« 高野山の師匠の御自坊より聖観音様を譲り受けました | トップページ | 踏切で老婆が立ち往生 その時 »

2019/03/01

「自分の手の届くところ 目に見えるところ」 平成31年2月28日、月例不動護摩の法話。一部改変。

「自分の手の届くところ 目に見えるところ」
平成31年2月28日、月例不動護摩の法話。一部改変。
目を瞑ってみてください。先程まで見ていたもので黄色いものは何がありましたか?(10秒待つ)
目を開けてください。どうですか?今、私の着ている衣もそうですね。金色のこの鈴も黄色と言えるかも知れません。
目を瞑る前はなんとなく目に入ってはいたけれど、あまり意識されていなかったと思います。ところが視野を閉じ、色を意識して目を開けると、黄色のものが色々と飛び込んできたのではないでしょうか?
目には見えていてもなかなか意識できないものも、少し意識すればよく見えていると言う体感を得ていただけたと思います。
では次に、自分の視野を指で刺してください。あっ、何度もこのお話を聞いた方は、見本を示さないでくださいね。(10秒待つ)
ほとんどの人が横にしか指を示しませんね。でも本当に横だけでしょうか?縦もあるのではないでしょうか?
妹の旦那、つまり義理の弟はカメラマンなのですが、彼は流石にフレームに収めるように高さも指し示しました。
このお話を聞かれた方は、次に質問されると縦を答えるでしょうし、これから視野と言われれば縦方向も意識されると思います。
これも視野に入っていながらほとんど意識されていないことの体感です。
弘法大師は、瑜伽師地論という瑜伽行唯識の論書を引用されて、目に見えるものを、色彩・形ともう一つ述べられています。何だかわかりますか?(10秒待つ)
これがなかなか分からないのですが、動きなんです。
うちのカミさんは動いているものを見つけるのが野生動物以上に鋭いのですが(微笑)。
目は、動いているものを捉えていますよね、たしかに。でも普段はそうしたことを意識していません。目に見えるものと言われると、動きを除外して、色彩と形だけと考えるのが普通です。でも、皆さんはこれから動きも大切にされますよ。
目に見えるもの一つとっても、私たちは無意識に感じて入るけれども、意識していないものがいっぱいあることが分かります。
それに対して、物事をありのままに見るのが般若波羅蜜多。フィルターを通さずに、ありのままに見ることはなかなか難しいのですが、今日お祈りした不動明王の右手に持てる般若波羅蜜多剣は、そうしたフィルターを切り開き、ありのままに物事を見させてくれる法具です。
ありのままに物事が見えるようになると、そこに覚りの海が広がっています。
少なくとも、今日、お参りされた方は、目に見えるものについては、かなり広い視野を得たのではないでしょうか?
広い視野を得ると恐れるものもなくなっていきます。つまり、皆さんは恐れからかなり遠のいたということ。
本日もお参りありがとうございます。

|

« 高野山の師匠の御自坊より聖観音様を譲り受けました | トップページ | 踏切で老婆が立ち往生 その時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の手の届くところ 目に見えるところ」 平成31年2月28日、月例不動護摩の法話。一部改変。:

« 高野山の師匠の御自坊より聖観音様を譲り受けました | トップページ | 踏切で老婆が立ち往生 その時 »