« 月光菩薩 4月菩薩部 | トップページ | 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 »

2008/04/21

薬師如来 4月仏部

薬師如来   [読み]やくしにょらい  [別名]医王・瑠璃光王
[真言]オン コロコロセンダリマトウギ ソワカ 

[特徴]東方瑠璃光浄土の主。十二本願を持つ。釈尊がよく人の心の治療者であったことから、その治病の面が人格化した如来。月光・日光に両菩薩を脇侍とする。十二本願とは、相好具足・二光明照被・所求満足・安立大乗・持戒清浄・諸根完具・除病安楽・転女成男・去邪趣正・息災離苦・飢餓飽満・荘具豊満のことで、そのために日本では国分寺が各國に作られた際に本尊を薬師如来とした。

<<メッセージ1>>
三種の薬あり。下薬はいわゆる治病の薬。中薬は毎日摂る食事。上薬は常に行っている呼吸。呼吸と食事を整え心身を整えるとき
《解説》 仏教経典に、三薬が説かれているわけではない。道教の『神農経』と呼ばれるものに、上薬、中薬、下薬が説かれている。下薬は除病、中薬は養性、上薬は養生の薬とされる。上薬は毒性がなく、下薬は毒性ありとも言われている。この薬を人に約せば薬師如来となる。毒性がなく心身を養生するものといえば常に行っている呼吸。毎日定時に摂り、身体を整え、医食同源とするのが食事。病になったときに。その除病のときに用いるのがいわゆるお薬。薬よりも、呼吸と食事に意識を傾ければ、より心身が健康。

<<メッセージ2>>
薬を使い過ぎていないか?食事を取りすぎたり、偏ったりしていないか?呼吸が浅くなっていないか?過ぎたるはなおおよばざるが如し。呼吸も食事も薬も適度にする必要がある。 
《解説》 病を治すときには薬を使う。ただその病に対しての効能の部分にばかり目が注がれ、副作用に関してはあまり注視されない。そのために、病は癒えても別の病に罹り、また別の薬を飲まざるを得なくなったりする例は少なくない。また、本来は少量を一時期だけ飲むべき薬を連続使用することで、その使用量が徐々に増えていき、ついにはどんなに多量に使用しても効果がなくなってしまう例もある。目先の病を癒す薬は徐々に減らしていく必要がある。その代わりに、食事や呼吸により体質改善と心身の安定を図り、心身全体として健康を維持していくことが大切。その食事も摂り過ぎると栄養過多になり、偏食するとバランスを失う。呼吸も同じで、吸うことばかりに気を取られると過呼吸になりやすく心身のバランスを失う。薬も食事も呼吸もその心身に合わせた適度なものが必要だ。
 薬や食事と呼吸のバランスを求めている。また薬ばかりでなく、何事においても過度になり過ぎないようにバランスを保つこと。

|

« 月光菩薩 4月菩薩部 | トップページ | 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師如来 4月仏部:

« 月光菩薩 4月菩薩部 | トップページ | 「六文銭」月例弘法法話2008年4月21日 »