« 動画:2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 | トップページ | 帝釈天 4月天部1 »

2008/04/21

布袋和尚 4月天部2

布袋和尚  [読み]ほてい  [別名] 契此
[真言] 南無布袋尊

[特徴]七福神の一。唐代末に実在した僧。布袋和尚は一定のお寺に住することなく、人々の間を遊行し、喜捨によって生活をする乞食坊主を実践していた。戒律にも縛られず、何事にもとらわれない生き方は、大いに尊崇され、弥勒菩薩の化身といわれた。中国では、太鼓腹で、布袋を背負った姿の僧の布袋尊を弥勒菩薩とする民間信仰がある。

<<メッセージ1>>
外見よりも、全身全霊の笑顔と優しい言葉と穏やかな心を大切に。
《解説》
布袋和尚は、胸元が肌蹴て、太鼓腹の一部さえ見せた姿。その姿は外見的には決して美しいものではなかった。しかし、かれは外見以上に何事にもとらわれない人であった。そしてなによりも、笑顔をふりまいていきたたまに、多くの人に支持され、ついには弥勒菩薩の化身として崇められるに至った。守護尊カードは告げる。布袋和尚のように、外見にとらわれず、笑顔で生きよと。弥勒菩薩のように慈しみ満ちた言葉を発し、穏やかな心を保てと。

<<メッセージ2>>
何があっても、にこやかな笑顔を大切にせよ。
《解説》
何か悪いことや厭なことが起きても笑顔でいよう。その悪いことや厭なことは、いままでのあなたの悪業のもたらした果実であり、その果実が実を結んだということは、すでにその悪業が消えた証拠なのだから。また嬉しいことや楽しいことがあれば素直に喜ぼう。その喜びは、次なる喜びをもたらす。どんなときでも笑顔を絶やさず生きることは、何事にもとらわれない心を養い、大いなる福徳を授けてくれる。

|

« 動画:2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 | トップページ | 帝釈天 4月天部1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 布袋和尚 4月天部2:

« 動画:2008年4月12日 若き友人の結婚式 一部写真を掲載 vol-1 | トップページ | 帝釈天 4月天部1 »