2017/06/09

戸隠神社 奥社 参道そのものが神そのもの  ゴールも大切だが歩む過程の大切さを教えられる

長野市の戸隠神社 奥社。
一昨日、信者さんたちと詣でる。

この神社は私たちが住む
各務原市の那加地区の鎮守さまである
手力雄神社の元神さま。

2キロの参道は
ゆったりと山を登って行く

妻の叔母は両股関節を手術しており
杖をつかねばならないほど
不自由をしている。
今回は途中で諦める予定であった。
ところが神が彼女を呼んだ。
皆でサポートをしつつ
階段の最も低いところ探しつつ
九十九折しつつ
参道を歩んで行った。
ゆっくりゆっくりと
ゆっくりゆっくりと。
後から来られた
参詣されている方々も
声をかけて下さった。
2キロではあったが
坂も多く、
実際の距離は、
九十九折をしたので
もっとあったかもしれない。

遂に登り切った時
一緒にいたもの全員に
喜びが溢れた。
神が共にそこに居た。

戸隠神社は
ゴールに神がいるのではなく
参道に居られた。
いや参道そのものが
神なのだと気付かされた。

ゴールを目指すことはとても大切。
しかし、
その過程はもっと大切であることを
改めて教えられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/02

五色の吹き流しの源流を訪ね、これからのあり方を求めて

五色の吹き流しの源流を訪ね、これからのあり方を求めて

昨日、岐阜南ロータリークラブで早朝卓話、午後からは各務原生涯教育。その両方でお話したのが、旧暦の端午の節句(今年は五月三十日)。月遅れの六月五日でもありかと思います。
端午の節句では、元々は五色の糸を肘に掛けて、吹き流すことで厄除けをしたと言います。
五色とは五行(木火土キン水)で、この世界を構成するもののシンボルです。
吹き流しが生まれたそうです。

それではお寺、特に密教寺院ではお祭りができません。そこで、高家寺では五色を五仏と読み替えました。
白は大日如来
青は阿閦如来
黄は宝生如来
赤は阿弥陀如来
緑は不空成就如来
または
黄は地大
白は水大
赤は火大
黒(緑)風大
青は空大
の五大。
その糸を90cmに切り、
金剛界五仏と
胎蔵四菩薩
(普賢文殊聖観音弥勒)
の真言で
祈りを捧げたのちに
檀信徒にお渡しして
厄除けのお守りとしていただいています。
それが以下の写真。
ちなみに私は右巻きに捻りに捻って、組紐のような形にして、ストラップやそのほかに使っています^_^

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、帽子
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/05

今年の二月三日は立春前の節分でしたが 他に何の日だったかご存知ですか? 旧暦の正月七日でした。

二月三日は立春前の節分でしたが
他に何の日だったかご存知ですか?

旧暦の正月七日でした。

最近、新暦の一月七日に
スーパーで売っている
工場製の七草を手に入れて
食べられる例が増えて居ます。

ところが新暦一月七日に
自然には七草は生えて居ません。

あくまでも工場製。
いつの間にか日本の伝統行事も
工場製になってしまったようです
(-.-;)y-~~~

高家寺では
旧暦の正月七日に
大地で自然栽培された七草を手に入れ
七草粥を食して来ました。
今年は偶然に節分会。

節分のお接待に
自然栽培の七草を用いた
七草粥を食していただきました。

『Tさん、毎回ありがとうございます。
心からの感謝です』
この時期でないと食べられない
自然栽培の七草。

さてどんな味付けだったのかは
もう少し後で報告します(o^^o)

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

「如来拳印 雑感」

「如来拳印 雑感」

元日の昨日は本尊
今日は持仏
の修法をする

突然に実感したことがあった

本尊で実感したことを
持仏でも確認できた。

如来拳印

道場観や理趣経二段目で用いる印相

これは実に深い意味があることに
改めて感じ入る

内容は越三昧耶を怖れるので記せないが
有限の世界である外界(諸法)と
無限の世界である心内とが
道場観において冥合するのだということも
実感した。

南院の前官様が
如来拳印を両部の印と仰って
とても重要視されておられたことが
今更ながらに感じ入る。

先師方の磨き上げた次第は
儀軌に比べるとあまりにも省略してあり
初心者向け、または已達向けのものであり
我が師が最近よく仰るように
次第だけでは瑜伽はかなり難しい。

儀軌を読み込んだ上で
何を省略し何を残しているのかを見つめると
次第の文字面ではなく
伝授の際の伝授阿闍梨の言葉が
いかに重要かが見えてくる。
だからこそ
形式に堕さない師匠を探すことは大切である。

まだまだ奥も幅もあることも見えてきた。
日々の修法が楽しみである。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/30

大地の餅搗き 2016年

今年も大地の餅つきを実施しました。
延べ人数で120人以上は居られました。
高家寺オリジナル玄米餅や蓬餅
もちろん鏡餅も。
老若男女、全体的に若い餅つきですが
大いに皆一年の締めくくりを
楽しんでいただけたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/07

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版 「箱のデザイン 何故千手観音さまなのか?」

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版
解説書にはない解説 Facebook版 vol.002
「箱のデザインについて
1・なぜ千手観音様なのか?
2・なぜ箱とカードと色が異なるのか?」

1「なぜ千手観音なのか?」
箱の正面には千手観音様が描かれています。
これは慈悲の観音部の果徳を表す仏さまだからです。
千の手(無量を意味する)をもって
あらゆる手段を尽くして衆生済度する菩薩。
その得る功徳は無量であるというのが果徳です。

このカードには数多の諸尊が描かれています。
衆生済度の方法は一つではないからこそ
一人の仏に絞り込むのではなく
数多の仏を描いています。
だからこそ千手観音がピッタリだと考えました。

大日如来でも良いのですが
大日如来ですとあまりにも多きすぎて万能であるので
取っ掛かりが難しく
カードで表すには奥義を極めて行かねばなりません。
だからこそ大日如来の一側面でありつつ
果徳を表す大慈悲の千手観音さまを選んだのです。

2「なぜ箱とカードの色が異なるのか?」

その千手も、背景の色が
箱のデザインと中のカードとは異なっています。

青は、ラピスラズリつまり瑠璃色です。
薬師如来の色であり
あらゆるものを癒やす色。

また青は、仏の清淨さを表す白と
主上の煩悩を表す黒との混じった色。
つまり煩悩即菩提を意味し
迷いと同時にそこに覚りがあるということを
色で表現したものです。

まとめると
箱の青は、三重の意味があります。

初重の秘密には心を癒やす
薬師如来の瑠璃色という意味。

二重には世間の中にも神秘があるということ。
秘密は聖なる空間にあるだけではなく
日常生活の中にこそ神秘があるという意味。

三重には煩悩即菩提の大秘密を
含有する色が青という意味です。

一方、カードの背景色である黄色は
黄金色のことで無量の功徳を意味します。
つまり果徳を意味する千手観音の色です。
カードは一尊の性格を表に出すものですから
黄金色で背景を表しました。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/08/29

『今のあなたの本尊を知る』密教講座(出版記念特別講座)を九月七日に開きます http://www.kokeji.com/20150907publisher.pdf

高家寺 密教講座 において
住職の新著
『仏さまカード 秘密のメッセージ』(じゃこめてい出版)
出版記念特別講座
「今のあなたの本尊を知る」
をおこないます
今の本尊をしる儀式の後 
その仏さまの種子(梵字)を住職が記します
9月7日(月) 13:30~15:00
高家寺本堂
申し込み
osho@kokeji.com
FAX 058-383-6328
問い合わせ
osho@kokeji.com
TEL 058-371-2821
費用:書籍代3240円
    お布施は志納(気持ちのよいだけ)

http://www.kokeji.com/20150907publisher.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/21

桃の節句 旧暦よりも新暦の月遅れが好いかも

4月21日、今日は月例弘法大師報恩日とともに桃の節句、上巳の節句でした。旧暦三月三日だったのです。

桃の節句はやはり桃の花が咲く季節が良いですね。昨年の閏月のせいで今年は旧暦が遅すぎることもあり季節感がかなりずれていました。来年からは4月3日の月遅れの桃の節句に変更しようと考えています。そうであれば桃の花が満開です。

桃の木は、イザナギを救ったり、桃太郎の話や、天武天皇や徳川家康の桃配山など、霊木として古来より大切にされていた樹木です。この木にあやかるためには、やはりかなり季節感を意識せねばならないと感じています。

旧暦にも欠点があります。行事によっては合いにくいものもあります。その中でも桃の節句は月遅れで新暦の4月3日が好いようです。尾張一宮の真清田神社の桃花祭が新暦の4月3日にしているのは佳き判断だと思います。

今日は、人型の紙に五輪をえがき、名を記してもらい、それに汚れを移していただき、その紙を水で流しました。そのあとは洒水加持をし、桃の梢でお加持。冬のエネルギーを完全に消し去る儀式。最後に皆でチラシ寿司をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/03

節分 本来の季節感に触れる儀式でもある

節分とは、本来は年に四回あります。

2月3日:立春の前日
5月5日:立夏の前日
8月7日:立秋の前日
11月6日:立冬の前日

いずれも、古き季節の最終日が節分です。

ところが、2月3日は一年で最も寒い日ですし、
5月5日はこどもの日でもっとも春爛漫のとき。
8月7日は一年で最も暑い時節。
11月7日は秋深まり山々が色に満ちるころ。
いずれも春夏秋冬のもっとも満ちているころであり、
立春立花立秋立冬という
季節のはじめには似つかわしくありません。

これは現代の季節感と、
近世までの日本の本来の季節感との
相違がもたらす違和感です。
現代の季節感は、
春のピーク時を春の真ん中に置きます。
夏秋冬も同じです。
一方、近世までの日本の季節感は、
春のピーク時を春の終わりとし、
そのよく日を夏の始めとします。
春がピークになるということは
翌日には春のエネルギーが下がり始め、
夏のエネルギーが生まれるるということ。
つまり春が下山を始め、
一方では夏が登山を始めるわけですから
立夏となるのです。

夏秋冬も同じです。

本来の日本の季節感は、
その季節が生まれてからピークに達するところまで。
ピークが過ぎると
次の季節が生まれているというものです。

ですから、立春とは今の季節感の春ではなく、
まだまだ冬のエネルギーが圧倒的ではあるけれども、
春のエネルギーの芽が出始めたわけですから
立春なのです。
旧暦のお正月は、
ちょうどこの立春前後ですので、
年賀状には「初春」「迎春」と記します。

この、季節感はとても大切な感性です。
次を担うものが生まれてきたら、
それを大切にするという感性にもつながるからです。

季節感さえも
本来の日本と異なってしまっている現代日本。
いま、もう一度季節感そのものを見つめなおすと、
江戸時代までの文化がなぜ魅力的なのかが
より鮮明になるのではないでしょうか。

外国人から見た日本の優れた点とは、
平安時代や江戸時代の平和な時代に
生まれ育った文化がベースになっています。
この文化を作ってきた感性を取り戻すためにも、
四季の節分は重要です。
本来の季節感に触れる、
そうしたお祭や儀式儀礼は
とても大切ではないでしょうか?
ですから高家寺では立春前日の節分にこだわり続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/23

It's a small world ! 縁と縁でつながって織物のごとくに

It's a small world !

今夕、親友Kさんから久しぶりの電話がありました。お互いに時間が取れないので、次回会う日を約束。
4f5c711055ca4e5eae48aa287784985b
その直後、今夜、ある異業種間交流の家族忘年会でした。
以前にお会いしたMさんも来られました。お互いになんとなく感じるものがありました。
先日知ったのはMさんのお祖母さんはKさんの家が実家で、親戚だったということです。
そこで、今夜はMさんに挨拶して、そのことをお伝えしたら、ビックリされました。私以上に驚かれたのです。それには理由がありました。

隣におられたMさんこ奥様が、「やっと会うことができた」と嬉しそうにされたのです。
Mさんの奥さんは、うちのお寺の茶室が出来た時に来られたことがあるとのこと。
さらに彼女の妹がわたしの中学の同級生で同じクラスだったTさんでした。しかもそのTさんの旦那さんは、私のグループのHさんの仕事仲間。

なんとも、この世の中、本当に狭いもの。繋がり繋がり生きているものです。Mさんも、その奥様も、私も、互いを見ながら大きく笑ってしまいました。

その様子を見ていたHさんから、世間は狭いということを英語でSmall World というんだよと教えていただきました。

ディズニーの It's a small world は日本語にすると世間は狭いね、もっと意訳すると、縁と縁で繋がっているね、という意味であることを再確認。

神秘とは空を飛んだり、未来を予見することではなく、日常の中にこそあるものだと確認。その表現の一つが It's a small world ということ。

嬉しい繋がりの発見の日でした(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧