« 2015年8月 | トップページ | 2016年5月 »

2015/10/07

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版 「箱のデザイン 何故千手観音さまなのか?」

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版
解説書にはない解説 Facebook版 vol.002
「箱のデザインについて
1・なぜ千手観音様なのか?
2・なぜ箱とカードと色が異なるのか?」

1「なぜ千手観音なのか?」
箱の正面には千手観音様が描かれています。
これは慈悲の観音部の果徳を表す仏さまだからです。
千の手(無量を意味する)をもって
あらゆる手段を尽くして衆生済度する菩薩。
その得る功徳は無量であるというのが果徳です。

このカードには数多の諸尊が描かれています。
衆生済度の方法は一つではないからこそ
一人の仏に絞り込むのではなく
数多の仏を描いています。
だからこそ千手観音がピッタリだと考えました。

大日如来でも良いのですが
大日如来ですとあまりにも多きすぎて万能であるので
取っ掛かりが難しく
カードで表すには奥義を極めて行かねばなりません。
だからこそ大日如来の一側面でありつつ
果徳を表す大慈悲の千手観音さまを選んだのです。

2「なぜ箱とカードの色が異なるのか?」

その千手も、背景の色が
箱のデザインと中のカードとは異なっています。

青は、ラピスラズリつまり瑠璃色です。
薬師如来の色であり
あらゆるものを癒やす色。

また青は、仏の清淨さを表す白と
主上の煩悩を表す黒との混じった色。
つまり煩悩即菩提を意味し
迷いと同時にそこに覚りがあるということを
色で表現したものです。

まとめると
箱の青は、三重の意味があります。

初重の秘密には心を癒やす
薬師如来の瑠璃色という意味。

二重には世間の中にも神秘があるということ。
秘密は聖なる空間にあるだけではなく
日常生活の中にこそ神秘があるという意味。

三重には煩悩即菩提の大秘密を
含有する色が青という意味です。

一方、カードの背景色である黄色は
黄金色のことで無量の功徳を意味します。
つまり果徳を意味する千手観音の色です。
カードは一尊の性格を表に出すものですから
黄金色で背景を表しました。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015/10/06

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版 解説者にない解説「カード裏の図柄に関して」

『仏さまカード 秘密のメッセージ』じゃこめてい出版
解説書にはない解説 vol.001
「カード裏の図柄に関して」

色見本の段階ですが、カードの裏には図柄が入っています。この図柄には三重の意味があります。


初重には、十字金剛。別名羯磨金剛ともいいます。表面的には活動を意味します。今回のカードのメッセージの特徴として、外に向けての行動を促すものが少なくありません。そのために、それをアシストするためにもカードに十字金剛は重要です。

二重にはクロスです。西洋文化影響が少なくない昨今。西洋文化関係者に触れていただきやすいように十字です。数字の10にも繋がります。数字の10は円満の数字です。このカードが心身ともに充足させるためのアシストであって欲しいという願いが込められています。

三重には五鈷金剛杵。灌頂の際に阿闍梨より授かる五鈷金剛。仏を物で表した三昧耶形。その代表が五鈷金剛です。その灌頂の時、阿闍梨さまより三回受け渡しされますが、最初の二回が横向き、三回目が縦向きで渡されるので、それを図案化したものがこの図形と言っても差し支えありません。つまり、阿闍梨より授かった五鈷金剛という意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2016年5月 »