« 桃の節句 旧暦よりも新暦の月遅れが好いかも | トップページ | 青葉祭に思う 弘法大師生誕祭であるとともに本来は梅雨明けの行事 »

2015/05/25

旧暦の花祭り 釈尊を思う

旧暦四月八日の花祭り。
昨年は閏月があったせいか
今年の旧暦はやや遅く感じます。

花祭りは
釈尊の生誕記念日。
今から約2500年前に出生された釈尊。
義成就という名を得られました。

釈尊が気づかれた仏法。
釈尊がこの世に生まれなければ
仏法という真理に気づいた人は
かなり少なかったでしょうし
日本がこのような心豊かな文化を
育むこともなかったでしょう。

釈尊の誕生日を祝うことで
釈尊の生涯を思い
釈尊の教義を思い
釈尊の思いを想う
それが花祭り。

誕生仏の周りを花で飾り
甘茶を掛けるたびに
いろいろと、
考えさせられました。

気づき目覚め(仏)
ありのままに(法)
仲良く平和に(僧)
この基本は
しっかりと守りたいものです。

|

« 桃の節句 旧暦よりも新暦の月遅れが好いかも | トップページ | 青葉祭に思う 弘法大師生誕祭であるとともに本来は梅雨明けの行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65354/61753767

この記事へのトラックバック一覧です: 旧暦の花祭り 釈尊を思う:

« 桃の節句 旧暦よりも新暦の月遅れが好いかも | トップページ | 青葉祭に思う 弘法大師生誕祭であるとともに本来は梅雨明けの行事 »