« 2010年1月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/04/04

霞は優しさ

Img_2441_2


高速道路で横浜に向かう途中で
富士山を見ました。
晴れていたわけではなく
若干の霞もあり
ハッキリクッキリしていたわけではありません。
しかし、だからこそその柔らかさに
新たな富士山を感じさせられました。
雄大であり荘厳でありながらも
美しくしなやかで優しい富士山でした。

密教の瞑想法に月輪観(がちりんかん)と呼ばれる
ものがあります。
満月をイメージして、それを自分の心であると
観じる瞑想法です。
心は元々形のあるものではありませんので
それを月という形に象徴させています。
私の師匠の師匠であり
私の修行の師でもある故内海有昭前官様は
法話の中でよくこの月を話されていました。
「心はコロコロ動くものですから心といいます。
 そのコロコロを、あなたの決意という心棒をさして
 しっかりとお腹の辺りに据えて
 坐禅の掌の上に載せてみなさい。」

ところが、修行の際に私には
別のことを伝えてくださいました。

「月は本有の大菩提心。覚りの心そのもの。
 その心が、煩悩という霞によって見え隠れする。
 その霞の中にハッキリとした大きな月輪を観るように。
 ただし、その霞は単なる煩悩ではない。
 優しさでもある。
 ハッキリとさせることは大切だが
 時には分かっていながらそのハッキリを
 敢えてぼやけさせることも大切な事がある。
 生きているうちにはそうしたぼやけさせることが
 優しさであり、慈悲そのもの。霞は実は慈悲でもある。
 煩悩即菩提
 よくよくかみしめて月輪を観つめるように。」
と。

富士山を見て優しさを感じ取ることができたのも
こうした内海前官様の教えがあったからだと
今更ながらに感じっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

先人に感謝し、未来の人に感謝される存在であれ

寒さ暑さも彼岸までと言いますが
四月三日の今もまだまだ寒さが続いています。

さて、少し時期遅れですが
お彼岸の三月二十一日に
法話で話した内容を記してみます。

お彼岸は、太陽が真東から上り真西に沈みます。

ちょうど昼夜が半分半分で
中道ということを感じ(観じ)やすい時です。
暑すぎず寒すぎず、気温的にも中道です。
右にも左にも寄らない
情に流されず、知識に竿をさない
そんな教えが中道です。

また真東はアシュク如来の妙喜国があり
薬師如来の瑠璃光浄土があり
真西は阿弥陀如来の極楽浄土があると言います。
それらのお浄土を思うことで
ご先祖様をはじめとする先人方を想うことができます。
先人方がいてくださったからこそ
私たちがいて、今のこの世界があります。
その先人方に深く感謝することが
先人方への供養と繋がっていきます。
また先人方が、
今の私たちのためにしてくださったのと同じ様に
私たちもまた未来の人々から感謝されるに足るだけの
存在であらねばならないように思えます。
先人を想い、先人に感謝するのと同時に
未来を思い、未来の人から感謝されるように
精進して行くことがお彼岸の役目のように思います。
その精進の基本になるのが中道なのではないでしょうか?

どうか年に二回のお彼岸の一週間に
先祖をはじめとする先人を想い
子孫をはじめとする未来の人々を思い
感謝される存在であるように精進をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年11月 »