« 火天 5月天部1 | トップページ | 金剛香菩薩 5月供養部 »

2008/05/21

不動明王 5月守護部

不動明王
[読み]ふどうみょうおう
[真言] ノウマク サーマンダー バーザラダン センダー マーカロシャーダー 
ソハタヤ ウン タラター カン マン

[特徴]大日如来が変化(へんげ)した尊。行者をよく守護し、よく仕え、仏法を障碍するものを断つ。忿怒の姿をするのは煩悩を憎むためであり、体から出る炎は煩悩を燃やし尽くすためのもの。内には慈悲の心を秘め、いつも衆生を救うわんと思っているために額には水波の皺があり、独り子を救うような慈悲をたれることを意味する弁髪を左肩に垂らしている。右手には煩悩を切り裂く般若利剣を持ち、左手には畏れて逃げ出す衆生を繋ぎ留める羂索を持っている。どの尊よりも早く願い事をかなえてくれる尊でもあり、日本ではもっとも人気のある仏の一人。

<<メッセージ1>>
中心軸がぶれないこと。中心軸がぶれなければ自由自在に動ける。今こそ動くとき。何事にも尽力せよ。
《解説》
不動明王は、その名前に反し最もよく動く仏である。では、なぜ不動明王なのか?スポーツや武道をするとよく分かるのだが、中心軸がぶれないものこそがもっとも自由自在に動くことができる。まさに、この中心軸がぶれない仏が不動明王。仏法の中心軸は、菩提心。堅固な菩提心を象徴する仏であるからこそ、もっともよく動くことができる。
今こそ行動のときであることを告げている。ただし、そのためには、心の中心軸をしっかりと保つことがキーワードだ。

<<メッセージ2>>
重荷を背負っていないか?重荷を下ろすときが来ている。神仏に懺悔せよ。そのとき望みが叶えられる
 《解説》
不動尊は、行者の懺悔を数えて、その望みを叶えることを誓願としている。生まれ生まれ死に死に、何度も繰り返してきた生。その間に私たちはあまりにも多くの罪障を背負ってしまっている。それは意識したものもあれば無意識のものもあるはずだ。その重荷を背負ったまま歩くと手足が自由に動かなくなる。その重荷を下ろすことを勧めている。重荷を下ろすには、懺悔がもっとも効果的だ。神仏に向かって礼拝し、その一回一回の礼拝のたびに、自分の背負った罪業が一つ一つ消えるとイメージする。懺悔によって、しがみついていた罪業を手放そう。手放せば次なるものが手に入る。欲しければ手放すこと。懺悔によって、罪業を手放し、あなたが本当に必要とするものを、その手につかもう。

|

« 火天 5月天部1 | トップページ | 金剛香菩薩 5月供養部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動明王 5月守護部:

« 火天 5月天部1 | トップページ | 金剛香菩薩 5月供養部 »