« 「略儀ながら松三宝」 | トップページ | 「高家寺 目覚めのつぶやき:  集客ではなく  自ら深めることで充実を!」 »

2017/01/02

「如来拳印 雑感」

「如来拳印 雑感」

元日の昨日は本尊
今日は持仏
の修法をする

突然に実感したことがあった

本尊で実感したことを
持仏でも確認できた。

如来拳印

道場観や理趣経二段目で用いる印相

これは実に深い意味があることに
改めて感じ入る

内容は越三昧耶を怖れるので記せないが
有限の世界である外界(諸法)と
無限の世界である心内とが
道場観において冥合するのだということも
実感した。

南院の前官様が
如来拳印を両部の印と仰って
とても重要視されておられたことが
今更ながらに感じ入る。

先師方の磨き上げた次第は
儀軌に比べるとあまりにも省略してあり
初心者向け、または已達向けのものであり
我が師が最近よく仰るように
次第だけでは瑜伽はかなり難しい。

儀軌を読み込んだ上で
何を省略し何を残しているのかを見つめると
次第の文字面ではなく
伝授の際の伝授阿闍梨の言葉が
いかに重要かが見えてくる。
だからこそ
形式に堕さない師匠を探すことは大切である。

まだまだ奥も幅もあることも見えてきた。
日々の修法が楽しみである。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

|

« 「略儀ながら松三宝」 | トップページ | 「高家寺 目覚めのつぶやき:  集客ではなく  自ら深めることで充実を!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/64712628

この記事へのトラックバック一覧です: 「如来拳印 雑感」:

« 「略儀ながら松三宝」 | トップページ | 「高家寺 目覚めのつぶやき:  集客ではなく  自ら深めることで充実を!」 »