など、いずれかの作品を真似ているのでしょう。

こうした作品を作る場合、自分勝手に作るのではなく、仏画や仏像に秀でた方にアドヴァイスを頂くことはとても重要に思えます。

仏像や仏画に限らず、あらゆる分野で自分勝手に物事をする方が増えています。

知っていて省略するのと知らずに省略するのとは大きく異なります。

私自身、その作品を見て、顧みて、知らずに省略したり真似たりしてはいないかチェックしたいと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

東洋大の看板撤去に関して

東洋大の学生が、竹中平蔵氏の授業を辞めるようにと「竹中平蔵による授業反対」の看板を立てた。それを大学側が撤去し、職員が学生に警告し、それを脅しと捕らえたという。
たとえ自分が気に入らない相手であろうと、公の場で大学の教師を批判する際に、呼び捨ては如何であろうか?品がないのではないか?
また授業が反対であるのならば、もっと別の方法での反駁も可能。
学長先生はとても真摯な方。それなりの態度で筋を通せば、成否は別として話を聞いてくれたはず。
大学職員の対応を批判するのは、この学生の行為の不当性から目を逸らすためのものなのではないだろうか?
あくまでも大学職員の言動を、大学其の者の発言のように報道することに悪意を感じてしまうのは私だけだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

一見、キレイに見えることでも、どこか心地悪さがあるものは・・・

最近、いろいろなところで感じること。

一見、キレイに見えたり、格好良かったりするんだけど、どこか心地悪さが残るもの(者・物)が多い。

こうしたものの殆どが、見せかけや偽物。

心の奥底の感覚に正直に見ると、今まで見えなかったものが見えてくる。

ありのままに物事を見る・・・これぞ、般若波羅蜜多!

この感性をもっともっと大切にしていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

メドベージェワとザギトワというフィギュアスケートの二大女王。彼女たちが、まるでアニメのフィギュア(人形)のように。

メドベージェワとザギトワというフィギュアスケートの二大女王。彼女たちが、まるでアニメのフィギュア(人形)のように。(笑)

安倍首相がロシアに訪問したこのタイミング。このCMは時流を見るに敏感で面白い。政府の対話以上に、両国の交流につながるのではないかと感じる。

このCMの企画者は、なかなかの策士^_^

https://www.asahi.com/articles/ASM1Q51VVM1QUTQP00T.html?fbclid=IwAR3SuzJ72r6b6_ZFU2zkNeVIprZ4_agZpfW6e0Osa5lZzIZAdbHVtHfuGeM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンランドの氷の問題が発表されました。温暖化という言葉では解決できないほど、地球の気候変動は大きくなっています。季節感をなくしつつある人間は、この気候変動の責任の一翼を担っているのは明白。

グリーンランドの氷の問題が発表されました。温暖化という言葉では解決できないほど、地球の気候変動は大きくなっています。季節感をなくしつつある人間は、この気候変動の責任の一翼を担っているのは明白。
タイタニック号が氷山への衝突コースにあっても、船内は遊興に耽っていたのと同じような気がします。

一人一人がいち早く目覚めること、それを深く望んでいます。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35131622.html?fbclid=IwAR3FuM3lbsRnh-ZZZ-FiiJqm3ORRiH5oSbTUPrE0cE1WmCj7eV6-mS1AB4M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

宗春卿のお墓詣り。名古屋平和公園。今年は年末に大きな企画を予定。宗春卿が正しく認識されることを祈るばかり。

1月18日に、宗春卿のお墓詣り。名古屋平和公園。日暮れ時。訪れる人も少ない。

鵜沼石を用いていることもあり、とても目立つ。卿の事績を思い出す。「民こそ全て」

この数年、宗春卿に導かれている。多くの出会い、多くの場所、多くの物。憑かれているのではないかと思えるほどの偶然の一致の数々。「民こそ全て」の想いを改めて胸にきざむ。

今年は年末に大きな企画を予定。宗春卿が正しく認識されることを祈るばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

奥義を得るには

誰もが奥義に達するわけではない。
またあるレベルの犠牲や努力もなしに、
奥義は得られない。
しかも奥義は言葉では伝わらない。

シンボルを体得すると、
時や場所を超えて
奥義は目の前に現れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

師が弟子を選ぶのではなく弟子が師を選ぶ

最近の密教に危機を感じています。それは、伝えられる者があるレベルの犠牲や努力を払って求めるものであり、伝える者が公募して教えるものではないからです。

「師匠が白いものを黒いと言ったら弟子はそれを受け入れなくてはならない。しかし、白いものを黒という師匠は問題。白いものを白いと言える師匠を選ぶべき。師匠が弟子を選ぶのではなく、弟子が師匠を選ぶもの。」
これは我が師が、密教の師弟関係を述べたものです。本当にこれは大切なことです。

ところが最近の傾向として、この人に学びたいということで、入門したり伝授を受けたり、受講することが少なくなってきました。資格要件があるとは言え公募された学院や伝授会・講義伝で学ぶことが殆ど。こうした公募されたものの中では、一人一人の機根(能力や縁)に合わせて、師匠は特殊な言葉を使うことができません。あくまでも汎論的な表現にとどまり、一人一人の奥深くに届く象徴を用いにくいのが現状ではないでしょうか?

多人数で学ぶのではなく、少人数で学ぶ。こうした機会が減っていることが、真言宗や天台宗の弱体化に繋がっているように感じます。
真言や天台の教えが弱まっているのではなく、それを受け継ぐ者の意志が弱いというのが根っこのように思います。

仰ぎ願わくば、各寺院のご住職方がもっと門戸を開いて少人数の教えを伝えていける体制が欲しいところです。
さらに受け継ぐ者は犠牲を払ってでも受け継ぎたいという思いを強くて持つことが肝要です。

師弟教育を考えた時、こうした根本を見忘れたくないものです。

繰り返します。密教の教えが弱くなったのではありません。それを受け継ぐ者の意志、ここに問題があります。

我が師は、今でも月に一回、ご自宅で少人数の輪読会を開いてくださっています。これに参加するには、時間をかなり割かなければなりません。時間的にも経済的にも労力的にも大きな犠牲を払い、我が師匠に学びたいと強い意志を持ってこうした会に積極的に参加しているメンバーには深く敬意を覚えますし、それぞれがしっかりと尊敬すべき活動をしているのも事実です。そして何よりも、一人一人の参加者を深い懐で見守ってくださり、受け入れてくださる師匠には、心の底より感謝しています。

こうした場が、世界のあちこちで営まれること、祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

定期的な祈りは何故必要?

高家寺では毎月21日の月例弘法大師報恩日としてお祈りをしています。

毎月、何故に定期的にお祈りをするのでしょうか?

私たちは現実世界の中で生活しているからです。現実世界では、煩悩の泥の中で生きて行かねばなりません。
その泥に汚染されずいるためには、定期的な浄化が必要です。部屋を使えば必ず部屋は汚れるので、掃除が必要であるのと同じです。

お坊さんは毎日の祈りで、浄化しています。ただなかなかそれは檀信徒には難しいもの。

だからこそ、檀信徒の方々には、せめて月に一度は、祈りで浄化してもらうことが最大の狙いです。

また、皆で祈ることで自分一人ぼっちではないということを感じてもらいながら、浄化をしてもらいたい、というのが高家寺の月例弘法大師報恩日の狙いの一つです。

その浄化とともに、ご縁のある方々の菩提を祈ることができますので、これもまた狙いの一つです。

高家寺に限ることではありません。ご縁のある寺社に定期的に訪れて、普段の生活の煩悩というドロを浄化されてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

#銀河英雄伝説 Die Neue These が始まった。前作を見た人はおそらく少なからず違和感を覚えるだろう。それでも・・・

#銀河英雄伝説 Die Neue These が始まった。前作を見た人はおそらく少なからず違和感を覚えるだろう。主要キャラクターの絵がかなり変化している。良い意味での一人ひとりの人間的臭みが表現されていた前作。それに比べ、今回は時代に合わせてか、人間的な臭いを感じにくくなっている。
しかし、原作が優れていることもあり、今回は今回で楽しめそうな気がする。声と絵に慣れるには数回掛かりそうだが、それでも純粋にこの話を楽しみたい。
特に、独裁による問題とその超克、民主主義の良さと衆愚という酷さをもう一度考えてみたい。今の時代にとても重要だから。
http://gineiden-anime.com/

今回はあっさり過ぎ去ったが、次回で、アスターテ会戦でのラップの無念さをどこまで描くんだろうか・・・ジャン・ロベール・ラップの死は恋人ジェシカの人生を狂わせる。平和運動に傾斜していくジェシカと、主人公ヤン・ウェンリーの人生にも多大な影響を与えていく。だからこそラップの死は重要な場面。さて、どうするのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

貴乃花親方への罵声を浴びせたのは誰だ!悲しい相撲協会

貴乃花親方が親方衆に謝罪した。その時に、貴乃花親方に罵声を浴びせた親方たちがいたという。
https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/201803290000085_m.html
この記事で不可思議に思った。
・怒号を浴びせかけた親方が誰であり、何と言ったのかが記されていない。
・誰も貴乃花親方をかばうことはなかったのか?

彼の問題は問題としてあるが、これでは貴乃花親方の公開処刑と同じこと。

またマスコミも、こうした記事を公正に記すには、罵声を浴びせたのは誰なのか。何を言ったのかを明確にせねばならないように思う。

親方衆は、こうしたマスコミの姿勢をいいことに、個人では何も言わず団体になったときのみ罵声を浴びせるものは、人格を疑う。そちらのほうがよっぽど問題。

貴乃花は弟子をかばい自らが矢面に立った。全ての恥を飲み込んでいるのは間違いない。一大親方だからこそできる、全てを受け切る対応。それが見えない親方衆は、所詮独りでは何もできない小者ばかりなのだろう。

国技のこの状態は、国会がつまらないことで足を引っ張る衆愚政治に陥っていることと、関係がないのではなく大いに関係しているように思う。今の日本の暗部であり病巣が露出してきているのではないだろうか?

自分の周辺でも気をつけていたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

民主制と独裁制 それぞれの優劣どこにあるのか?

独裁政権が増えつつある昨今。

欲望でできた歴史の長い独裁制。
歴史が浅く人間の理性でできた民主制。
単純に後者が良いとするのではなく、
何において優劣があるのか、
しっかりと見極めなければならない時代なのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

知ると知らざると・・・「富貴について」

28783677_10213417394581012_22128992 あるお茶人との対話で思うことあり。「富貴」という言葉

、単発で見ると、お金が多いとか貴族であるとか、そんな

下世話な意味に取れる。しかし、『論語』を知る者には、

「死生有命・富貴在天」という言葉が浮かび、下世話な話

とは全く異なる次元の意味が汲み取れる。

知ると知らざると、どちらが大きな間違いがあるのか?

私たちは知らないことが多すぎる。一生かけて学び続けて

いくからこそ、それまで見えない世界が見えて来るように

思う。

ちなみに写真の大日如来。気づく者、知る者には足元にあ

る仏像にも注意がいく。金胎両部。これも知る者のみ解る

こと(^。^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

空を見て独白  煩悩もまた慈悲

空を見て独白(^。^)
Aozora_2
雲一つない天気。昨日の嵐から一転、穏やかな日。真っ青というよりは、やや春霞がかかっている。霞は優しさを生む。
密教では雲や霧は煩悩の象徴だが、慈悲と観ることもある。なぜ煩悩が慈悲なのか若いうちは理解しがたいと思っていた。歳を重ねると、自然現象の霞にその意味を見出せるようになった。煩悩は優しさに繋がる。煩悩もまた昇華すれば菩薩の位でありうる。
最近はなんでも公開とか一方では個人情報とか両極端にすすんでいるが、密教の目から見ると両極端は戯論に過ぎない。世の中は、理想と現実の両方が絡み合って動いている。どちらか一方に寄るのではなく、どちらも包み込むような生き方をしていたいものだ。
若い頃、喧嘩っ早かった自分が微笑ましい(。-_-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

不動護摩 諸尊諸神の威徳を思う

Homa20180228 平成30年2月28日の不動護摩。
平成7年9月から毎月焚き続けている。
自分一人で祈る護摩もあるが、信者さんと共に焚く護摩も、約270回ほどになった。
その間、色々と工夫を凝らしてきた。その間に、浪切不動尊の御分身を祀るようにもなった。
お厨子も不思議なご縁でやって来た。
向かって右側に祀る日本の神々の大麻も美濃の旧家に祀ってあった御社を頂いて祀った。サイズも偶然にぴったりであった。
護摩が終わり、信者さんも帰られ、独り護摩堂で佇みながら、しみじみと、変化してきた日々を振り返った。
護摩堂に居てくださる御本尊はじめ諸尊諸神の誓願や威徳を思いつ、本堂をあとにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具

28379102_10213351035762083_36069802 今日の不動護摩の護摩木を切り終えた。
切る時はカン マンの種子二つをお唱えすると、とても気持ちが入る。
一本一本に墨を塗るときは、ウン タラター カン マンを唱えると一本一本に気合が篭る。
連絡も何も入らない夜中に一人で、この準備をする時間が好き。
護摩もほかに劣らず、準備で大きく異なる。一本一本の木への思いはとても大切。
さて、写真であげたのはSTAEDTLERのドイツ製の三角定規。
直角二等辺三角形の斜辺と、30度60度の角を持つ直角三角形の第二長辺は共に30cmある。大きさも素晴らしいが、マス目のうち方が絶妙。
護摩木のサイズを測るときも大いに役立っている。これは少し高いがお勧めの逸品。
良き道具を使って、物事を作り上げていくときの心地よさはなんとも言えない。
良きものを作り上げていくと、道具を選びたくなるもの。
弘法(大師)は筆を大いに選ばれた。
ものを作ることと道具を選ぶこと、今まではなんとなくおこなってきたが、そうしたことにもこれからもっと気をつけていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

寛容でありかつ倫理観の高い人間を目指したいもの

朴槿恵前大統領にたいし、懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)という途方もない罰を求刑した韓国の検察。さらに李明博元大統領をまもなく事情聴取する方針を固めたとか。
そしてこれを支持する国民。
鳴り物入りで自分たちが選んだ大統領を見世物のように断罪する。これを「浄化作用がある」と自慢する国民性があまりにも悲しい。
そう思うと、日本はじっくりと腰を据えた総理大臣を支持するようになった。どうでも良いことで足を引っ張る野党議員もいるが、それでも国民の圧倒的多数が首相を支えている。
首相が辞めても決して弾劾することはないだろう。非難をすることはあっても、決して裁判にかけたりすることはない。これを「浄化作用がない」という頓珍漢なことをいう国民もほとんど居ない。

寛容でありかつ倫理観の高い人間を目指したいもの。隣の国のニュースを見て、日本の良さを改めて感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

理念が先か?実践が先か?

理念が先か?実践が先か?

理念なき実践は暴走し、
実践なき理念は絵に描いた餅。
先人たちは苦労をして、
「理念を実現する実践」として
決着をさせたが、
それを理解していない者が多過ぎる(・・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

薄っぺらな慈悲

薄っぺらな慈悲を与えると、

勘違いする輩がいる。

未来を見据えて注意をすると

逆ギレしてしまう。

国際関係でも聞いたことがある話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

真っ平ごめん

一人ひとりが独立し互いに助け合う集まりは大切にしている。
しかし、互いにもたれあい、足を引っ張り合い、誰かを拘束し支配するような集まりは真っ平ごめん。
たとえそれが同じ宗派であっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

古き写真に思いを馳せる

26231792_10213002563330490_84894467 一昨年末、父が逝った。小さい頃の父との思い出はいくつもある。子煩悩であったのは間違いない。
朝に洗顔する時、車のミラーを見るとき、お風呂で鏡を見るとき、そこに父の面影を時々見る。父もまた若くして亡くなった祖父の面影を見ていたのではないか。何代にも渡ってそうしたことがあったと思うと感慨深い。
自分という存在には、数多の先祖の命が生きている。この身の小さな自分、自分はそんなに小さな存在ではない。
父との思い出の写真を見て、ふと思う(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

本への書き込み

今は書き込まなくなったが、10代後半から20代前半まではよく本に書き込みをしていた。

古い本を読むと、深みはないが気恥ずかしくなるくらい真っ直ぐで、今の自分を反省させられる書き込みが少なくない。
今、そうした本を定期的に読み直している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

墓参徳川宗春卿

25299180_10212784593601383_19454476 弟子の入院先に見舞い。
帰り道、近くに平和公園があることを思い出し、お墓まいり。
尾張7代藩主徳川宗春卿。
何度もこれで終わりと思ったが、その度に宗春卿のことをせねばならなくなる。
今日はある誓いを立ててきた。
ふと、帰路に思う。今日は何の日?
実は昨日が旧暦の10月28日、宗春卿の321回目の誕生日。
なかなか面白い日に宗春卿にまた導かれた。
今夜、帰宅後に宗春顕彰会の準備をしよう、と決意する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

個人的繋がりか?集団の繋がりか?

自分の周りを見た時、宗教団体・経済団体・そのほかの何かしらの組織の人ばかりなのか?

きっかけは何にしろ
個人同士の繋がりの人が多いのか?
バランスが取れているのか?
こうした視点も大切にしていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

縁は目に見えない 目に見えない縁が目に見える現象となる ご縁に感謝の祈りを捧げ続けていきたい

一人一人が祈る姿は美しい。
祖先を中心としたあらゆるご縁のある方々やあらゆるご縁のある物事・出来事への祈り。
縁は目に見えない。しかし縁は無いわけではない。目に見えない縁が、目に見える形に顕れたのがこの現象世界。
だからこそ、目に見える儀式で、目に見えない縁に祈りを捧げることも大切。その祈り縁に作用し、一人一人にまた影響を及ぼす。
縁を知るものと知らぬものとの差は少なく無い。

周りを見ると、祈りを忘れた人々が増えた一方、祈りを大切にする人々も増えているようにも思う。この両極化が何を意味するのかは分からない。

できれば一人一人が、見えない縁に感謝の祈りを捧げ、目に見える現象世界がより気持ちの良い世界であって欲しい。
そのための祈りと活動と発信を続けて行きたい。
(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

今日(7月20日)は何の日? 役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日 「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

今日(7月20日)は何の日?
役行者(役小角:神変大菩薩)の忌日
「役行者は個人的な超能力だけであったのではなく、葛城地域の親分であったのではないか?」

現行の暦であるグレゴリオ暦701年7月20日(旧暦 大宝元年6月7日:ユリウス暦701年7月16日)、稀代の修験行者役行者こと役小角(えんのおづぬ)が遷化した。

役行者に関しては伝説的な話が多く、どれが本当の話なのかはわからない。すべてを削ぎ取り、確実な事績だけを追っていても役行者の実像はわかりにくい。そうした、いわゆる学術的な判断で役行者を見つめると、そこにあるのは骨だけで、血肉が全く感じられない。むしろ後世の人が彼をどうして驚くほどの超能力者のように考えたのか、その心理の集合体こそが役行者の実像なのではないかと思う。

Ennoozunu00

真言を見つめると
「おん ぎゃくぎゃく えんのうばそく あらんきゃ そわか」
この真言から見えてくるものがある。「ギャク ギャク」とは聖天(歓喜天)の真言にも用いられ、聖天と役行者を結びつけている点が興味深い。聖天はビナヤカと呼ばれる魔物たちの首領にして彼らをよく使う。役行者も前鬼・後鬼という鬼神をよく使うと言われている。そうしたことから結び付けられたのではないだろうか。ここから読み取れるのは役行者は、人々から忌み嫌われる存在さえも使役できるほど懐の深い人であったことである。

Hokusai_en_no_gyoja_zenki_goki

ただ役行者は自らの出身地の奈良県葛城の神でもある一言主神が働かないことを責め立て、一言主の讒言によって伊豆へ流されてしまったという。これは一言主は、葛城賀茂のすぐ隣であり同族ではあるが、そうした身内の働かない者の讒言により失脚してしまったことを意味しているのではないだろうか?しかし、役行者のような呪術者が、単純に部下もしくはそれに相当する者の讒言によって流されてしまっては話は面白くない。ここを一言主という神の名を使うことにより、葛城でも東部に属する一言主の地域の人が、葛城の同族であり中部に属する高鴨神社の一族である役行者に反旗を翻したことを意味しているのではないかと思う。

それでも役行者は伊豆でも霊力を発揮し続け、霊峰富士山に毎晩登ったという伝説が生まれ、一層役行者の名声は高まっていった。孔雀明王法をよくしたという伝説につながるのも、孔雀は毒変じて薬となす明王であり、衆生とともによく生きた彼の性格を表しているのではないかと思う。

Ennogyoujya

超能力者としての彼についても面白いが、その超能力を覗いてみてみても彼の事績はとても面白い。むしろ単独の修行者というよりは、葛城地域の親分というイメージが浮かび上がってくる。

役行者に関してはミステリーが多い。今回は役行者が地域の親分であった可能性を見つめてみたが、超能力者である彼の側面についてはまた後日臨んでみようと思う。

今日は役行者を思い、彼が信仰した金剛蔵王権現に祈りを捧げてみようと思う。

7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

今日(7月19日)は何の日? 山岡鉄舟の忌日 「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

今日(7月19日)は何の日?
山岡鉄舟の忌日
「武士道を貫いた維新の英雄は金も名誉も命もいらぬ禅の居士」

明治21年(1888年)7月19日、9時15分、明治の偉勲のひとりである山岡鉄舟が、皇宮(皇居)に向かって結跏趺坐のまま絶命した。享年満51歳。半世紀を維新とともに駆け抜けた英雄の一人である。

200pxtesshu

高校生時代、不思議に思っていたことがあった。勝海舟と西郷隆盛による江戸城無血開城は有名であるが、将軍徳川慶喜の側近であるはずの勝海舟がどうやって西郷隆盛と会談に臨んだのであろうか?という疑問である。いきなり江戸城で会談し、お互いに相手を理解しようというのは、いくらなんでも、勝海舟と西郷隆盛であっても無理なこと。ではその背後に何があったのか?それを調べていくうちに、無血開城のときに山岡鉄舟が立ち会っていたことを知った。山岡については、幕末の剣の達人で、弘法大師流の書の名人であり、志水の次郎長と意気投合したということしか知らなかった。なぜ一介の御家人が立ち上がったのだろうか?

実は、勝海舟は身動きの取れない自分の代わりに山岡に西郷と会うように頼み込んだ。山岡はその勝の意を受けて、江戸城無血開城の前に、駿府の官軍の陣営にいきなり乗り込んだ。しかも「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄太郎まかり通る」と大きな声を出して堂々と入っていったという。そしてそこで西郷隆盛と会談。勝海舟から全権を預けられて山岡と西郷隆盛の会談がなった。そこでのやり取りはまさに真剣勝負。大きく撃てば大きく響く西郷。山岡の迫力と胆力に大きく響いた。そして、互いに譲歩をしあい、結果的には江戸城無血開城へと繋がった。西郷隆盛は「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と山岡を賞賛したという。

維新後、新政府に入り、西郷の願いで35歳のときに明治天皇の侍従として仕えた。しかし、西郷とは十年という約束をしており、45歳で皇宮を去り、維新で斃れた者の菩提を弔うために普門山全生庵を建てた。彼は、僧侶ではなく居士としての禅者であった。長徳寺願翁・竜沢寺星定・相国寺独園・天竜寺滴水・円覚寺洪川の下に参じ禅を究めていき、居士として天竜寺滴水から印可を与えられたる

そして満52歳を迎える直前(数53歳)に、胃がんで逝ってしまう。会葬者は五千人だったという。

山岡の一生涯は、西郷の言う「金も名誉も命もいらぬ」禅の居士であったと思う。だからこそ今北洪川(鈴木大拙の師)、高橋泥舟(山岡の義兄)らとともに、僧籍を持たぬ一般の人々の禅会として「両忘会」を創設したのだろう。

6

私も山岡の逝去した年齢を超えた。だからこそ、若くして逝った英雄山岡の生涯を見つめて彼の思いを受け止めてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

今日(7月18日)は何の日? 西郷従道の忌日 「成程大臣は器量の大きな軍人 才よりも徳で生きた人」

今日(7月18日)は何の日?
西郷従道の忌日
「成程大臣は器量の大きな軍人 才よりも徳で生きた人」

明治35年(1902年)7月18日、海軍初めての元帥西郷従道侯爵が逝去した。

Tsugumichi_saigo_2

西郷従道というと、私の頭に浮かぶのはまず愛知県犬山市の明治村にある西洋風の邸宅である。白亜の洋館はとても品が良い。彼の名を初めて知ったのは、その明治村であった。彼のことを調べて、かれの懐の深さがとても惹かれるようになった。

5

西郷従道は言わずと知れた維新の三傑西郷隆盛の実弟である。若き日は島津斉彬の茶坊主龍庵であったが還俗して慎吾と名乗る。

斉彬を信奉し尊王攘夷派の精忠組として明治維新で活躍する。

本来の諱(いみな:本名)は隆興(りゅうこう)であったが、薩摩弁の訛のために役人が「じゅうどう」と聞き取り、そのまま「従道」としたほどおおらかな人であった。通称は慎吾。

征韓論で兄の隆盛が下野した時、大山巌たちとともに陸軍少将として残った。西南戦争の際は陸軍卿代行として、兄との直接の戦禍は交えなかった。

参議・陸軍卿をつとめ伯爵となり、海軍大臣に就任。従来の度量の大きな性格を遺憾なく発揮したという。元老・枢密顧問官・海軍大将・侯爵となり元帥号を受けた。

総理大臣の候補として再三再四推薦されていたが、従兄の大山巌とどうように生涯それを受けることはなかった。それは兄西郷隆盛が西南戦争で逆賊の汚名を受けたことに対する弟としての思いがあったという。

西郷従道の生涯は学ばされることが少なくない。

「成程(なるほど)大臣」と呼ばれたほど人の話をよく聞く人であったという。しかも、細かいことは部下に任せ、功績も部下のおかげとし、大きな判断や責任は自分が背負ったという。まさに上に立つ者の鑑といえる。

尊敬してやまなかった兄隆盛に同行せずに、西南戦争の際も調整役に徹して政府に残り薩摩と政府の緩衝役で有り続けた。情深き人ではあったが情に流されず対局を見誤らなかった姿勢は大いに学ぶところ。1283857

才のある人というよりは、徳のある人であり続けた。だからこそ山本権兵衛のような才のあるものを上手に使えたように思う。

写真を見る限り、優しげな眼光の奥には、一徹な薩摩武士の片鱗が見える。

西郷従道も人であり、それなりの人間的な欠点はあったように思う。それでもそれを覆う如き器量の大きさは学ぶべきところがある。兄の悲しみを背負いつつも、あの白亜の西洋館のようにきれいな心が底にあったように感じる。今日は「才よりも徳」というい事をしっかりと見つめてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

今日(7月17日)は何の日? 第二代グレイ伯爵の忌日 「有能な政治家の伯爵は紅茶好きでその名を残した」

今日(7月17日)は何の日?
第二代グレイ伯爵の忌日
「有能な政治家の伯爵は紅茶好きでその名を残した」

1845年7月17日、元首相であったグレイ伯爵がイングランドの北部ホーウィック・ハウスで逝去した。ホイッグ党の有力議員で、野党に甘んじていたホイッグ党を政権に着かせたホイッグ党の指導者であり多くの人たちから信頼篤き政治家であったが、彼の名前はその政治的な名声よりも別のところにある。

Charles_grey_2nd_earl_grey_by_sir_t

スタートレックThe Next Generation(TNG) で、USS-Enterprise1701DおよびEの艦長のピカード(設定ではフランスのブドウ農園主の息子)がいつも注文していたもの、それが「ホットのアールグレイ」である。

360pxlipton_earl_grey_in_pile

アールグレイとは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶。フレーバーティーの一種である。日本ではアイス紅茶として人気があったが、最近では温かい紅茶でも人気が高い。

5186iyrgjl_sx425_

9487177_3l1

アールとは、Earlつまり伯爵という意味で、アールグレイとはグレイ伯爵という意味である。いろいろな伝説があり確証に至っていないが、いずれも第二代グレイ伯爵である。

実は私も、高校生時代からアイスのアールグレイが好きであった。トワイニングの缶を手に入れて四季を通してよく飲んでいた。ところがTNGでピカード艦長がホットのアールグレイを飲んでいる姿を見て、試しにホットで飲んでみた。最初はその芳醇な香りに戸惑いもあったが、慣れてくるといつのまにか紅茶はホットのアールグレイを飲むようになっていた。今も紅茶が美味しいお店ではホットのアールグレイを頼むことが多い。

Charles_grey

もちろん今日はホットのアールグレイを飲むつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今日(7月16日)は何の日? 板垣退助の忌日 「自由民権運動 板垣退助 清貧気概の政治家」

今日(7月16日)は何の日?
板垣退助の忌日
「自由民権運動 板垣退助 清貧気概の政治家」

大正8年(1919年)7月16日、自由民権運動で国民の圧倒的な人気を誇った板垣退助が逝去した。

4

板垣は土佐の中級藩士の嫡男として生まれた。「母が予を戒めて云ふに喧嘩しても弱い者を苛めてはならぬ、喧嘩に負けて帰れば母は叱って直ぐに門に入れない。成長すると、また仮りにも卑怯な挙動をして祖先の家名を汚してはならぬと教えられた」と退助は晩年、自分の少年時代を振り返り述懐している。そうした性格もあり、蟄居させられ、その間に庶民との交流を得る。このときに庶民目線の板垣の政治的な思想の基盤が生じた。明治維新を駆け抜ける。
維新の功により参与・続いて参議となるが、朝鮮国の無礼に激怒し西郷隆盛らと征韓論を主張する。しかし西洋帰りの岩倉具視らにより閣議決定を反故にされ、西郷とともに下野してしまう。
ここから、退助の政治活動が本格化していく。退助は五箇条の御誓文の「万機公論に決すべし」を根拠に、愛国公党を結成し、自由民権運動を推進していく。

岐阜で遊説中に暴漢に襲われ負傷(岐阜事件)。これが「板垣死すとも自由は死せず」というフレーズで世間に知れ渡っていく。実際は「吾死スルトモ自由ハ死セン」ということばであった。

210pxtaisuke_itagaki_bronze_statue_

その後、叙爵を三度打診された。二度は断るが、三顧の礼に反するということで三度目に叙爵して伯爵となる。しかし、子孫はその爵位を承けることはなかった。それは自由民権運動と家族制度は相容れなかったからである。彼は爵位があったために衆議院議員にはなれなかった。しかし、多くの議員たちをバックアップし、自由民権運動を支えていく。時には内務大臣として入閣することもあったが、基本的には自由民権運動の象徴として在野であることが多かった。

102733

彼は清廉潔白であった。岐阜事件で襲った犯人を特赦してほしいと願い出て特赦させ、犯人から謝罪されることもあった。中江兆民は「板垣は政治家としてよりも、むしろ個人としての美しい徳を持っていた近世の偉人である」と評したほどであった。

板垣は今の多くの政治家たちに欠ける気概を持って生きた人である。政権を望むのではなく、権力を望むのではなく、ひとりひとりの国民が自由闊達に生きていくことを目指して政治運動をしてきた。彼の生き様は様々なことを教えてくれるのは間違いない。

近日中に、彼が襲われた場所(岐阜公園内)に行き、「吾死スルトモ自由ハ死セン」の想いを受け止めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

今日(7月15日)は何の日? 奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日 「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

今日(7月15日)は何の日?
奈良時代の玄昉(げんぼう)僧正の忌日
「奈良時代の秘密を背負った傑僧」

746年7月15日(旧暦天平18年6月18日)、筑紫(福岡県太宰府市観世音寺五丁目)の観世音寺別当である玄昉が遷化した。

Vol24_bod_img_01_l

彼の俗姓は阿刀氏である。阿刀氏からは、玄昉の師匠の義淵、玄昉の弟子の善珠という法相宗の高僧が出ています。また、弘法大師(空海)の母方は阿刀氏で、この阿刀氏が真言宗の総本山東寺(教王護国寺)の勝手方(執事)を担ってきました。この阿刀氏の神社が東寺の東北にある石上(いそのかみ)神社。石上の本社は天理にある石上神宮。物部氏の神社です。ここから見ても分かるように阿刀氏は物部一族。怪僧として名高い道鏡は弓削氏出身ですがこの弓削氏も物部一族です。

物部といえば仏教排斥で蘇我氏と争ったことになっていますが、その物部と同族である阿刀氏は奈良から平安にかけての傑僧を出し、奈良の仏教界をリードしていました。物部が仏教を排斥したかどうかは別問題ですので詳しくは述べませんが、蘇我氏も含めて飛鳥時代から奈良時代の謎はいろいろあるようです。

そのなかでも際立って不思議な人物が、今日を忌日としている玄昉僧正です。

吉備真備と共に唐に二十年間留学し、玄宗皇帝により高く評価され、経論5000巻の一切経と数多くの仏像と共に帰朝した。聖武天皇の母君である藤原宮子の病を癒し、聖武天皇から絶大な信頼を得ることになった。
聖武天皇の皇后藤原光明子(光明皇后)の皇后宮(元藤原不比等邸宅)の隅に隅寺(すみでら)が創建されており、その初代となったのが玄昉である。隅寺は海龍王寺といい、留学生たちの安全を祈願するお寺にもなった。

(歴史的に見るとこの海龍王寺は留学や海外渡航する人たちが祈願する日本の代表的なお寺だと思っている)

余談だが海龍王の娘が善女龍王であり、弘法大師ととても縁が深いのは何らかの理由があろう。善女竜王の夫は牛頭天王であり、祇園祭の祭神。玄昉の忌日・弘法大師の忌日・祇園祭の祭日が、三日以内にあるのもまた面白い。

ところが、藤原広嗣が玄昉を排除しようと九州で藤原広嗣の乱を起こし、藤原仲麻呂が権力を握ると玄昉は筑紫観世音寺別当に左遷され、翌年に遷化した。

権力者によって排斥され、そのときにさまざまな噂を塗りつけられ、俗説が定説化してしまった人物の代表が玄昉僧正。記録が少ないので研究は大変であるが、時代背景を見直して、彼の事績を見つめ直すことは重要である。そこに大仏をはじめとする奈良時代の秘密が隠されているように思える。

玄昉僧正、今日はゆっくりと祈ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

今日(7月14日)は何の日? 宇井伯壽師の忌日 「三河武士の如き仏教学の泰斗」

今日(7月14日)は何の日?
宇井伯壽師の忌日
「三河武士の如き仏教学の泰斗」

1963年(昭和38年)7月14日、日本の仏教学の泰斗、宇井伯壽博士が逝去した。享年満81歳。宇井博士は愛知県宝飯郡御津町(現在の豊川市)で1882年(明治15年)6月1日に生まれる。茂七という名であった。道号は活翁。

Image005

十代前半で、現在の豊川市伊奈町にある東漸寺で出家し伯壽となる。曹洞宗の僧侶となった。優秀で住職より「「たとえわしの袈裟を質に入れても、お前は大学まで出してやる」と言われたという。現在の愛知中学・東洋大学京北高校を経て、東京帝国大学印度哲学科に入学。曹洞宗東慈寺(岩手県)の住職でもある木村泰賢東京帝国大学教授は同期であり、彼とともに高楠順次郎に師事する。高楠をして「これこそ本当のアルバイト(学術論文という意味)だ」と言わしめたが、木村が主席で宇井は次席であった。ドイツのチュービンゲン大学(ガルベ教授に師事)・イギリスのオックスフォード大学・ケンブリッジ大学などに留学。東京帝国大学から博士号を得、東京帝国大学や東北帝国大学で教鞭をとり後進を育成。
また僧侶としては出家した東漸寺の住職になる。ただし寺からの収入は全て弟子の育成に用いたという。

19961264_10211602938380741_32082253

駒澤大学学長にもなり、帝国学士院会員となり、文化勲章も受賞している。東京大学インド哲学の基礎を作った人物でもある。戦前・戦後に渡る日本を代表する仏教学者であり、中村元も彼の弟子。

『印度哲学史』『禅宗史研究』『仏教思想研究』『仏教思想の基礎』『仏教哲学の根本問題』『摂大乗論の研究』『仏教汎論,上下』『唯識二十論研究』『釈道安研究』『陳那著作の研究』など。

5323422491

伝統的な仏教学に対してヨーロッパの文献学を導入。サンスクリット・パーリ・漢訳の各経典論疏に対する多大な知識を用いて仏教思想とインド思想を研究した。また原始仏教の縁起説を論理学的解釈することを唱えるなど、多大の業績を残す。現代の仏教学の基礎を作り上げたひとりでもある。

三島由紀夫が『豊饒の海』を書くために宇井の『摂大乗論』などを読み込み、阿頼耶識を理解しようとしたのは知る人ぞ知る話。

19959297_10211602938460743_41737889

不思議なことに宇井の結婚の記録は全く残っていないらしく、結婚したのはおそらく留学から帰国の一年後くらいのことではないかと推測されている。年齢は15歳違っていた。

伯寿は、死ぬまで三河弁丸出しだったという。若いうちから禿頭であり、三河の田舎者そのもの。学風も質実剛健の三河者らしく、厳密な考証で一言一句も疎かにしない研究態度であったという。仏教学に一生を捧げた三河者。彼もまた三河武士のような人であったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

今日(7月13日)は何の日? 江戸幕府九代将軍徳川家重の忌日? 「評価の見直しが必要! 障害を持ちつつ多くを部下に任せた優れた人事をおこなった傑物」

今日(7月13日)は何の日?
江戸幕府九代将軍徳川家重の忌日?
「評価の見直しが必要! 障害を持ちつつ多くを部下に任せた優れた人事をおこなった傑物」

1761年7月13日(旧暦宝暦11年6月12日)、江戸幕府九代将軍であった大御所徳川家重が薨去した。中興の英雄八代将軍吉宗の長男。偶然にも新暦では父の忌日のちょうど十年後の翌日に薨去したことになる。生来、病弱であり、ポリオを患っていた可能性が指摘されている。そのために一部の幕府官僚から軽く見られていたようだ。

250pxtokugawa_ieshige

父親の八代将軍吉宗は、親政であった享保の前半は御側御用取次の小笠原胤次・有馬氏倫・加納久通と老中水野忠之と共に親政を行っていた。ところが、従五位下(譜代の一般大名)筆頭の松平乗邑(のりさと)が老中になってからは、官僚政治へと変わっていった。水野忠之は実権を奪われ、御側御用取次の面々は旗本から小大名に格上げされて逆に自由を奪い、将軍吉宗自身は後継者育成に意識を傾かせ、実務に関しては老中を筆頭にした官僚組織を徹底的に用いた。

吉宗が、家重付きの西之丸老中としたのは美濃加納藩主安藤信友・上野沼田藩主黒田直邦・下総古河藩本多忠良(本多平八郎流宗家)・美濃岩村藩主松平乗賢たちである。本多は一年のみであったが、いずれも名君で名高いあ優秀な人物である。西之丸老中は本丸老中と異なり幕府の政務には携わらない。次期将軍の養育を主な業務とする。吉宗は、政務の本丸老中を切れ者の松平乗邑に預け、家重の養育には人格者を配置したことがよく分かる。そして家重自身も彼らを大切にした。一方、家重は乗邑を嫌い、彼の実弟を西之丸若年寄から追放したりしている。
西之丸老中だけではなく、小姓も大岡忠光という人格者を配置し、田沼意次も家重によく仕えた。

家重は、見た目は暗愚であったかもしれない。しかし、遺体からすると歴代将軍の中では最も顔立ちは整った人物であったという。決して彼は中身までもが暗愚であったわけではなく、それを外に伝える方法に障害があっただけではないだろうか。その思いを最もよく受け止めたのが御側用人となる大岡忠光である。

家重は、官僚として横柄を究めたという理由で、将軍に就任した直後に松平乗邑を蟄居謹慎処分にした。そして父が敷いた官僚制度を良しとせず、御側用人による側近政治を始める。しかも、父の時代の最後に老中となった下総佐倉藩主堀田正亮はじめ老中たちを罷免することなく彼らの政務を大切にした。そのときに見出した人物の一人が尾張藩の縁戚である越智松平武元である。家重はまさによく人を見極めた優れた人物であったのかもしれない。

障害を持つものへの評価が低かった時代にトップに立った徳川家重。自分ができないことのために、人事をよくよく見極め、自分は何もしなくとも政務が動いていくようにした稀有な人物であったように思う。障害を持つ人への偏見に満ちた見方をしている、彼へのあまりに低い評価は見直すべきではないだろうか?

障害者と、組織のトップのあり方のお手本の一つといえるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

今日(7月12日)はなんの日? vol.2 暴れん坊将軍こと徳川宗の忌日 「米将軍と呼ばれた忍耐の人」

今日(7月12日)はなんの日? vol.2
暴れん坊将軍こと徳川宗の忌日
「米将軍と呼ばれた忍耐の人」

1751年7月12日(旧暦寛延4年6月20日)、江戸幕府八代将軍であった大御所徳川吉宗が薨去した。享年数え68歳。

1024pxtokugawa_yoshimune

紀州家二代徳川光貞の四男として生まれたが、母親の身分も低いこともあり家老の加納家に預けられて育てられた。次兄の次郎吉が亡くなるとお召により江戸藩邸に移る。数え13歳で従四位下右近衛権少将主税頭を初任官し、松平頼方(最初は頼久)と名乗る。半年後に五代将軍綱吉が紀州藩邸に訪れた際は控えの間に居たが、将軍家御側用人柳澤吉保のはからいで、将軍に初謁見。越前(福井県)葛野藩3万石藩主となるも、紀州徳川家の御連枝(分家)であったので江戸の常住となる。数え二十二歳の時、二人の兄が続いて亡くなり、紀州徳川家五代藩主吉宗となる。
六代将軍家宣が薨去した際に、尾張四代藩主徳川吉通の次の七代将軍候補となるが、家宣実子の家継が七代藩主となる。数え33歳のときに、家継が薨去。すでに徳川吉通も薨去しており、その弟の尾張徳川六代目の継友と将軍位を競うが、家宣夫人近衛煕子の裁定で吉宗に決まる。煕子の姪の安己姫は継友の婚約者であったが、煕子は吉宗を選んだ。奇行の多い継友ではなく、紀州藩を立て直した英雄吉宗であったからかもしれない。
吉宗は、五代将軍綱吉を敬愛していた。お墓も彼と合祀されるほどである。またその御側用人大老格であった柳澤吉保は吉宗には恩人でもあった。その柳澤を蔑ろにした老中格の間部詮房と、将軍家儒官であり鬼と呼ばれた権力者新井白石を吉宗は退けた。吉宗の政策は綱吉よりも家宣に近かったが、吉宗は真鍋も新井も徹底的に排除し、彼らが行なった政策をひっくり返してしまう。

531bf91587d934a42caf6c8945cf3fba
老中も徐々に入れ替え、享保年間の前半は岡崎藩主水野忠之、後半は大給松平家宗家の乗邑を中心に政治を行った。一般的には御側御用人を通じた親政であったと言われるが、それは前半であり、後半は松平乗邑に政務は任せ、吉宗は九代将軍家重の養育に苦心する。
そして起きたのが、将軍継承時から可愛がり尾張徳川七代藩主にまで引き上げた徳川宗春の事件である。一般的には、吉宗の質素倹約に対して、正反対の政策を取り、宗春は将軍家に逆らったというがそんなに単純なものではない。おそらくは、幕閣が朝廷とのやり取りで失策をし、朝廷と縁が深かった尾張徳川を巻き込み、宗春を謹慎させることで事件を修めたというのが真相ではないかと思う。このあたりは拙著『徳川宗春 <江戸>を超えた先見力』(風媒社)を読んでもらいたい。
吉宗は、様々な改革をしたが、松平乗邑が起こした強引な政策は朝廷をも激怒させ、吉宗が隠居すると同時に、九代将軍となった徳川家重によって乗邑は蟄居謹慎になってしまう。そのときに吉宗は一切助け舟を出さなかった。ここに吉宗の乗邑への本当の思いが見て取れる。

米将軍と呼ばれた吉宗について書きたいことは山ほどある。ここでは書ききれない。ただ彼を調べれば調べるほど、辛抱の人であったことがよく分かる。将軍についたからこそ自分の思うようにできないことがたくさんあったように思う。

宗春研究を続けていく過程で。吉宗という人の今まで知られていなかった辛抱強い本当の思いを紐解いていければと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日(7月12日)は何の日? 鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日 「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

今日(7月12日)は何の日?
鈴木大拙(すずきだいせつ)の忌日
「日本的霊性ZENを世界に広めた居士」

昭和41年(1966年)7月12日、満95歳、鈴木大拙居士が逝去した。日本の禅を世界に知らしめた大功労者である。

Daisetsu_teitar_suzuki_photographed

彼は出家者ではない。しかし、学生時代から鎌倉円覚寺の今北洪川や、その跡を継いだ釈宗演に参禅していた。今北洪川は在家仏教を称揚した禅僧であり、釈宗演は「禅」を「ZEN」として欧米に伝えた初めての僧侶であった
鈴木は本名を貞太郎という。釈宗演は今北洪川の師である京都の相国寺の大拙承演と同じ名を貞太郎に授けた。鈴木は、本名よりも居士号である鈴木大拙として有名になっていく。。今北洪川は元々は江戸時代末期に私塾を開いていた在家者であったが『禅門宝訓』を読んで出家への思いを立ち難くなり、妻子を捨てて出家した人物である。その彼は在家仏教を大切にし、強く影響を受け今北洪川の師匠の名を得た鈴木大拙が出家することなく在家居士として活躍することになったのは面白い。

8f801c9218cf275999f08d929061e414

鈴木は釈宗演に選ばれ渡米し、日本仏教の思想の中核をなす如来蔵の重要な典籍『大乗起信論』を英語訳して出版。『大乗仏教概論』など数多くの著述を英語でなし禅をアメリカに伝えた。帰国後は円覚寺に住み、学習院で英語を教えるようになる。釈宗演の下に出入りしていた神秘主義思想の神智学徒のベアトリス・レインと知己を得て結婚。彼女の力を得て日本仏教を英語に直し、大谷大学教授となり京都へ移住。英語で大谷大学より博士号を取得した。ベアトリスの影響で神秘学にも興味を示していた。だからこそ「霊性」という言葉を彼は多用したのかもしれない。「霊性」で臨済禅や浄土を理解しようとした稀有な存在でもあった。妻が先立ってからも積極的に海外に出かけZENを布教して回る。

Resize_image

彼が居なければ欧米にこれほどZENが有名になることはなかったであろう。また禅にともなう日本文化も彼を通して世界に広まったと言っても過言ではない。
日本仏教の居士として世界を駆け巡り日本仏教、特にZENを広めた功績は多大である。世界規模で見たら、二十世紀最大の仏教徒の一人に挙げられるのではないだろうか?

Photo

今日は鈴木大拙の本を読んで、日本的霊性を見つめてみようと思う。そして彼の師匠である今北洪川と釈宗演を見つめてみたい。ここに今の僧侶の進むべき道のヒントがあるように思えてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

今日(7月11日)は何の日? 破壊王 橋本真也 の忌日 「13回忌の破壊王 闘魂三銃士 記憶に残るプロレスラー」

今日(7月11日)は何の日?
破壊王 橋本真也 の忌日
「13回忌の破壊王 闘魂三銃士 記憶に残るプロレスラー」

平成17年(2005年)7月11日、プロレスラー橋本真也が逝った。彼はアントニオ猪木率いる新日本プロレスの闘魂三銃士として、蝶野正洋・武藤敬司と共に名を売った。

B3d9c31a6a4cb1115be89a02a0086f63

三銃士の中では最も若かったが、早くチャンピオンになり頭角を現し、新日本の屋台骨を支えたた。名勝負もいくつもあった。アントニオ猪木や藤波辰爾が老いていく中、彼は新日本を間違いなく引っ張っていた。

新日本プロレスの代表として、アントニオ猪木が連れてきた柔道王の総合格闘家小川直也との抗争はセメントマッチ(ストーリーのない本気勝負)であり、凄惨なものがあった。ここから彼の歯車がし腰ずつ狂っていく。

私生活は細かいことを気にせず、おちゃめであり、いたずら好きであり、夜遊びも激しく言葉もぶっ飛んでいた。それでも多くの者から好かれていたのは、その天真爛漫ゆえであろう。ある意味豪快な生き方をしたこともあり、元々合わなかった長州力(橋本の天真爛漫さを理解できなかった)と激しく対立し新日本を離脱。

Mig_2

ZERO-ONEを立ち上げるも、興行に関してはフロント事務方と意見が合わず、結果的には負債を自分が抱えることになる。それと共に私生活も乱れていた。

様々な無理が祟り満40歳を超えたばかりの平成17年7月11日帰らぬ人となった。その戦いぶりから「破壊王」の異名を取ったが、自らの身体も破壊してしまった。満四十歳。あまりにも若い死であった。

私生活は乱れていたとは言え、彼の交友は幅広く、一万人以上の人が葬儀に参列した。出棺時に橋本の入場曲『爆勝宣言』が鳴る中、参列者から数千本の赤紙テープが投げられ、「ハッシモト」コールに包まれて送り出されたという。

私は長きに渡ってプロレスファンであった。闘魂三銃士と同世代であり(蝶野と同い年、橋本よりも二つ上)、闘魂三銃士は非常に身近であった。しかも橋本は岐阜出身。彼が亡くなった時、実は呆然としてしまった。早すぎる死に、ショックを覚えた。それぞれが別々の道を歩みながら、大きく闘魂三銃士の三人で新たな道を作りつつあった矢先。武藤や蝶野のことを思うと、いてもたってもいられなかった。それくらい私はプロレスファンであった。今思えば、橋本の死から私はプロレスから離れていったかもしれない。最近は全く観ていない。

プロレスにはストーリーがある。そのストーリーの中で自分の技を出して魅了する。常人では絶対に入れない領域の練習量をこなし、常人を凌駕した肉体を作り、そのなかで常人ではありえない技を応酬し、観衆を魅了していく。プロレスには大いなる魅力がある。八百長云々を語るものにはプロレスの魅力はわかりはしないだろう。プロレスから離れて10年近くなる。橋本の十三回忌を期に、ガチンコ(セメント)では分からないプロレスの魅力を改めて確かめたくなった。人生の大いなるヒントが詰まっている。

今は、「爆勝宣言」を流している。今日は彼の十三回忌。彼が試合前に結んでいたのは金剛界大日如来の智拳印。大日如来に今日は彼の追福菩提を祈ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

今日(7月10日)は何の日? 蘇我入鹿の忌日(乙巳の変:大化の改新の始まり) 「蘇我入鹿は本当に悪人だったのか?」

今日(7月10日)は何の日?
蘇我入鹿の忌日(乙巳の変:大化の改新の始まり)
「蘇我入鹿は本当に悪人だったのか?」

645年7月10日(皇極天皇四年六月十二日)、大臣(おおおみ)の蘇我入鹿が、中大兄皇子(後の天智天皇)・中臣鎌子(後の藤原鎌足)等によって天皇の前で誅殺された。この事件を乙巳の変(いっしのへん)という。いわゆる、大化の改新の始まりである。

Irukaansatsuzu

乙巳の変のときに重要な役割を果たしたのが蘇我倉山田石川麻呂である。入鹿と同じ蘇我氏であり、入鹿の従兄弟に当たる、彼の娘二人が乙巳の変の前に中大兄皇子に嫁いで、子をなしており、石川麻呂もまた中大兄皇子に与するものであったという。そのために大化の改新では右大臣となり、蘇我氏は滅ぶことなく存続した。ただし四年後に、孝徳天皇の義父である左大臣の阿倍内麻呂が没すると朝臣では最高位となるも、二ヶ月後に異母弟の讒訴により義息子である中大兄皇子に撃たれた。なんと中大兄皇子により、石川麻呂は討たれ、後にそれが謀略であったことが明らかになっている。
私の住む各務原市は、その蘇我倉山田石川麻呂と縁が深い土地であるが、これについてはまた後日に別項で記そうと思う。

さて、入鹿は専横であったがゆえに誅殺されたという。

ところが、物部守屋との戦いでもそうであったが、蘇我氏はどちらかというと大陸の唐の制度を取り入れようとしていた進歩派であった。一方、中臣鎌足の中臣氏は物部とともに仏教を受容することを拒んだグループであり、どちらかというと守旧派であった。ただし、鎌足の長男の真人(まひと)は乙巳の変の八年後に出家して定恵と名乗り僧侶となっている。仏教を受容した蘇我氏でさえ僧侶を出していないにも関わらず、仏教を排斥し蘇我氏を滅ぼした中臣氏から、その長男が僧侶となっているのは歴史のミステリーの一つである。

また中大兄皇子(天智天皇)の諱(いみな:実名)は葛城(かつらぎ)で、ここにも何か秘密がありそうだ。さらに中大兄皇子に奈良時代の淡海三船(おうみのみふね)が「天智天皇」と漢風諡号したのは注目される。天智とは、殷(いん:国名は商ともいう)の紂王(ちゅうおう)が最後まで身につけていた宝玉で、紂王の分身であるとまで言われていたものである。紂王とは妲妃(だっき)という女性に色狂いし、政治を疎かにし、酒池肉林という言葉の元を造った人物で、中国史上最悪の人物である。淡海三船は大友皇子の曾孫だから天智天皇の玄孫である。直系の先祖にとんでもない名前をつけた理由は何なのか、ここも不可思議である。紂王を討ったのは周の武王、つまり天武は武王ということなのかどうかは分からない。

Iruka

蘇我入鹿は、後の歴史では天智天皇と藤原鎌足を正義とするがゆえに、悪の権化のように扱われる。聖徳太子の子である山背大兄王を追い込み滅ぼしたのは事実だ。その悪人を討った正義であるはずの天智天皇と藤原鎌足にはあまりにも謎が多い。
天智天皇を見ると、乙巳の変の後もすぐに即位できず・蘇我倉山田石川麻呂の征伐・白村江の戦い・額田王をめぐる大海人皇子との確執・孝徳天皇の意を無視した飛鳥板蓋宮への遷り直後に孝徳天皇が崩御・孝徳天皇の遺児である有間皇子の謀反討伐・天智天皇の同母妹間人皇女(孝徳天皇の皇后)との倫ならぬ関係など分からないことが多すぎる。

つまり蘇我入鹿もまた謀略に巻き込まれ、悪人の名を刻まれた人物である可能性もある。

蘇我入鹿とその周辺から、感じることがある。

誰かが意図的に築き上げたイメージで物事を見ると、目が曇ってしまうことだ。

自分のこれからの生き方の中でも、こうしたことがないように務めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日(7月9日)は何の日? 森鷗外(本名:森林太郎)の忌日 「マルチな活躍をした文豪でもあった軍医」

今日(7月9日)は何の日?
森鷗外(本名:森林太郎)の忌日
「マルチな活躍をした文豪でもあった軍医」

大正11年(1922年)7月9日、文豪で軍医でもあった森鷗外は、親族・賀古鶴所(親友の軍医・歌人)らが付きそう中、腎萎縮・肺結核のために満60歳で逝去した。

Mig_1

森鷗外は、夏目漱石と並ぶ、明治から大正にかけて活躍した文豪として有名。
作品として主なものは
小説としては『舞姫』『うたかたの記』『ヰタ・セクスアリス』『雁』『興津弥五右衛門の遺書』『阿部一族』『佐橋甚五郎』『大塩平八郎』『堺事件』『山椒大夫』『最後の一句』『高瀬舟』『寒山拾得』
翻訳としては、『於母影』、アンデルセンの『即興詩人』、ゲーテの『ファウスト』、オスカー・ワイルドの『サロメ』
史書としては『渋江抽斎』『伊澤蘭軒』『帝諡考』
戯曲としては『生田川』
詩歌・作詞としては『うた日記』『横浜市歌』『浜松市歌(現在は廃止)』
その他、表現・随筆・日記がある。

Ojii_1thumb250x3531846

しかし、森鷗外は公式には医師であった。15歳で第一大学区医学校予科(東京大学医学部)に入学し19歳で卒業している。しかも、軍医として勤め、ドイツへの留学も軍医としてのものであった。陸軍大学の教官や東京美術学校の専修科の美術解剖学講師も勤め29歳で医学博士。日露戦争にも参戦し、戦後はロシア赤十字社員の護送に尽力。47歳で文学博士号が授与された。最終的には最高位であった陸軍省医務局長・軍医総監(陸軍中将相当)として八年あまり勤めている。勲章も何度が受けており、勲一等瑞宝章・勲一等旭日大綬章・大礼記念章も受けている。
54歳で予備役に編入後は帝室博物館総長に就任し高等官一等になり、帝国美術院の初代院長に就任。- 臨時国語調査会長にもなった。

多義に渡る文学作品だけではなく、社会的な分野でも活躍しており、まさにマルチな人であった。また女性蔑視観があまりなく、与謝野晶子や平塚たいてうなどをも高く評価したという。酒嫌いの甘党であったことも有名である。お酒を飲まなかったからこそ、あれだけの作品を生み出せたのかもしれない。

Ougai_mori_october_22_1911

面白いところでは、明治と大正の元号には違和感を感じており、その意向を受けた漢学者吉田増蔵に元号研究の『帝諡考』の後事をたくし、吉田が「昭和」を元老院にの元号を考案勘申した。また吉田は、今上天皇の諱「明仁親王」など皇族の多くの御名を考案したという。これも鷗外の影響が強かったのかもしれない。

鷗外のマルチぶりには舌を巻く。逆にいうと人はこれだけの仕事ができるのだと勇気づけられる。怠惰な気持ちになったときこそ鷗外を思い出したい。

今日は鷗外を読もう。

270pxmori_ogai_tomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日(7月8日)は何の日? ヴィヴィアン・リーの50周年忌 「風と共に去りぬのスカーレット・オハラ 絶世の美女は実は演技派だった」