« 2013年1月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/29

高家寺大師堂本尊 銀杏大師 後編

銀杏大師 後編
御母衣ダムの底に沈むことになった逆さ銀杏。
これを村人は惜しみました。
そのような中、ある村人が
このことを弘法大師を高祖とする
高野山真言宗の僧侶方に訴えました。
その時、一人の年老いた僧が
その訴えを真剣に聞き
ダムに沈む前の逆さ銀杏の木を
拝みに出かけました。
その僧侶が、岐阜市加納の高家寺住職の
小島良省師(先々代)です。
良省師は戦争で燃えてしまった高家寺を
復興した苦労人で
人々の声を身に沁みたように感じたそうです。
逆さ銀杏を訪れた良省師は
村人に尋ねました。
「この木で弘法大師のお像を彫って
 うちのお寺でお祀りしても良いですか?」
村人は喜んでそれを了承しました。
そしてひとりの篤信家が像を彫ることになり
修行大師像ができあがると
高家寺に修行大師像と
残りの銀杏の木が納められました。
そして銀杏大師と名付けられ大切にされました。
ところが時を経て、良省師が没し
銀杏大師のことを知る人も殆どいなくなりました。
高家寺も平成五年に各務原市へ移動してしまいました。
平成七年、現在の住職となり
高家寺の大師堂の本尊として
毎月二十一日十時から、
この修行大師をご本尊に
月例弘法大師報恩のお祈りをしています。
今では、読経と法話と
毎月変わる12種の中から
一枚の守護尊メッセージカードが授与がおこなわれ、
参詣になられた方々を
銀杏大師が温かく導いてくださっています。
(檀家でなくとも参加可能です。事前予約不要)
また時折不思議な力を発揮され
篤き信仰者を
深い眼差しで見守ってくださってもいます。
日本国中のダムに沈んだ数々の生命や想いの
菩提を祈らんがための
渇水や洪水などの水の自然災害から国を守らんがための
おひとりおひとりの先祖や有縁の方々の
過去精霊の菩提を弔わんがための
おひとりおひとりの心の浄化をするための
今も銀杏大師は祈りのご本尊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高家寺大師堂本尊 銀杏大師 前編

銀杏大師 前編
Ichodaishishokawas
この写真は昭和三十年に湖に沈んだ場所です。
写っている朽ちた木は雷が落ちた銀杏の木。
古来より日本では、雷が落ちた木は、
神がおりた木として尊崇されてきました。
ですからこの木の前には祠が建てられています。
しかし、今はこの場所は湖の底です。
場所は岐阜県大野郡白川村。
ダムの名前は御母衣ダム。
実はこの銀杏の木には
全国に広がる逆さ銀杏の伝説がありました。
ある僧侶が飛騨を訪れた時に、
道端の老婆に水を所望すると、
老婆は谷を降りて水を汲んできてくれました。
その僧侶が事情を聴くと、
そのあたりは水不足で、井戸もなく、
谷を降りないと水が汲めないということでした。
僧侶はあたりを見渡し、
ある地点を見つめ、
そこに手に持っていた銀杏の木の杖を突き刺しました。
そして
「この銀杏の木が大きくなって逆さの芽を吹いたら
 その場所を掘ってご覧なさい」と言い、
老婆が名前を尋ねたら「空海」と名乗ったそうです。
数年後、銀杏の木は逆さの芽を吹き、
そこを掘ると潤沢な水が湧き出る井戸となり、
そのあたりの住民の生活を支えたそうです。
その縁もあり、丹生川の千光寺から
毎年真言僧がやってきて
この銀杏の木に祈りを捧げたそうです。
その木は大木になり、自らは朽ちて子孫を残し、
同じ場所で子孫の銀杏は大切に育てられました。
ある日、この木に雷が落ちました。
木は徐々に朽ちていきましたが、
村人は「逆さ銀杏」と呼んで
大事に守ったそうです。
ところが昭和三十年に
この地が御母衣ダムの底に
沈んでしまうことになりました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/28

苦しく辛い時こそ感謝を 嘉祥頂戴の儀式にみる家康の知恵

今日の月例護摩での法話は、
・善因楽果・悪因苦果:
 苦しい時こそ感謝し、新たな善因を
・徳川家康と三方ヶ原の戦い
 嘉祥頂戴の儀式
 最大の厄災に感謝
Photo_2
その一部の、
嘉祥頂戴について以下に記します。
*****
嘉祥頂戴の儀式は、
厄神の日である旧暦の6月16日。
今年でいうと、7月23日です。
梅雨が終わり最も厚い時節。
だからこそ、元々は暑気払いの儀式として
厄神の天王祭が行われたようです。
徳川家康が三方ケ原の戦いの前に
羽入八幡で戦勝を祈願しました。
家康は裏に「十六」と鋳付けられた
嘉定通宝を拾い縁起を担いだといいます。
その時に家臣から手製の菓子が献上されました。
結果的に三方ケ原の戦いで、
家康は武田信玄に大敗を喫しますが、
家康最大の危機も去っていきました。
家康はその負け戦の時の絵を
一生大切にしました。
嘉定通宝という名と、
刻まれた十六という文字、
最大の厄災から逃れたこと、
そして厄神を祀る六月十六日の天王祭などから、
公家たちの嘉祥の儀式などを習合させて
江戸幕府では嘉祥の頂戴を盛大におこないました。
ここに家康の面白さがあります。
最大の厄災を
最大の感謝日にしてしまったということです。
家康は 欣求浄土厭離穢土 とい言葉を
旗印にしていましたが
穢土 の音と同じ 江戸に幕府を起きました。
すなわち穢土を浄土に変えるという
決意表明だったようにも思えます。
このように厄災を変身させてしまった家康
または天海僧正などの側近の知恵には
眼を見張るべきものがありますね。
さすがに苦労人
現実社会をしっかりと見つめた
措置のように感じます。
現代人もこの知恵に大いに学びたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/24

三種の慈悲 衆生縁・法縁・無縁

慈悲に三種類あると言います。
衆生縁の慈悲・法縁の慈悲・無縁の慈悲
Photo
「衆生縁(しゅじょうえん)」。
この世の血縁や地縁などという結びつきの
縁者に対する慈悲です。
親子・兄弟姉妹・夫婦・一族といった血縁や
同じ土地に住むものも、同じ民族も
同じ会社、同じ組織に連なるのも
この衆生縁と言えるでしょう。
「法縁」
血縁や地縁ではなく
仏法による結びつきの縁者に対する慈悲です。
同じ仏法を信じるものの縁といえます。
極論すると、どんな宗教であっても
人として全うする深き信仰心のあるもの同士の
不思議な御縁も法縁といえるのではないかと思います。
師匠とのご縁はまさに法縁です。
「無縁」
まったく縁のないものに対する慈悲です。
名も知らず顔さえ観たことのない者へも
同じように慈悲心を持つこと。
これば無縁の慈悲。
尾張藩七代藩主徳川宗春は
慈悲の象徴を太陽としました。
太陽は差別なく、善悪の差別さえなく
陽の光を恵み与えてくれます。
それによりこの地上は守られています。
まさに無縁の慈悲をここに感じます。
衆生縁の慈悲は凡夫のもの
法縁の慈悲は菩薩のもの
無縁の慈悲は如来のもの
といわれています。
「愛 LOVE」と一言で言いますが
その「愛」「慈愛」「慈悲」にも
いろいろなレヴェルの愛があるもの。
「愛」という言葉を観た時
その意味するところはどういったものなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/14

いま目指しているすぐ横に、あなたの本来の目的がありませんか?

Suguyoko
目標を立て、その山に向かって歩んでいると
自分が本来登らねばならない山は
そのすぐ横の山だったと
きづかれたことはありませんか?
今日は
偶然ですが
このことをお二方に話す機会を得ました。
一心不乱に進んでいくと前のめりになり
視野が狭くなりがち。
しかし、本能はその方向に進むことを訴えている。
そんなときこそ、ふと立ち止まり
呼吸を深くはいて
ゆったりと目標を見つめてみると
その横までもが見えてきます。
そういうときにこそ
本来の目標がはっきりしてくるものです。
※もちろん、その横の山は
 魅惑的に見えるけれども
 自分の目標でないこともあります。
プロ以外のスポーツをする人が
勝つことばかりを目標に走っていると
スポーツを楽しむという
本来の目的を忘れることは少なくありません。
商売をする人が
設けることばかりに眼が奪われてしまうと
その商売が社会の役に立つという視点が見えなくなるもの。
宗教者の場合も、
自分が何のために宗教者になったのかという原点も
日々の活動の中で埋もれていってしまうもの。
今の自分が歩んでいる道はどこに向かっているのか
自分の本当の道はこれでよいのか
常に広い視野で見つめていたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/13

和合と統一 似て非なるもの  統一でははみ出しは生きていけない

Harmonyandunification
かつてある方が
「世界の宗教が一つになれば良い」
と言われました。
私はすかさず
「統一と和合は異なるのではないですか?」
と尋ねました。
最近、いろいろな場面でこうしたことに出合います。
色に譬えると
統一とは一色に染め上げること
和合とは様々な色がそのままあってもいいし
一部は混ざり合っても良いもの。
政治に譬えると
統一は一党独裁であり
和合とは多種多様な政党を認めるもの
宗教で譬えると
統一とは一つの教えでまとめ上げることであり
和合とはそれぞれの独立性や存在を認めつつ
互いに切磋琢磨する部分と
仲良く手を取り合う部分があること
ところが、どうも最近の流れは
一色に染め上らないとだめだという方向に
多くのことが進んでいるように思えます。
時には先に挙げた例のように
統一と和合を区別せずに考えて
なんでも一つにまとめ上げることが良いように
勘違いする例も少なくありません。
かつての仏教には知恵がありました。
曼荼羅という一つの世界の中に
たくさんの個性豊かな仏を見出しました。
たくさんの仏の存在を見つめるときは
曼荼羅としての一つの全体を見出しました。
あらゆる人が同じように行う世界は
私にはとても合いません。
そういう意味で、団体行動ができない落ちこぼれです。
だからこそ、そうした落ちこぼれの人の気持ちは
痛いほどよくわかります。
いや個性が強い人ほど、
他者の色で染められるものを厭うものです。
宗教の世界でいえば
超宗教や超宗派で世界平和を祈り、
環境問題を考えることは大切なことだと思います。
同じプラットフォームに立って、
そこで討議しあうのは重要。
しかし、それぞれの入口が違う以上、
出口も異なって当然です。
ここのところを勘違いすると、
なんでも「超**」を良しとし、
新たな一色に染め上げ、
「超**」という別の宗教が創出され
新たなヒエラルキーが生まれかねません。
アルネ・ネスというノルウェーの学者が
ディープエコロジーを唱えました。
これも勘違いして
統一化を推し進めようとした人たちがいましたが
アルネ・ネスはプラットフォーム理論を提唱して
多宗教というベースの元
プラットフォームで討議し
そしてそれぞれの手段をこうじていくことを望みました。
私は宗教はじめ
さまざまなことでこのアルネネスの考えが
通用するのではないかと感じています。
統一ではなく和合
そして互いにプラットフォームにて
現実の問題に取り組んで
それぞれの方法を見出していく
私のようなはみ出し者もいきいきと生きられるのは
そんな世界だと感じています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年7月 »