« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/09/20

阿弥陀如来 9月仏部

阿弥陀如来
[読み]あみだにょらい
[別名]観自在王 無量光 無量寿 清浄金剛 大慈金剛 甘露王
[特徴] Amitaは無量、ābhāは光、āyus寿を表す。金剛界四仏の一で、胎蔵四仏の一でもある。清浄・智慧・妙観察智・証菩提・禅定の徳を司り、大悲の象徴。無量の光、無量の寿を意味する。金剛界四親近は、金剛法・金剛利・金剛因・金剛語。法蔵比丘が四十八の誓願を起こし、遂には西方極楽浄土の主となり阿弥陀如来となる。脇侍は大悲の象徴の観音菩薩と智慧の象徴の大勢至菩薩。阿弥陀如来は観音菩薩の頭に観音の本体であることを示す化仏として乗ることが多い。
密教の阿弥陀如来は基本的には坐像である。禅定にいり、観自在するためである。一方、浄土教などの阿弥陀如来は金色で立ち姿が多い。指は説法印を結んでいる。

<<メッセージ1>>

西に沈む太陽に、赤い大悲を感じ、極楽浄土に故人を想い、泥に染まらない蓮の清浄さを観じよう。
《解説》
西に沈む太陽。その最果てに、極楽浄土をイメージしてみる。多くの亡くなった人たちが極楽浄土を願い逝った。亡くなった方々がいるから、今の世界があり、亡くなった方々がいたから今のあなたがいる。先祖を思い、偉人を思い。名もなき人々を思い、名もなき命を思う。それらの方々の大悲(深い愛情)の思いが今のこの世界を作ってくれた。あなたは、大いなる大悲に包まれて生まれたのだ。そしてその思いは決して、垢に染まることのないもの。大悲の心は泥に染まることはない。西に沈む太陽の赤は大悲のシンボルカラー。決して染まることのない清浄のシンボルでもある。西に沈む太陽を見つめることで、先祖をはじめとする故人を想い、清浄な大悲を観じよう。

<<メッセージ2>>

蓮は泥の中に咲けども、決して泥に染まらない。
《解説》
心の中にやましさや苦しさが生じたら、阿弥陀如来に祈りを捧げ、ありのままの自分を見つめよう。蓮の花は泥の中で美しい花を咲かせる。泥があるからこそ、あの美しい花を咲かせている。決して周りの泥に染まることなく咲く。あなたもこの世という泥に満ちた世界に咲いた花。泥があるからこそ、あなたも生まれ、、この世はあなたという花を必要としている。泥の中にいることをなげくことはない。あなたの花は決して泥に染まらない花。あなたという花を泥の中で染まることなく思い切り咲かせるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千手菩薩 9月菩薩部

千手観音
[読み]せんじゅかんのん
[別名]大悲金剛・千光眼・千手千眼観自在・蓮華王
[真言]オン バザラタラマ キリク
[特徴]六観音の一。すべての変化観音の元が聖観音であるのに対し、最終形態が千手観音。千とは無量であり、円満の意味がある。ありとあらゆる手段・方便を尽くし、衆生を救済するために千手を持つ。千手は大悲の象徴。ありとあらゆるものをありのままに観ることができる千眼は、衆生の能力や縁に応じて助け導く智慧の象徴。千の手、千の眼を有し、あらゆる果徳を円満する。
観音霊場といわれる補陀洛山は小花樹山・海島と訳され、南海上にあるとされた観音の常住する霊地である。

<<メッセージ1>>

ありとあらゆる姿に変えて大いなる命があなたを守っている。その姿を知り、あなた自身の手段を尽くそう。
《解説》
千手観音はありとあらゆる方法を使い衆生を救う。あなたの周りにあるものすべてが、あなたの周りにおきている出来事すべてが、千手観音の大悲の方便である。時には辛いことや悲しいこと腹が立つことが起きるかもしれない。それはあなた自身を清めるための方便。時には嬉しいこと楽しいことが起きるかもしれない。それは、あなたの悦びを他者に伝えて功徳を積んでいくための準備ができていることを伝えている。目の前に白い花があれば清き心をあなたに伝え、固き石があれば堅固な意志をあなたに伝えている。あなたは千手の方便に包まれている。あなた自身がその方便に守られているのだから、あなた自身が千手となり、ありのままに物事を観つめ、ありとあらゆる手段を使って苦海に溺れる人を助けていこう。

<<メッセージ2>>

一つの方法にとらわれていないか?方法はいくつもある。ありとあらゆる手段を尽くし、あなたの問題を解決しよう。
《解説》
千手観音の千手はあらゆる方法(方便)を用いて、千眼はありとあらゆることをありのままに観ることで問題を解決することを示している。解決方法は一つではない。さまざまな道が残されている。心を白蓮華のように真っ白にし、今の問題をじっくりとありのままに観つめてみよう。ありのままに観れば、ありとあらゆる手段が見えてくる。問題解決方法は一つではない。時と場所と場合によっても解決方法は異なっていく。一つ二つを試して諦めるのではなく、ありとあらゆる方法を試してみよう。その手段は千手観音が支えてくれている。既に問題は解決に向かって大きく進んでいる。深く感謝しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

金剛鏁菩薩 9月供養部

金剛鏁菩薩
[読み]こんごうさぼさつ
[別名]堅持金剛 妙住金剛
[真言] オン バザラソホタ バン
[特徴] 金剛界四摂菩薩の一。大日如来が、道を歩み始めた者がその道から外れることがないように繋ぎ止める役目を担った菩薩として流出した。

<<メッセージ1>>

他に赴く門は閉じられた。大慈悲によってあなたは守られている。あなたの道を迷わず進め。
《解説》
世の中には多くの門がある。どこから入るのかは、その人の縁と性質による。しかし、その門の数の多さに眼を奪われると、門の中に入れない。しかし、今、あなたの門は開けられ、大慈悲によって他の門は閉ざされた。もう迷うことはない。あなた自身の今の道を進め。

<<メッセージ2>>

他を振り向かず、今の自分をよく保とう。今のあなたを大切にしよう。
《解説》
隣の芝は青い。あなたは既に門に入っているのに、他の門が気になっていないか?あなたが入る門は今の門しかなかったのだ。その門はあなたのために準備された門。大慈悲によって開けられた、あなた自身の門。他の門はあなたの門ではない。迷うことはない。他の門は、あなたには閉じられた門なのだ。あなたが決して開けてはならない門なのだ。どんなに隣の芝が青く見えようと、実はあなたの庭の芝が一番青い。今のあなたの道を大切にして、他を振り向くことなく、今のあなたの道を進め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広目天 9月守護部

広目天
[読み]こうもくてん
[別名]醜眼雑色 雑語
[真言]オン ビロハキシャナカジハタエイ ソワカ
[特徴]四天王の一。般若十六善神の一。諸龍および富單那(臭餓鬼の最勝者)を眷族とする。さまざまなものによって、さまざまな言葉によって荘厳することを本誓とする。さまざまな物質によって飾りつけ施し守護する。

<<メッセージ1>>

龍神の力が宿った。今こそ力強く龍王のように自他共に歓喜という潤いを与えるとき。
《解説》
広目天は龍の統御者。その龍の力が、今のあなたに与えられたことを。龍は、天の雨を統べる。雨は甘露の潤い。人は財物により物質的に潤され、法によって心を潤す。今、あなたは布施の行に専心するように求められている。あなたが持てるもので、他者を潤そう。その潤いはあなた自身をも潤していくだろう。

<<メッセージ2>>

広く周りを見渡し、様々なもので周りを飾りつけるとき。心身も部屋の中も仕事場所も大いに飾りつけよ。
《解説》
殺風景な場所を様々なものによって、さまざまに飾り付けてみよう。それは、あなたの寝室かもしれない。居間かもしれない。仕事場かもしれない。ひょっとすると、あなたの心の中かもしれない。一見無駄に見えるものであっても良い。機能的なものばかりでなく、一見無駄に見えてもあなたの力を引き出すための飾り付けが求められている。あなたの中の龍のような大いなる力を引き出すために、周囲を飾りつけ、あなた自身の中も飾り付けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水天 9月天部1

水天
[読み]すいてん
[別名]龍王 水神
[真言]オン バロダヤ ソワカ
[特徴]八天、十二天の一。水を司る神。インドのヴァルナ神のこと。諸竜王の主。天地を保持する神であり、よく天界・人界の両界を知るものとして尊崇される。水の神・河の神・海の神であり、請雨法の本尊として扱われる。また、水はよくすべてのものを潤うことから、布施を象徴し、また大悲の徳を司る。

<<メッセージ1>>

水は、乾きを癒し、命を育み、穢れを洗い流し、熱を除き、よく周りの環境に順応する。あなた自身が水に触れ、水となれ。
《解説》
雨水は高きより低きに進んで潤いを広げ草木を育てる。あなたの衆生を救いたいという下化衆生の思いは水と同じように広がりを持ち、衆生の心身に潤いを与える。水は清浄なものであり、よく穢れを洗い流し、渇きを癒す。あなたの布施行はあなた自身を浄化し、また心身ともに飢える衆生に潤いを与える。水はその冷たさを保つ性質のために熱さをよく除く。水はその入れ物によって形を変え、隅々にいきわたる。同じようにあなたの布施行も様々な方向へいきわたっていく。水に触れることにより、水の持つ性質を観じ、あなた自身が水となって、あなたの周りを感化しよう。水の持つ力を活用するときがきている。

<<メッセージ2>>

他者を潤す者が、自らも潤す。布施行に専心せよ。
《解説》
心身に潤いを与えるので、水は布施の象徴とされる。自分の持てるものを他者によく与えよ。物質的に施しをする財施でも良い。慈しみに満ちた眼差しの眼施。優しく穏やか顔や笑顔の和顔施、優しく心温まる言葉の愛語施。自らの身体で奉仕をする身施。気配りや、感情の共感などの心施。電車バスそのほかの席を譲る牀座施。雨風をしのぐために軒先を貸したりする房舎施などの無財の七施もよい。また畏れるものの傍に居るのも大きな布施だ。他者に見返りを求めずによく布施するものは、また自らをも潤していく。布施行そのものが潤いであり、またそこから派生してやってくるのもまた潤い。布施行に専心しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摩利支天 9月天部2

摩利支天
[読み]まりしてん
[別名]威光天 陽焔天
[真言]オン マリシエイ ソワカ 
[特徴]太陽や月の光線を象徴する天。元々は陽炎の神格化。梵天の子でインドで人気のクリシュナと同体。常に太陽の前にあり、その姿は光によって捉えることができないため隠形の尊とし信仰される。隠形のため傷つけられずない意味から武士によく崇拝された。阿修羅と帝釈天が戦った際に、その隠形によって阿修羅を迷わし日月を守ったといわれる。女尊

<<メッセージ1>>

勝つことではなく、負けないことに意を注げ。けっして傷つくことはない。己の光を強め勝負に出る時。勝利の女神が守ってくれている。
《解説》
太陽や月の光は、粒子でもあり波でもあり、また手につかむことができないもの。その光のために、その本体は見えない。陽炎も同じで、はっきりとした形が分からない。摩利支天は、つかみどころがないために、決して傷つくことのない尊。勝負事は、負けないことが第一義であり、まさに摩利支天は、傷つかない負けない勝負事の女神。負けないことに意を注ごう。

<<メッセージ2>>

光が強いとその実態は見えない。目に見えなくても力強いものはある。目に見えないものにも意識を向け、あなたも目に見えない功徳を積もう。
《解説》
摩利支天は、常に太陽の前に立ち、その光のために決して姿を現さない。隠形の本尊。その力は絶大で、古来日本のの武士たちはこの尊を大いに崇めた。目に見えるものにとらわれがちな日常生活。しかし、その目に見えるものも目に見えないものによって支えられている。目に見えるものをよく観察すれば、その目に見えないものの力強さがよく見えてくるはずだ。目に見えない場所で功徳を積もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »