« 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 | トップページ | 火天 5月天部1 »

2008/05/21

福禄寿 5月天部2

福禄寿
[読み]ふくろくじゅ
[真言]ナム フクロクジュ

[特徴] 七福神の一。福(幸運・子孫繁栄)・禄(財産)・寿(長命長寿)の化身。。短身、長頭で、ひげが多く、経巻を結びつけた杖を携え、多く鶴を従えている。中国では南極星の化身。

<<メッセージ1>>
幸運・財運・長寿に守られている。今の自分に十分感謝しよう。
《解説》
中国では、三つの徳を大切にしている。福(幸運・子孫繁栄)・禄(財産)・寿(長命長寿)がそれだ。人には天が定めた命数がある。長い短いは他者が決めることではなく、その人自身が感じること。守護尊カードは、今の自分とその環境に深く感謝の祈りを捧げることを臨んでいる。ありがとう。随意となえることで、三つの福徳がますます増進していくだろう。

<<メッセージ2>>
幸福になりたい、財運に恵まれたい、長寿で居たいと願ってないか?希望は今の自分の否定であり、今の自分が福徳に恵まれていないと宣言することになってしまう。希望するより感謝せよ。今の自分にも未来の自分にも感謝するとき、真の福徳は引き寄せなくても向こうからやってくる。
 《解説》
守護尊カードは、あなたに「望む」ことよりも「感謝する」ことを勧めている。幸運は自ら引きよせるものではなく、向こうからやってくるように見える。より大きな視野で見ると、それはやってくるのではなく、実は自分の思念が作り出しているものであることがわかる。「しあわせになりたい」「おかねもちになりたい」「長生きしたい」と願うことは、現状を否定しているに他ならない。今の自分をまず認めるところから始めよう。そしょいてそれを大いなる命に感謝するとき、寿老人はあなたと共にある。

|

« 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 | トップページ | 火天 5月天部1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福禄寿 5月天部2:

« 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 | トップページ | 火天 5月天部1 »