« 地蔵菩薩 7月菩薩部 | トップページ | 恵比寿 8月天部2 »

2008/07/20

一字金輪 7月仏部

一字金輪
[読み]いちじきんりん
[別名]金輪仏頂 一字頂輪王 奇特仏頂
[真言]ノウマクサーマンダーボダナン ボロン
[特徴]仏眼仏母と一具で、金剛界大日如来が胎蔵の月輪三昧に入っている姿という。浅い解釈ではボロン一字、に帰するから一字といい、また深い解釈では諸尊の功徳がこの尊に帰するから一字という。この一字真言を唱えると四方のすべての功徳が集められ修法の成就を助ける。その一字金輪の力が強すぎるので修法の功徳を蘇らせるために、一字金輪の後には必ず仏眼の真言を唱える。

<<メッセージ1>>

徳を円満させよう。布施・戒・忍辱・精進・禅定・般若の六波羅蜜を意識的に行ずる時だ。
《解説》
一字金輪は、すべての功徳を一字に収めた如来。大乗仏教の功徳の積み方の基本は、まず六波羅蜜にある。六波羅蜜とは布施・戒・忍辱・精進・禅定・般若の六つ。布施とは財を施し教えを広め他者の恐れを除くこと。戒とは、規律ある生活を送ること。忍辱とは、他者より辱めを受けてもじっと耐えること。これはやせ我慢ではない。精進とは、工夫に励むことを続けること。禅定と何かに集中し心を乱さないこと。般若とは、ものごとをありのままに見ること。これらの六波羅蜜を行じることで、徳を積んでいくことができる。密教では、布施は潤いに繋がるので水に、規律は身に着けることなので塗香に、忍辱は美しいものなので花に、精進は続けるものなので焼香に、禅定は心を満たすので飯に、般若は暗闇を照らすので灯明に、それぞれシンボル化させて六種供養として六波羅蜜を身に着けさせていく。
この六波羅蜜を行じつつ、ボロンの真言を繰り返し繰り返し唱えることで最上の徳を積むことができる。ただし、ボロンの真言は強力すぎるのでボロンの真言を唱え終わったら、かならず仏眼仏母の真言「ノウボウ バギャバトウ ウシュニシャオンロロ ソボロ ジンバラ チシュッタ シッタ ロシャニ サラバアラタサダニエイ ソワカ」を唱えること。

<<メッセージ2>>

あなたは光り輝いているか?輝きは障碍を消し去る。自他の最高の特徴とは何かを探し出し、それを最高に輝かせるときだ。
《解説》
諸尊は、この一字金輪に治められるいう。ただし、この一字金輪だけを祈ればよいというものではない。一字金輪の真言ボロンは、諸尊の特徴を最高に輝かせる力を持つ。その力は、あまりにも強大であるために、輝きがあまりにも強力であるために、仏眼の力で眼を確保せねばならないほどだ。
あなたの特徴を見つけ出し、その特徴を最大限に伸ばすとき。また、他者の特性を最高に引き出し、伸ばさせることを勧めている。
まずは自他共にありのままに観察しよう。そして、善悪の分別を超え、それぞれが持つ特徴をよく把握し、その特色を思い切り引き出そう。そこに一字金輪の真言を唱え、より集中することで、さらに輝きを増し、功徳を最大限に増進させることができる。

|

« 地蔵菩薩 7月菩薩部 | トップページ | 恵比寿 8月天部2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一字金輪 7月仏部:

« 地蔵菩薩 7月菩薩部 | トップページ | 恵比寿 8月天部2 »