« 阿シュク如来 3月仏部 | トップページ | 高家寺 夫婦誠誡 »

2008/03/29

3月28日月例不動の法話 準備の中に一流あり

先週、地元の桜丘中学の生徒たちがハンドボールの練習をするため、長良高等学校へ行ってきました。男子の奥村先生、女子の赤堀先生より、共に良き教えを生徒たちは受けていました。

特に女子の赤堀先生のお話は印象的であったので、ここで紹介いたします。

まず質問。ハンドボールの試合で、前半にボールに触っている時間は何分あるだろうか?
ハンドボールの公式試合は中学校では前半25分、後半25分。ただ多くの場合は、20分・20分で行われることが多い。相手チームと、自チームが半分ずつボールを持っているとすると、10分間自チームにボールがある。フィールドプレーヤーは6人。しかし、パスの時間、シュートの時間、ミスした時間、単純な反則でタイムが進行したままの時間を考えると、一人につきおよそ一分ない。
つまり、19から24分は自分の手元にボールがないということだ。そのボールのない時間にどういう動きをするかがもっとも大切ではないだろうか。そのことを練習のときから考えて行わなければならない。

この、赤堀先生の話は、何もハンドボールだけに通じるものではありません。他のありとあらゆることに通じる話ではないでしょうか?本番を上手にこなすには、準備をいかに丁寧に、どこを大切にするかを意識的に行っているかということが重要。ある意味、90%は準備に全てをかけるといっても過言ではありません。これは何事にも通じること。この話を、家内に話をしたら、「準備の中に一流がある」という家内の名言が出ました。まさにカミサンです(笑)

当たり前ですが、忘れがちなことをはっきりと伝えてくださった赤堀徹先生とうちのカミサンに深く感謝します。

|

« 阿シュク如来 3月仏部 | トップページ | 高家寺 夫婦誠誡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月28日月例不動の法話 準備の中に一流あり:

« 阿シュク如来 3月仏部 | トップページ | 高家寺 夫婦誠誡 »